クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第211回:究極のオッサン殺し

2021.07.19 カーマニア人間国宝への道 清水 草一

アウディの乗り心地が変わった

私はアウディを買ったことがない。というより、ドイツ車をあまり買っていないのだが。

最初に買ったドイツ車は3代目「ゴルフ」の「ワゴン」(新車)で、絶対の安パイのつもりだったが、実にダメなクルマだった。30年も前のことなので詳しくは省略するが、まさかゴルフがダメグルマとは! 日本では、いまだにドイツ車信仰が生きていて、ドイツ車こそ完璧! みたいな盲信が存在するが、真実は買ってみなければわからない。

2台目のドイツ車はW123型の「メルセデス・ベンツ280E」。風情は満点だったが、あまりにも燃費が悪く(当然といえば当然ですが)、半年で手放した。

3台目はE90型の「BMW 335iカブリオレ」で、納車初日にATがブッ壊れたが、とてもいいクルマだった。その流れで現在はF30型の「BMW 320d」に乗り、ようやくドイツ車のエリート感が体になじんできたが、アウディはまだ1台も買ったことがない。

これまで私は、アウディにあまりいい印象がなかった。とにかく乗り心地が硬すぎる。ピシッとしたスーツで決めるエリートは、肩がこるのがアタリマエ! ということなんだろうけれど、それにしてもこんなのムリ!

ところがここ2年ほどで、アウディの乗り心地が劇的に変化した。

ドイツ車にはうとい筆者のジャンプ。
ドイツ車にはうとい筆者のジャンプ。拡大
かつて雰囲気満点のW123型「メルセデス・ベンツ280E」にも乗ったが、あまりにも燃費が悪く半年で手放した。
かつて雰囲気満点のW123型「メルセデス・ベンツ280E」にも乗ったが、あまりにも燃費が悪く半年で手放した。拡大
3台目のドイツ車となったE90型の「BMW 335iカブリオレ」。納車初日にトランスミッションがブッ壊れたが、今となってはいい思い出だ。(写真=池之平昌信)
3台目のドイツ車となったE90型の「BMW 335iカブリオレ」。納車初日にトランスミッションがブッ壊れたが、今となってはいい思い出だ。(写真=池之平昌信)拡大
アウディ の中古車

コンパクトセダンならドイツ車

2019年に登場した現行型「A6」の乗り味の良さは、まさに衝撃。究極の「しなやかスポーティー」だった。しっかり接地しているのに、空を飛んでいるみたいに気持ちイイ! これこそ私が求める理想のクールエリート!

以来、アウディのすべてのモデルが、順次同じような方向性に修正されているが、それでもA6がやっぱり一番イイ。「A8」は電子制御しすぎで不自然だし、マイチェン「A4」じゃちょっと物足りない。「A1」もいいけど、このサイズであの値段はキツイ。やっぱりA6がサイコーのエリート感。デカすぎるサイズが玉にキズだが、後輪操舵でしっかり小回りは利く。いつかは中古のA6を手に入れて、俺は真のエリートになる!

でも、この度登場した新型「A3」も気になる。私は本音では、これくらいのサイズが一番いい。軽トラも買ったから、荷物積むならそっちに積むし。アウディのサスペンション革命は、新型A3をどんな風に変えているのか!?

まず乗ったのは、「A3スポーツバック ファーストエディション」だ。エンジンは1リッター直3ターボのマイルドハイブリッド。リアサスは安価なトーションビームゆえ、兄弟車に当たる新型「ゴルフeTSIアクティブ」は、乗り心地はちょっと残念なレベルだった。

走りだすと、ゴルフとは明確に違う。同じプラットフォーム&サスでも、さすがアウディのサスペンション。いったい何をどうしているのかは謎だが、この乗り味なら、マイルドハイブリッドで節約しながら、静かにエリート感を楽しめそうだ。

