第723回:残るはルノーのみ! パリのシャンゼリゼ通りから自動車ショールームが姿を消していく理由

2021.09.16 マッキナ あらモーダ!

気になっていたシトロエンビル

20世紀のフランスを代表する映画俳優のひとり、ジャンポール・ベルモンドが2021年9月6日に死去した。88歳だった。

彼の主演作品といえば1965年の『気狂いピエロ』を真っ先に思い浮かべるが、1960年の『勝手にしやがれ』も有名である。同作の中では、自動車泥棒を演じるベルモンドが、英字新聞売りのアメリカ人少女とパリのシャンゼリゼ通りを歩くシーンが印象的だ。3分近くノーカットで、2人が会話をしながら歩く姿を捉え続けている。まさにヌーベルバーグの香りがぷんぷんと漂っている。同時に、自動車好きにとっては沿道に縦列駐車されているクルマも楽しみのひとつだ。戦前、もしくは戦中型と思われるモデルさえも映り込んでいる。

そのシーンで、ひとつ思い出したものがあった。シャンゼリゼ通りのシトロエンショールームである。

この施設は歴史が深い。開設は創業から10年にも満たない1927年にまでさかのぼる。

車両展示という本来の機能に加え、筆者がシトロエン歴史資料館の協力のもとで見つけた資料によれば、1950年代には社内美術作品展に用いられたという記録もある。

1984年の大改装では、フランスの外食チェーン、イポポタミュとの提携のもと、車両展示ブースを備えたステーキレストランのイポ・シトロエンに生まれ変わった。

やがて2004年から約3年の改築期間を経て、2007年10月に新ショールーム「C42」として再オープンした。そのときのリポートは本欄第11回を参照いただきたい。

しかし、シトロエンブランドを擁するグループPSAが経営危機に陥った2013年、この歴史的なショールームは、カタール資本に7700万ユーロで売却された。なおPSAはグランダルメー通りにあるプジョーのパリ本社およびショールームも2012年に売却している。

その後も2018年までシトロエンはテナントのかたちでシャンゼリゼのショールームを運営してきたが、2018年2月をもって営業を終了した。ブランドとしては、約90年にわたる歴史ある拠点の閉鎖だった。

その後、C42はどうなったのか? 2007年の再オープン当日、数少ない日本人ジャーナリストとして訪問しただけに、気になっていた。

そこでイタリアから、パリ在住のフランス人である知人のディディエに聞いてみることにした。

今回はパリ・シャンゼリゼ通りの自動車ショールームに異変が、というお話。写真は2015年に撮影。
今回はパリ・シャンゼリゼ通りの自動車ショールームに異変が、というお話。写真は2015年に撮影。拡大
シトロエンのC42ショールームは、ターンテーブルを何層にも重ねた特殊なレイアウトだった。2010年撮影。
シトロエンのC42ショールームは、ターンテーブルを何層にも重ねた特殊なレイアウトだった。2010年撮影。拡大
高級食品店、フォションのポップアップストアが設けられたことも。2010年撮影。
高級食品店、フォションのポップアップストアが設けられたことも。2010年撮影。拡大
照明の色を来館者が変えられる仕掛けも。2010年撮影。
照明の色を来館者が変えられる仕掛けも。2010年撮影。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事