クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW X5 xDrive35d(4WD/8AT)

その次のために 2021.08.02 試乗記 BMW自慢の直6ディーゼルに48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせ、“電動化”された「X5」のエントリーモデルに試乗。ドライビングダイナミクスと燃費効率がいずれも向上したとうたわれるが、果たしてその走りやいかに。

プレミアムSUVブームの火付け役

キャンバスの大きさゆえのデザイン的な自由度の高さや、高いアイポイントがもたらす運転視界の広さ、さらに、ラゲッジスペースを確保しやすいことによる大容量バッテリー搭載時の優位性=電動化のたやすさ、そして何よりも「高価でも売れる」ことによる利益率の高さなどなどから、最近では“売るほう”にも“買うほう”にもこぞって人気なのが、SUVと呼ばれるモデルたち。

そんなSUVに対してSAV(スポーツ・アクティビティー・ビークル)なる造語を当てはめ、「ウチのはそんじょそこらのモノとは違う」と独自性の高さをアピールしたBMWも、結局のところ“そうしたカテゴリー”への依存度を急速に高めたという点では、「同じ穴のむじな」ということか。

実際、最新のラインナップを眺めてみれば、「1」から「7」までのシリーズモデルを隙間なくズラリ並べるにとどまらず、新たなるフラッグシップとなる「8」の設定も確実視され、さらに盤石な構えへと挑む姿勢をあらわにするのがBMW Xシリーズの戦略だ。

ちなみにこのブランドでは、やはり昨今流行のクーペ流儀のルーフラインを備える作品など、より個性的なスタイリングを追求するモデルは、SAC(スポーツ・アクティビティー・クーペ)とまた新たな造語で区別している。

こうして、どのカテゴリーにおいても「ほかと同じはイヤ」と強い自我を通そうとするのは、BMWならではの面白さ。2000年に初代モデルが誕生したX5も、このブランドが「独自のカテゴリー」とうたうSAV/SACの原点という存在である。

3リッター直6ディーゼルエンジンに48Vのマイルドハイブリッドシステムを組み合わせた「BMW X5」は、2021年2月24日に日本導入が開始された。
3リッター直6ディーゼルエンジンに48Vのマイルドハイブリッドシステムを組み合わせた「BMW X5」は、2021年2月24日に日本導入が開始された。拡大
今回の試乗車は「X5」のエントリーモデルにあたる「xDrive35d」で、オプションとなる「ファイトニックブルー」のボディーカラーをまとっていた。車両本体価格は945万円。
今回の試乗車は「X5」のエントリーモデルにあたる「xDrive35d」で、オプションとなる「ファイトニックブルー」のボディーカラーをまとっていた。車両本体価格は945万円。拡大
一体型フレームで縁取られた大型キドニーグリルが特徴的な「X5」のフロントフェイス。ハイビームアシスト機能付きLEDヘッドランプがX5全車に標準装備されている。
一体型フレームで縁取られた大型キドニーグリルが特徴的な「X5」のフロントフェイス。ハイビームアシスト機能付きLEDヘッドランプがX5全車に標準装備されている。拡大
「X5 xDrive35d」のサイドビュー。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4935×2005×1770mm、ホイールベースは2975mm。
「X5 xDrive35d」のサイドビュー。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4935×2005×1770mm、ホイールベースは2975mm。拡大

48Vマイルドハイブリッドで“電動化”

4代目となる現行X5のデビューは2018年の末で、日本での発売は翌2019年の2月。「となるとマイナーチェンジにはまだ早いし、バリエーションの追加かな?」と、編集部から今回の試乗依頼を受けた時点でそう感じられた最新X5ならではのトピックとは、実は今のご時世の欧州車には「あるある」のネタともいえる、“電動化”というニュースであった。

「BMW X5、X6、X7のディーゼルモデルに、48Vマイルドハイブリッドテクノロジーを搭載」というタイトルで、2021年2月にインポーターから発せられたプレスリリースがそれ。要はそんなニューモデルの登場を見逃していたことが前出の疑問につながったわけだが、内容自体も「搭載テクノロジーは48Vスタータージェネレーターとそれによって発電された電気を蓄積する追加のバッテリーで構成され……エンジンの負荷を軽減するとともに効率を最適化し、燃費はWLTCモードで最大1.1km/リッター向上……」と、モデル紹介を詳しく行うでもなく、いささか淡泊である。

