クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第215回:遥かなる『宇宙戦艦ヤマト』

2021.09.13 カーマニア人間国宝への道

タイトルを見てブッ飛んだ

「ホンダNSX」の生産が終了するという。なんと申し上げればよいか。本能寺の信長のごとく「是非に及ばず」と思うのみである。

NSXの生産終了は、大衆車ブランドによるスーパーカーへの進出に、ピリオドを打つものになるだろう。「じゃ新型『コルベット』はどうなんですか!?」とwebCGのほった君に突っ込まれそうだが、あれが最後の最後でしょうか……。カーガイたるもの、スーパーカーをつくる夢は、簡単には諦められないのですね!

が、現実は厳しい。トヨタは「レクサスLFA」で諦めた。ホンダは2代目NSXで未練を断ち切った。今後はもう、スーパーカーをつくろうという大衆車ブランドは現れまい。日本勢はもちろん、中国勢も韓国勢も、スーパーカーには手を出さないだろう。

私が今持っている「フェラーリ328」や「ランボルギーニ・カウンタック」は、工芸品(民芸品?)みたいなものだけど、現在のスーパーカーはブランド宝飾品だ。そういう世界に、性能や価格や乗りやすさみたいな大衆車的な価値観で切り込んでも、扉は開かない。

かくいう私は、2代目NSXの初試乗の時、どんなふうに書いたのか? すっかり忘れてしまったので、自分が某誌に書いた原稿を読み返してみた。

タイトルを見て、われながらブッ飛んだ。

「新型NSXはボンクラのスーパーカー」

ヒ、ヒドイ! いくらなんでも言い過ぎだろ!

2016年8月に日本で発表された2代目「ホンダNSX」。当時、実に11年ぶりにその名が復活したのであった。米オハイオ州の「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」が車両の組み立てを担当し、北米ではアキュラブランドで販売されている。
2016年8月に日本で発表された2代目「ホンダNSX」。当時、実に11年ぶりにその名が復活したのであった。米オハイオ州の「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」が車両の組み立てを担当し、北米ではアキュラブランドで販売されている。拡大
2代目「NSX」の最終モデル「タイプS」。ホンダ初のマットカラーとなる「カーボンマットグレー・メタリック」をまとったモデル(写真)は、10台限定で販売される。
2代目「NSX」の最終モデル「タイプS」。ホンダ初のマットカラーとなる「カーボンマットグレー・メタリック」をまとったモデル(写真)は、10台限定で販売される。拡大
「NSXタイプS」のエンジンルームには、シリアルナンバー入りのプレートが備わる。販売台数はグローバルで350台、日本向けは30台の限定で、2022年7月の発売が予定されている。
「NSXタイプS」のエンジンルームには、シリアルナンバー入りのプレートが備わる。販売台数はグローバルで350台、日本向けは30台の限定で、2022年7月の発売が予定されている。拡大
ホンダ NSX の中古車

ボンクラはスーパーカーを買わない

内容は、某誌クルマ担当のKと私とで、新型NSXの感想を述べ合う構成になっていた。で、担当Kは新型NSXを高く評価していたのである。

「スーパーカーにしては視界がいいなと思いました。以前乗った清水さんのカウンタックやフェラーリは、周囲がよく見えなくてすごく緊張したので、断然運転しやすいなぁと」(担当K談)

運転しやすいからイイ、というのは、大衆車の考え方である。スーパーカーは運転が難しければ難しいほどエライのが基本だ。

「性能はよくわかりませんが、デザインだって悪くないんじゃ? 走ってる姿を見て、カッコいいと思いましたけど」(担当K談)

幅が広くて平べったければ、クルマは自動的にカッコよくなる。スーパーカーはカッコいいのはアタリマエで、神がかっていなければならない。その代表がカウンタックだ。

「カウンタックじゃカッコよすぎてボンクラには乗れません! NSXくらいがちょうどいいと思うんですが」(担当K談)