が、私の興味は、実はA3の「セダン」にあった。いまどきこんなコンパクトなセダン(全長4500mm弱)がターゲットになりうるのはドイツ車だけ。この胴長短足なとっちゃん坊や感とエリート感の共存は、いわば「プログレ エリート」か。

今回、まずは「アウディA3スポーツバック ファーストエディション」に試乗した。最高出力110PS、最大トルク200N・mを発生する1リッター直3ターボエンジンに、48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたパワートレインを搭載する。
今回、まずは「アウディA3スポーツバック ファーストエディション」に試乗した。最高出力110PS、最大トルク200N・mを発生する1リッター直3ターボエンジンに、48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたパワートレインを搭載する。拡大
「A3スポーツバック ファーストエディション」の次に試乗した「S3セダン」。搭載される2リッター直4ターボエンジンは最高出力310PS、最大トルク400N・mを発生。先代から20PS、20N・mパフォーマンスが向上している。
「A3スポーツバック ファーストエディション」の次に試乗した「S3セダン」。搭載される2リッター直4ターボエンジンは最高出力310PS、最大トルク400N・mを発生。先代から20PS、20N・mパフォーマンスが向上している。拡大
「S3セダン」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4505×1815×1415mmで、ホイールベースは2635mm。標準仕様の「A3セダン」よりも全長は10mm長いが、いまどき貴重ともいえるコンパクトなサイズ感もセリングポイントである。
「S3セダン」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4505×1815×1415mmで、ホイールベースは2635mm。標準仕様の「A3セダン」よりも全長は10mm長いが、いまどき貴重ともいえるコンパクトなサイズ感もセリングポイントである。拡大

6年待てば真のクールエリート

試乗したのは、310PSの2リッター直4ターボを積んだ「S3セダン」だ。お値段は661万円。あと100万円くらい足せばA6に手が届くが、「S」の称号はどれほどのものか。

うおおおお! なんじゃこりゃぁ! ムチャクチャいいぜえぇぇぇぇ!

箱根のクネクネしたワインディングロードをクネクネ走っても、クネクネ曲がってないみたいにフラットに走る! この乗り心地の上質さはA6にも匹敵する! もちろん310PSのエンジンは超パワフル! このサイズでこの速さ、そしてこの乗り心地。これぞ究極のオッサン殺しだ! さすがリアマルチリンクサス+アウディのSだぜ! 真のエリートはS3だ! これでA6より100万円安いのは、かえってお買い得かも。

といっても、私が狙うのは、中古車が300万円を切ってから。S3って相場はどうなのか。今までアウディのSなんて乗り心地がゴーモンだと思って調べたこともなかったが、検索したら、先代S3(285PS)は、6年落ちあたりから300万円を切っていた。

イケる! 6年待てば、真のクールエリートになれる!

不安は故障だ。いまやドイツ車は世界で一番故障する。特にアウディは私にとって未知の世界。「Sトロニック」がブチ壊れてアッセンブリー交換100万円コースにならないか。コワイ! 考えただけで小鹿さんのように震えてしまう。

いまやこのテの中古ドイツ車を買うのは、フェラーリやランボルギーニの中古を買うより、はるかにバクチだ。今からプルプルするぜ。

(文と写真=清水草一/編集=櫻井健一)

フロントマスクに輝く「S3」のエンブレム。ワイドなシングルフレームグリルや大型エアインテークも「S3セダン」の特徴だ。お値段は661万円ナリ。
フロントマスクに輝く「S3」のエンブレム。ワイドなシングルフレームグリルや大型エアインテークも「S3セダン」の特徴だ。お値段は661万円ナリ。拡大
ハンドリングや乗り心地がムチャクチャいい「S3セダン」。この上質さはA6にも匹敵しそうだ。ただし私が狙うのは、中古車が300万円を切ってからである。6年待てば、そう、真のクールエリートになれる!
ハンドリングや乗り心地がムチャクチャいい「S3セダン」。この上質さはA6にも匹敵しそうだ。ただし私が狙うのは、中古車が300万円を切ってからである。6年待てば、そう、真のクールエリートになれる!拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アウディ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。