そもそもこれだけではスタータージェネレーターの方式やバッテリーの詳細もわからず、どうにも情報が足りない。それならば……と、実車と対面の後にまず取説のページをめくることから始まったのが、今回のテストドライブだった。ところが、当初救世主と思えたそんな冊子では“世界中のX5”の仕様が取り上げられ、あらゆるオプションの内容にも触れられていて、これがまた何とも複雑で難儀するアイテムだったのだ。誤算である。

それでもハイブリッドシステムのバッテリーが、エンジンルームに向かって右奥のカウル際に搭載されているのを突き止め、そこには「LG Chem Li-Ion Battery 10Ah 440Wh 44V」とデータが記されたシールが貼られていることを発見した。そこでようやくにして、テストドライブへと出発することになったのだった。

ドアとリアゲートを開けた様子。最新モデルにおいても「X5」の伝統となる、上下2分割式のリアゲートが採用されている。
ドアとリアゲートを開けた様子。最新モデルにおいても「X5」の伝統となる、上下2分割式のリアゲートが採用されている。拡大
「B57D」と呼ばれるエンジン本体は、21PSと30N・mアップの最高出力286PS/4000rpm、最大トルク650N・m/1500-2500rpmに進化。スタータージェネレーターは最高出力11PS、最大トルク35N・mを発生する。
「B57D」と呼ばれるエンジン本体は、21PSと30N・mアップの最高出力286PS/4000rpm、最大トルク650N・m/1500-2500rpmに進化。スタータージェネレーターは最高出力11PS、最大トルク35N・mを発生する。拡大
エンジンルームの助手席バルクヘッド近くに設置された、48Vマイルドハイブリッドシステム用のリチウムイオンバッテリー。「LG Chem Li-Ion Battery 10Ah 440Wh 44V」とデータが記されていた。
エンジンルームの助手席バルクヘッド近くに設置された、48Vマイルドハイブリッドシステム用のリチウムイオンバッテリー。「LG Chem Li-Ion Battery 10Ah 440Wh 44V」とデータが記されていた。拡大
センターコンソールパネルには、「iDriveコントローラー」やエンジンのスタート/ストップスイッチが整然と並ぶ。48Vマイルドハイブリッドシステムを採用するが、トランスミッションは従来と同じ8段ATが搭載されている。
センターコンソールパネルには、「iDriveコントローラー」やエンジンのスタート/ストップスイッチが整然と並ぶ。48Vマイルドハイブリッドシステムを採用するが、トランスミッションは従来と同じ8段ATが搭載されている。拡大

実用性の低い3列目シート

ベースグレードとBMWお得意の“Mスポーツ”の2グレードで構成される「X5 xDrive35d」だが、今回ステアリングを握った前者は、日本に導入されるX5シリーズで唯一本体価格が1000万円を切る存在となる。

もっともそこに、電動パノラマガラスサンルーフや、なぜか3列目シートやエアサスペンションがパッケージ化されたセットオプションなど、総額約170万円分の多彩な注文装備が加えられたことで、総額では1100万円をオーバーと、結局のところなかなかのお値段だったのが今回の試乗車だ。

ちなみに、3列目シートを採用するとはいえ、本来はラゲッジスペースである空間を一部切り取って据えつけられたそれはあくまでもテンポラリーなデザインだ。到底大人がくつろげるような空間ではないのはある意味予想通りで、2列目シート全体が前方へと傾く電動のウオークイン機構が備わるとはいえ、乗降性もすこぶるタイト。そのスローモーな動きもイラつきの原因になりそうで、明快な“末席”どころか小さな子供でも嫌がりそうと言わざるを得ないのが、X5の3列目ポジションである。

一方、それとは裏腹に2列目はゆったりしたつくりで、フロアもフラット。膝元に障害物も無いことから、たとえ横並び3人乗車時のセンター席でもさほどの悲壮感は抱かずに済みそうな仕上がりだ。

さらに、なにかにつけて「スポーティー」というフレーズが寄り添いそうなBMW車ではあるものの、さすがに高い位置にアップライトな姿勢で座るがゆえに、ドライビングポジションはスポーティーという感覚からはそれなりに遠いものであった。同時に「BMWならあって当然」と思っていたパドルシフトが用意されていないのも、ちょっと意外と思えるポイントだった。

