第718回:イタリアの高速道路高架橋崩落事故から3年 あれからどうなった?

2021.08.12 マッキナ あらモーダ!

異例の工期で再建

2018年8月14日の11時36分、イタリア北部ジェノヴァの高速道路高架橋、通称“モランディ橋”が突如崩落し、43人の犠牲者を出した。

この事故については、事故直後の本欄第568回で記した。

あの大惨事から、間もなく3年である。

その後の経緯を記そう。

ジェノヴァ地方検察庁は2021年6月、道路の運営管理会社であるアウトストラーデ・ペルリタリアのジョヴァンニ・カステッルッチ元社長を含む関係者59人を業務上過失致死や輸送安全法違反などの罪で起訴した。裁判では、職務に対する怠慢と危険性を認識していたかどうかが争点となる。

いっぽう、崩落した橋のがれきと残存部分は2019年6月28日に爆破解体された。

総工費2億0200万ユーロ(約261億円)をかけた新しい橋は同12月、事故から414日目に建設が開始された。

設計を担当したのは、パリのポンピドゥーセンターなどで知られる世界的建築家でイタリア終身上院議員のレンツォ・ピアノ氏。事故後にいち早く自身の新設計案を提示したジェノヴァ出身のピアノ氏は、新しい橋について「1000年にわたる耐久性があるだろう」とコメントしている。

欄干の太陽光パネルでは、照明や各種設備など、橋の維持に必要な95%の電力を賄うことができる。

さらに欄干の外側を自律走行し、橋の状態検査や太陽光パネルの清掃を行うロボットも導入された。

2019年に起工した橋は、新型コロナウイルスの感染被害が国内で深刻化した2020年3月以降も工事が続けられ、同年8月4日に開通式が行われた。

イタリアの公共工事としては異例のスピードだった。いかに国家の威信をかけた工事だったかがうかがえる。

ジュゼッペ・コンテ首相(当時)とセルジオ・マッタレッラ大統領も出席した開通式典では、上空をイタリア空軍のアクロバットチーム「フレッチェ・トリコローリ」が飛行。後日の一般通行開始を伝えるテレビでは、日本でもそうした人が現れるように、“一番乗り”を果たすべく一般開通前から待つドライバーやライダーのインタビューが放映されていた。

コロナータトンネルを抜けた途端、新しく完成したサン・ジョルジョ橋が始まる。2021年6月に撮影。
コロナータトンネルを抜けた途端、新しく完成したサン・ジョルジョ橋が始まる。2021年6月に撮影。拡大
サン・ジョルジョ橋は、イタリアでは異例の短い工期で完成した。
サン・ジョルジョ橋は、イタリアでは異例の短い工期で完成した。拡大
プロジェクトに参画した企業は330にものぼる。奥に残されたガス貯蔵タンクの古さとは対照的だ。
プロジェクトに参画した企業は330にものぼる。奥に残されたガス貯蔵タンクの古さとは対照的だ。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事