インドに注力! トヨタと提携! 小さなクルマの第一人者スズキが描く大きな未来

2021.07.02 デイリーコラム

インドでは日本の2倍も売れている

日本の自動車ユーザーからすると、スズキといえばやはり「日本が主戦場」という印象が強い。このイメージは、米国・中国という海外の巨大市場から、あえて手を引いたことによるところも大きいだろう。しかし、現在のスズキの四輪車販売は、圧倒的に海外が主軸だ。

2020年度の実績を振り返ると、コロナ禍もあって世界販売は前年度比9.8%減の257万1000台となった。その内訳を見ると、トップはインドの132万3000台、次いで日本の64万7000台、アジア(除くインド)の23万6000台、欧州の20万6000台と続く。なんとスズキは、インドで日本の約2倍のクルマを販売しているのだ。

今や世界第5位の自動車市場へと成長を遂げたインドにおいて、長年にわたり販売台数で首位に君臨するのが、われらのスズキなのだ。もちろん売上高を見ると、2020年度は1兆1390億円の日本に対して、インドは9157億円にとどまる。これは販売車種の価格帯の違いによるものだが、それでもインドが、スズキの世界戦略上重要なマーケットであることに変わりはない。先述した売り上げも、有力市場のひとつである欧州と比べれば2.4倍にもなる。

生産拠点としても、インドの存在感は大きい。今日におけるスズキの主な海外生産拠点は、インド、タイ、インドネシア、ハンガリーとなる。日本人にとってなじみが深いのは、現行型「エスクード」の故郷でもあるハンガリーだろう。走りにうるさい欧州は、日本のユーザーにも間接的にメリットをもたらす、厳しくもよき市場である。また、ちょっと詳しい人なら、日本でも最近までインド製の「バレーノ」が売られていたことを覚えていることだろう。先述した4カ所のうち、輸出も担う巨大な生産拠点として挙げられるのはインドとハンガリーなのだ。特に巨大な国内市場向けの生産も担うインドでの生産規模は大きく、その台数はスズキのなかで今や世界最大となっている。インドなくして、今のスズキは語れない。

2020年2月にインド・デリーで開催された「オートエキスポ」にスズキが出展した「Concept FUTURO-e」(コンセプト・フュートゥロ・イー)。インドはスズキにとって、世界最大の市場となっている。
2020年2月にインド・デリーで開催された「オートエキスポ」にスズキが出展した「Concept FUTURO-e」(コンセプト・フュートゥロ・イー)。インドはスズキにとって、世界最大の市場となっている。拡大
スズキ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)【試乗記】 2018.10.30 試乗記 20年ぶりのモデルチェンジによって登場したJB64型「スズキ・ジムニー」。ファンの「このままでいい」「変えないでほしい」という要望を受けて開発された新型は、すっかり洗練されながらも、その本質は荒野が似合う頑固なオフローダーのままだった。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.12 試乗記 20年ぶりのフルモデルチェンジでデビューするや、たちまち入手困難となっている新型「ジムニー」。かくも絶大な支持を集める理由はどこにあるのか? その長所、そして短所を、ATの最上級グレードに試乗して確かめた。
  • 第725回:「スズキ・ジムニー」が欧州で復活! でもシロウトは手を出すな!? 2021.9.30 マッキナ あらモーダ! メーカー別CO2排出量基準の都合で欧州市場から姿を消していた「スズキ・ジムニー」だったが、2021年春に見事復活を果たした。それも“奥の手”ともいえる手法を使っての見事な復活劇である。その詳細を大矢アキオがリポートする。
  • 第217回:真っ青なRに真っ青 2021.10.11 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。フォルクスワーゲンの高性能SUV「ティグアンR」を駆り、夜の首都高に出撃すると、早速赤いバッジを付けた先代「シビック タイプR」を発見セリ! いざ、R同士の熱いバトルに突入だ!?
  • 日産が「キャラバン」のガソリンエンジン搭載車をマイナーチェンジ 2021.10.20 自動車ニュース 日産自動車は2021年10月20日、キャブオーバーバン/ワゴン「キャラバン」のガソリンエンジン搭載車にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。ガソリン車は、「NV350キャラバン」から「キャラバン」へと車名の変更も行われた。
ホームへ戻る