今回の試乗車で選択されていたオプションのコンフォートオープン/クローズ機能付き電動パノラマガラスサンルーフ。フロントの可動部分のみにチルト&スライド機構が備わる。
今回の試乗車で選択されていたオプションのコンフォートオープン/クローズ機能付き電動パノラマガラスサンルーフ。フロントの可動部分のみにチルト&スライド機構が備わる。拡大
「キャンベラベージュ/ブラック」色の「ヴァーネスカレザーシート」は22万6000円のオプションアイテム。フロントシートヒーターは「X5」全車に標準装備されるアイテムで、試乗車にはランバーサポート機能がオプションで追加されていた。
「キャンベラベージュ/ブラック」色の「ヴァーネスカレザーシート」は22万6000円のオプションアイテム。フロントシートヒーターは「X5」全車に標準装備されるアイテムで、試乗車にはランバーサポート機能がオプションで追加されていた。拡大
試乗車はオプションの「サードシートローパッケージ」(3列目シート)が装備された7人乗り仕様。2列目シートには背もたれが前方に倒れながら後部が持ち上がる、電動のコンフォートエントリー機能が備わっている。
試乗車はオプションの「サードシートローパッケージ」(3列目シート)が装備された7人乗り仕様。2列目シートには背もたれが前方に倒れながら後部が持ち上がる、電動のコンフォートエントリー機能が備わっている。拡大
オプションの3列目シート。背もたれには50:50の分割可倒機構が組み込まれている。左右シート間にエアコンの吹き出し口や両サイドにカップホルダーが備わるなど、3列目シートの快適性も考慮されている。
オプションの3列目シート。背もたれには50:50の分割可倒機構が組み込まれている。左右シート間にエアコンの吹き出し口や両サイドにカップホルダーが備わるなど、3列目シートの快適性も考慮されている。拡大

BMWの直6に電気の力が加わると?

ベース状態で2260kgという車両重量は、さまざまなアイテムを上乗せ装着したテスト車の状態では、100kg以上がプラスされる。それでも実際の加速感に少しも不足を感じなかったのは、やはり650N・mという“巨大なトルク”をわずか1500rpmから発するという直6エンジンの実力があってこそだろう。

その一方で、“外科手術”によってアドオンされた48Vモーターが発生する最高出力はわずかに8kW≒11PSにすぎない。正直、アシスト感などは明確には体感できなかったが、いずれにしてもクルマ全体としての動力性能は十分満足レベルに達している。

直6ユニットの音質からディーゼルであるとの認識は可能だが、キャビンの静粛性そのものはすこぶる高い。シーンによっては、むしろ空調のブロアー音のほうが気にかかったほどである。

アイドリングストップ状態から復帰に至る所作は、クラシカルな通常のスターターモーターを用いるモデルの挙動よりもずっとしとやか。スタータージェネレーターによって“プルン”と控えめに始動する。ユーザーにとって48Vマイルドハイブリッドシステムの恩恵を最も顕著に実感できるのは、実はこの瞬間であるかもしれないと思った。

「サードシートローパッケージ」(3列目シート)を選択すると、積載重量にかかわらず常に車高が一定のレベルに調整され、乗り降りや荷物の積み下ろしの際に車高をダウンできる4輪アダプティブエアサスペンションが装備される。
「サードシートローパッケージ」(3列目シート)を選択すると、積載重量にかかわらず常に車高が一定のレベルに調整され、乗り降りや荷物の積み下ろしの際に車高をダウンできる4輪アダプティブエアサスペンションが装備される。拡大
3列目シートを収納した荷室の様子。シートは床下にフラットに収納されるので、広々とした印象である。この状態での荷室容量は650リッター。
3列目シートを収納した荷室の様子。シートは床下にフラットに収納されるので、広々とした印象である。この状態での荷室容量は650リッター。拡大
2列目と3列目シートを倒した様子。この状態での荷室容量は1870リッターとなる。リアバンパー下に足をかざす動作でリアゲートの開閉が自動で行われる「スマートオープン/クローズ機能付きコンフォートアクセス」も標準装備されている。
2列目と3列目シートを倒した様子。この状態での荷室容量は1870リッターとなる。リアバンパー下に足をかざす動作でリアゲートの開閉が自動で行われる「スマートオープン/クローズ機能付きコンフォートアクセス」も標準装備されている。拡大

変化の時代に求められる力

さまざまな走行モードを試した結果、最もリーズナブルかつユースフルな乗り味を提供してくれると感じたのは、取説で「バランス重視の走行モード。ナビゲーションシステムにより、この先の道路形状が考慮されます」と解説される「ADAPTIVE」のポジション。「BMW車なんだから」とステレオタイプな俊敏性への期待から「SPORT」あるいは「SPORT PLUS」を選んでも、乗り味に粗っぽさが加わるのみで、あまりいいことは起きなかったというのが個人的な感想だ。

「ECO PRO」モードにおいて「約25km/h~160km/hの範囲でエンジンの作動を止め、惰性で走行を続ける」という、いわゆるコースティングを行うのは48Vマイルドハイブリッドシステムを採用するモデルならでは。頻繁に繰り返すエンジンの休止と稼働が、まったく察知できないスムーズさには感心させられることになった。

