第714回:観光客にはハードル高し? イタリアでシェア自転車は使い物になるか

2021.07.15 マッキナ あらモーダ!

使えなかったシェア自転車

都市部での環境対応モビリティーとして、数年前に一躍脚光を浴びたバイクシェアリング(以下、シェア自転車)。今回は、それを久々に利用してみたことによる泣き笑いをお伝えしたい。

先日、トリノにクルマで赴いたときのことである。取材先に向かうべく駐車場を探した。

その日は平日であり、なおかつ近隣に病院があることから、無料の縦列駐車スペースはどこも満車である。

ようやく見つけた公共駐車場は、本来無料にもかかわらず、ヤバい人たちがウロウロしていて勝手に“駐車料金”を徴収しようとしている。イタリアの都会におけるあしき慣習だ。

仕方がないので、そこから3~4ブロック離れた公園の駐車場にクルマを置いて歩くことにした。ただし取材地までは距離にして900mもある。

そこで目に留まったのが、シェア自転車だった。かつて中国・北京で“女人街”を目指すべく借りたモバイクという企業のものである。詳しくは本連載第553回を参照されたい。

筆者のスマートフォンを確認すると、そのときにダウンロードしたアプリケーション(アプリ)が残っていた。起動させると、携帯電話番号を入力するよう促された。前回は中国滞在用のSIMカードを入れていたから、現在使っているイタリアのSIMとひもづけられた電話番号による認証が必要なのだろう。

待つこと数分。認証コードが送信されてこない。

「そうだ」と思いつき、借り出すときの手順で、自転車本体に付いているQRコードにスマートフォンをかざす。すると、今度はアプリをダウンロードするようにと表示された。「きっと中国版とは違うバージョンが必要なのだろう」と思って画面表示に従うと、今度は筆者のアプリ用ストアIDの国・地域設定(日本にしている)ではインストールできない旨が表示された。

世界展開しているサービスなのに、これは残念。仕方がないので酷暑のなか、撮影機材を背負って1km近くを徒歩移動した。

後日、シエナの家に戻って調べてみると、とんでもないことが分かった。

久しぶりにシェアリング自転車を使ってみた筆者。この笑顔に至るまでにはちょっとした紆余(うよ)曲折があった。以下の写真も含めて、2021年7月にフィレンツェにて撮影。
久しぶりにシェアリング自転車を使ってみた筆者。この笑顔に至るまでにはちょっとした紆余(うよ)曲折があった。以下の写真も含めて、2021年7月にフィレンツェにて撮影。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事