つまり新型NSXは、担当Kのようなボンクラが喜ぶスーパーカーである、という結論なのだった。なるほど~。われながら納得。

しかし悲しいかな、ボンクラはスーパーカーを買わない。ボンクラ向けに2370万円のクルマをつくったところに、ホンダの失敗があった。

2代目「NSX」は、3.5リッターV6ツインターボエンジンとフロント2基、リア1基の電動モーターによって構成される「スポーツハイブリッドSH-AWD」を採用。最新の「タイプS」はパワートレインやシャシー、空力特性の見直しなどにより、動力性能の向上が図られている。
2代目「NSX」は、3.5リッターV6ツインターボエンジンとフロント2基、リア1基の電動モーターによって構成される「スポーツハイブリッドSH-AWD」を採用。最新の「タイプS」はパワートレインやシャシー、空力特性の見直しなどにより、動力性能の向上が図られている。拡大
ヘッドレストに「NSX」の刺しゅうが入る「タイプS」のシート。グローブボックスにも「Type S」のロゴが備わる。
ヘッドレストに「NSX」の刺しゅうが入る「タイプS」のシート。グローブボックスにも「Type S」のロゴが備わる。拡大
リアミドに搭載される3.5リッターV6ツインターボエンジンは、最高出力529PS、最大トルク600N・mを発生。標準モデルよりもパワーが22PS、トルクが50N・mアップし、システム最高出力は610PS、同最大トルクは667N・mとなった。
リアミドに搭載される3.5リッターV6ツインターボエンジンは、最高出力529PS、最大トルク600N・mを発生。標準モデルよりもパワーが22PS、トルクが50N・mアップし、システム最高出力は610PS、同最大トルクは667N・mとなった。拡大

NSXは戦艦大和

それにしても新型NSX発表時、日本のメディアは、「納車数年待ち」だとか、「世界中から注文が殺到している」とか、大政翼賛会的な報道を行っていたが、その注文はどこにいったのだろう……。

昨年(2020年)、日本で売れたNSXは、たったの16台だった。月間じゃないよ年間だよ!
 
通算販売台数は2558台。大手メディアは、それが多いのか少ないのかもわかっていないけど、少ないですぅ! だってフェラーリは年間1万台つくってるんですから!

ついでに、初代NSXの通算1万8507台も少ないですぅ! 16年間でそれですから! 2代にわたったNSXは、大和魂のナイストライだったが、得点は奪えなかったのだ。

今でもカーマニアの間では、初代NSXはスーパーカー史上に残る革命的な成功作だという、漠然とした認識がある。確かに初代は『ベストモータリング』の筑波バトルでは無敵だったし、フェラーリにも多大な影響を与えたが、結果を見れば成功作ではなかろう。

日本人の心には、「戦艦大和最強説」が生きている。「戦艦同士で戦えば大和は無敵だった」と。しかし実際の大和は、敵艦に一発の命中弾も与えぬまま撃沈された(涙)。まさに散華。どこか初代NSXに似てはいまいか。いや、NSXのほうは2~3発当てたかもしれませんが……。

で、2代目NSXは、『宇宙戦艦ヤマト』にリボーンしてリベンジするはずだったけれど、なれずに空母信濃(大和型戦艦の3番艦。空母に改装されたが回航中に撃沈)で終わった。その現実と向き合いましょう……。

(文と写真=清水草一/写真=本田技研工業/編集=櫻井健一)

低さを強調するフロントまわりや、ワイド感を印象づけるリアまわりのデザイン変更に加え、専用ホイールでブラッシュアップされた「NSXタイプS」のエクステリア。
低さを強調するフロントまわりや、ワイド感を印象づけるリアまわりのデザイン変更に加え、専用ホイールでブラッシュアップされた「NSXタイプS」のエクステリア。拡大
2代目「NSXタイプS」のインテリアで目を引く、上下がフラットになったステアリングホイールは、デビュー当初からのアイテム。ミドシップスーパーカーらしからぬ視界の良さも、新型NSXの持ち味だった。
2代目「NSXタイプS」のインテリアで目を引く、上下がフラットになったステアリングホイールは、デビュー当初からのアイテム。ミドシップスーパーカーらしからぬ視界の良さも、新型NSXの持ち味だった。拡大
1990年に登場した初代「NSX」は、オールアルミ製のモノコックボディーを採用。デビュー当初はリアミドに3リッターV6エンジンを横置き搭載していた。生産終了までの16年間で1万8507台が販売されたという。
1990年に登場した初代「NSX」は、オールアルミ製のモノコックボディーを採用。デビュー当初はリアミドに3リッターV6エンジンを横置き搭載していた。生産終了までの16年間で1万8507台が販売されたという。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ホンダ NSX の中古車
関連キーワード
NSXホンダ
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。