そんな涙ぐましいまでの制御が行われつつも、今回の試乗における満タン法による燃費実測値が11.4km/リッターだったという結果をどう解釈するべきか。思い通りには動いてくれるが、されど特別な軽快感を受けるまでではないというフットワークの印象ともども、BMWというブランドにこだわって数あるSUVのなかからあえてこのモデルをチョイスしたという人の評価は分かれるのではないだろうか。

ちなみに電動化以前の同型モデルを持つ人から、「これは買い替えの対象になるか?」と問われれば、そこでの答えはやはり「NO!」。そんな結果は、目前に突きつけられた厳しい課題をまずクリアする必要がある、今の時代を生き抜くモデルの宿命なのかもしれない。

(文=河村康彦/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

「X5 xDrive35d」のWLTCモード燃費値は12.4km/リッター。今回の試乗では、高速道路を中心に市街地と山岳路を含め300km以上を走行し、満タン法で11.4km/リッターを記録した。
「X5 xDrive35d」のWLTCモード燃費値は12.4km/リッター。今回の試乗では、高速道路を中心に市街地と山岳路を含め300km以上を走行し、満タン法で11.4km/リッターを記録した。拡大
試乗車は標準装備の「19インチVスポークスタイリング734」と呼ばれる10本スポークホイールを装着。タイヤは265/50R19サイズの「ピレリPゼロ」が組み合わされていた。
試乗車は標準装備の「19インチVスポークスタイリング734」と呼ばれる10本スポークホイールを装着。タイヤは265/50R19サイズの「ピレリPゼロ」が組み合わされていた。拡大
ステアリングスポーク左側に備わるACCの操作スイッチ。高速道路走行中、一定の条件下であればドライバーがステアリングから手を離しても、ステアリングの自動的操作により運転が継続される「ハンズオフアシスト」を標準装備している。
ステアリングスポーク左側に備わるACCの操作スイッチ。高速道路走行中、一定の条件下であればドライバーがステアリングから手を離しても、ステアリングの自動的操作により運転が継続される「ハンズオフアシスト」を標準装備している。拡大
BMW自慢の最先端運転支援システム「ドライビングアシスト・プロフェッショナル」が標準装備されているのも「X5」のセリングポイント。その安全機能は13項目にも及ぶ。
BMW自慢の最先端運転支援システム「ドライビングアシスト・プロフェッショナル」が標準装備されているのも「X5」のセリングポイント。その安全機能は13項目にも及ぶ。拡大

テスト車のデータ

BMW X5 xDrive35d

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4935×2005×1770mm
ホイールベース:2975mm
車重:2260kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ディーゼル ターボ
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:8段AT
エンジン最高出力:286PS(210kW)/4000rpm
エンジン最大トルク:650N・m(66.3kgf・m)/1500-2500rpm
モーター最高出力:11PS(8kW)/1万rpm
モーター最大トルク:35N・m(3.6kgf・m)/2500rpm
タイヤ:(前)265/50R19 110W/(後)265/50R19 110W(ピレリPゼロ)
燃費:12.4km/リッター(WLTCモード)
価格:945万円/テスト車=1114万8000円
オプション装備:メタリックカラー<ファイトニックブルー>(10万円)/ヴァーネスカレザーシート<キャンベラベージュ/ブラック>(22万6000円)/サードシートローパッケージ<4輪アダプティブエアサスペンション、サードローシート、ラゲッジコンパートメントパッケージ>(38万円)/プラスパッケージ<4ゾーンオートマチックエアコンディショナー、保冷・保温機能付きカップホルダー、ソフトクローズドア>(15万円)/ストライプブラウンファインウッドインテリアトリム(2万8000円)/アンビエントエアパッケージ(4万4000円)/電動パノラマガラスサンルーフ(26万円)/リアサイドウィンドウローラーブラインド(4万1000円)/フロントランバーサポート(3万7000円)/リアエンターテインメントシステムプロフェッショナル(36万3000円)/harman/kardonサラウンドサウンドシステム(6万9000円)

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:1459km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(6)/山岳路(2)
テスト距離:316.2km
使用燃料:27.6リッター(軽油)
参考燃費:11.4km/リッター(満タン法)/13.5km/リッター(車載燃費計計測値)

BMW X5 xDrive35d
BMW X5 xDrive35d拡大
 
BMW X5 xDrive35d(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

BMW X5 の中古車
関連キーワード
X5BMW試乗記
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。