アウディRS Q8(前編)

2021.07.08 谷口信輝の新車試乗 「アウディQ8」の高性能バージョン「RS Q8」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。見た目もたくましいクーペSUVのコックピットにおさまったプロは、その操作系や乗り心地から印象を語り始めた。

まさにモンスター

排気量4リッターのV8ツインターボエンジンが生み出す最高出力は600PSで、最大トルクはなんと800N・m! これをアウディ秘伝のフルタイム4WDシステム“クワトロ”を介して路面に伝達するのだが、そのタイヤ径は驚くべきことに23インチである。さらにRSアダプティブエアサスペンションと呼ばれる足まわりには4輪操舵システムを装備。加えてエンジンには48Vマイルドハイブリッドシステムが組み合わされるほか、燃費低減に役立つシリンダー・オン・デマンド機構まで搭載するという。アウディのフラッグシップSUVであるRS Q8は、まさにアウディの最新テクノロジーを網羅したと言っても過言ではない内容だ。この結果、あのニュルブルクリンク・ノルドシュライフェでは7分42秒253というベストラップをマークし、世界最速SUVの座を手に入れたという、まさにモンスター級のSUVである。

そんなRS Q8と出会った谷口信輝が、まず関心を抱いたのが23インチタイヤだった。
「4輪とも295/35ZR23なんですね。それにしても23インチって、ほとんど自転車用タイヤ並みの大きさですね。これだけタイヤが大きいと、これに合うスタッドレスタイヤがあるかどうかが、ちょっと心配になっちゃいます」

この段階ではRS Q8にやや懐疑的な思いを抱いているようにも見えた谷口だったが、続いて運転席に腰掛けると、こんなことを語り始めたのである。
「このクルマ、最近のハイパフォーマンスカーにしてはステアリングのスポークが細めですね。おかげでステアリングの向こう側にあるメーターパネルの視認性がいい。特に、操舵したときに太いスポークで計器類が見えなくなっちゃうモデルが少なくないなか、RS Q8のステアリングは“スケスケ”なので表示類が蹴られることもない。これは結構、大切なことだと思いますよ」

 
アウディRS Q8(前編)の画像拡大
 
アウディRS Q8(前編)の画像拡大
 
アウディRS Q8(前編)の画像拡大
 
アウディRS Q8(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディQ5スポーツバック 1st edition 2021.7.14 画像・写真 バラエティー豊かなSUVを取りそろえるアウディから、クーペスタイルのニューモデル「Q5スポーツバック」が登場。SUVの機能性とスポーティーなスタイリングを併せ持つ最新モデルの姿を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・アルテオン シューティングブレークTSI 4MOTIONエレガンス【試乗記】 2021.7.23 試乗記 フォルクスワーゲンのフラッグシップ「アルテオン」がマイナーチェンジ。注目はこの改良を機に登場したステーションワゴン「アルテオン シューティングブレーク」である。流麗なフォルムと実用性の高さをうたうニューフェイスの仕上がりやいかに。
  • BMW X6 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.26 試乗記 電動化に対する考え方はそれぞれだが、ことBMWの場合は電気の力を環境対応に使いつつ、走りの楽しさにも活用している。マイルドハイブリッド化された直6エンジンを積む「X6」のあまりの出来栄えに感じ入ると同時に、味わえる残り時間を考えると寂しくなった。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.16 試乗記 「パサートヴァリアント」といえばフォルクスワーゲンのモデルラインナップのなかでも、特に“質実剛健”なイメージの強いモデルだろう。今回はその最上級グレードにして「カッコよさ」を強調した「TDI Rライン」に試乗。果たしてその印象やいかに!?
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
ホームへ戻る