アウディRS Q8(後編)

2021.07.15 谷口信輝の新車試乗 ステアリングを握ったレーシングドライバー谷口信輝に「これは文句の付けどころがない」とまで言わせた、アウディの高性能SUV「RS Q8」。その走りのどんなところが、プロの心をとらえたのか?

速いのに難しくない

箱根のワインディングロードをチョイ乗りしただけで、アウディRS Q8の余裕あるコーナリングパフォーマンスと乗り心地のよさを指摘した谷口信輝。後編では引き続きRS Q8の走りについて解説してもらうことにしよう。
「ステアリング上にRSモードってスイッチがありますけど、これはなんですか?」

RSモードは自分の好みに合わせてセッティングしたドライブモードを瞬時に引き出せるスイッチで、「BMW Mモデル」のM1、M2ボタンによく似た機能である。
「なるほど、それだったら試す必要はありませんね。まずはオート、続いてダイナミックを選んでみましょう」

オートであらためて走り始めた谷口が最初に口にしたのが「はやっ!」という言葉だった。しかも、シフトレバーは引き続きDレンジのままで、特別パドルシフトを操作することもしない。これについて尋ねると、谷口からこんな答えが返ってきた。
「最近のクルマはかしこいから、無駄にシフトアップしたあとでまた無駄にキックダウンするなんてこともありません。だいたいにおいて、常に一番いいギアを選んでくれる。だから、僕はマニュアルモードはほとんど使わず、いつもクルマ任せにしていますよ」

スポーツモデルではすぐにマニュアルモードに切り替えてしまう私にとって、谷口の言葉は実に新鮮だった。
「それにしても、このクルマのコーナリングはすごいですね。アウディらしい安心の接地感だし、タイヤがよじれている感覚もまったくありません。それにこの4WDシステムでしょ。ワインディングロードではまったく破綻しないし、サーキットにでも行かない限り、本当のポテンシャルは引き出せないんじゃないでしょうか」

安定しきったコーナリングフォームを示すRS Q8について、谷口は最大級の賛辞を送り続けた。
「すさまじいパフォーマンスを発揮しているのに、運転がまったく難しくない。このクルマ、誰が乗っても同じように速さを引き出せるような気がします。これはアウディに乗るといつも感じることですが、きっと誰もが『オレって、運転がうまくなった?』と思っちゃうハンドリングですよね」

 
アウディRS Q8(後編)の画像拡大
 
アウディRS Q8(後編)の画像拡大
 
アウディRS Q8(後編)の画像拡大
 
アウディRS Q8(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディQ5スポーツバック 1st edition 2021.7.14 画像・写真 バラエティー豊かなSUVを取りそろえるアウディから、クーペスタイルのニューモデル「Q5スポーツバック」が登場。SUVの機能性とスポーティーなスタイリングを併せ持つ最新モデルの姿を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・アルテオン シューティングブレークTSI 4MOTIONエレガンス【試乗記】 2021.7.23 試乗記 フォルクスワーゲンのフラッグシップ「アルテオン」がマイナーチェンジ。注目はこの改良を機に登場したステーションワゴン「アルテオン シューティングブレーク」である。流麗なフォルムと実用性の高さをうたうニューフェイスの仕上がりやいかに。
  • BMW X6 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.26 試乗記 電動化に対する考え方はそれぞれだが、ことBMWの場合は電気の力を環境対応に使いつつ、走りの楽しさにも活用している。マイルドハイブリッド化された直6エンジンを積む「X6」のあまりの出来栄えに感じ入ると同時に、味わえる残り時間を考えると寂しくなった。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.16 試乗記 「パサートヴァリアント」といえばフォルクスワーゲンのモデルラインナップのなかでも、特に“質実剛健”なイメージの強いモデルだろう。今回はその最上級グレードにして「カッコよさ」を強調した「TDI Rライン」に試乗。果たしてその印象やいかに!?
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
ホームへ戻る