五輪よりも四輪に注目!? アウディのおすすめ現行モデル5選

2021.08.04 デイリーコラム
五輪に引っかけて四輪=アウディのおすすめモデルを紹介します。
五輪に引っかけて四輪=アウディのおすすめモデルを紹介します。拡大

日本勢のメダルラッシュに沸く東京オリンピック。おかげで自動車ウェブサイトのアクセス数が急落していると、小耳にはさみました。今この時期は、五輪に関係ない話題は振り向いてもらえない! だから五輪に引っかけて四輪、つまりアウディの話題を一発! 私的アウディのおすすめ現行モデル5選をお送りします! 果たしてどれだけの人が引っかかってくれるでしょう……。

「Q2 35TFSI」はどこか卓球女子の伊藤美誠選手をほうふつとさせませんか?
「Q2 35TFSI」はどこか卓球女子の伊藤美誠選手をほうふつとさせませんか?拡大
「A3スポーツバック30 TFSI」の頼もしくも守ってあげたい雰囲気は重量挙げ女子の三宅宏実選手のようだ。
「A3スポーツバック30 TFSI」の頼もしくも守ってあげたい雰囲気は重量挙げ女子の三宅宏実選手のようだ。拡大

小粒でもピリリと辛い

第5位:Q2 35TFSI(392万円~)
「Q2」って、コンパクトだけど上品で、インパクトもあるスタリングがとってもステキ。特にシルバーのリアピラーがエリートっぽくてイイ! さんしょうは小粒でもピリリと辛い感があるんだよね。新開発の1.5リッターターボエンジンは全域スムーズでトルクフル、トップエンドまできっちり気持ちよく吹け上がる。

この感じ、どこか卓球女子の伊藤美誠選手をほうふつとさせませんか? これが392万円からというのは、アウディとしてはお買い得。まぁオプション付けたら乗り出し500万はいくだろうけど、伊藤美誠がそんなに安く買えるわけないので納得だ。

第4位:A3スポーツバック30 TFSI(310万円~)
新型「A3」のデザイン、姉妹車の「ゴルフ」と比較しても、アウディらしい緻密な質感に満ちてるよね。1リッターターボは最高出力110PSながらパワー十分、そこにマイルドハイブリッドの低速トルクが加わって、気は優しくて力持ち。

この、頼もしくも守ってあげたい雰囲気は、重量挙げ女子の三宅宏実選手ではなかろうか!? 今回のオリンピックでは敗退し、引退するとのことですが、前回のリオの段階ですでに「そんな重いもの持ち上げるのはこれっきりにして~!」と涙ながらに応援しておりました。引退されると聞き、心からホッとしております。今まで本当にお疲れさまでした! 勇気をいただきました! A3と三宅選手の新たな旅立ちに幸多からんことを!

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • アウディQ2 35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2019.1.9 試乗記 既存のヒエラルキーの外にあるという、野心的なポジションで誕生した「アウディQ2」も、日本での販売開始から1年半の時が経過した。あらためてステアリングを握り、ワインディングロードに連れ出すと、導入初期のモデルでは気付かなかったものが見えてきた。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.8.7 試乗記 アウディのSUV製品群である「Q」シリーズの末っ子こと「Q2」。“ポリゴン”をモチーフにしたという、ユニークなスタイリングが目を引くニューフェイスの出来栄えを、中間グレードの「1.0 TFSIスポーツ」で試した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 「ボルボXC60」のインフォテインメントシステムがGoogle搭載で進化 「ポールスターエンジニアード」も限定で登場 2021.9.1 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2021年9月1日、ミドルサイズSUV「ボルボXC60」の一部仕様変更を発表。台数40台限定のハイパフォーマンスモデル「T8ポールスターエンジニアード」も設定し、同日、販売を開始した。
ホームへ戻る