第239回:さよなら、ダニエル。過去は死んでいない……
『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

2021.10.01 読んでますカー、観てますカー

日系人監督のジャパン趣味

予告編を見て、白いマスクをかぶった悪役サフィンの気味悪さに恐怖を覚えた。彼は映画の冒頭から登場する。予告編ではマスクが壊れていたのでわからなかったが、完全な形を見ると日本の観客はそれが何なのか、すぐに気づくだろう。繊細な面で作られた、泣くとも笑うともつかない微妙な表情は、明らかに能面である。『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の監督は、日系人のキャリー・ジョージ・フクナガ。ほかにもジャパン趣味をまぶした表現が随所に登場する。

今作は、ダニエル・クレイグが演じる『007』シリーズの最終作。2006年の『カジノ・ロワイヤル』から『慰めの報酬』『スカイフォール』『スペクター』と続いた5作目で完結することになる。映画のジェームズ・ボンドは、ショーン・コネリーから始まってクレイグが6代目。以前とは異なる斬新なボンド像を作り上げた。以前はウオッカマティーニと美女が大好きなお気楽スパイだったが、クレイグが演じたのは悩みや痛みを抱えるリアルな人間である。

前作『スペクター』では、宿敵ブロフェルド(クリストフ・ヴァルツ)を倒したボンドが恋人マドレーヌ(レア・セドゥ)とともに「アストンマーティンDB5」で去っていった。物語は、その直後から始まる。彼らが訪れたのは、イタリア南部マテーラ。石灰岩に覆われた街で、建物も道もすべて石造り。世界遺産に登録されている。彼らが到着したのは祭りの日で、人々が紙切れに火をつけて空に投じていた。秘密を書いて燃やし、過去を忘れて未来に一歩を踏み出すためなのだという。ボンドは、歩きながら後ろを振り返る。「過去は死んでいない。だから後ろを見るのよ」とマドレーヌ。ここで、今作のテーマが過去との決別であることがわかる。

情熱的な夜を過ごした翌朝、ボンドはかつての恋人が眠る墓へ。『カジノ・ロワイヤル』で非業の最期を遂げたヴェスパー・リンドである。マドレーヌに「朝食までには戻る」と告げたことでフラグが立った。

(C)2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2019 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.拡大
 
第239回:さよなら、ダニエル。過去は死んでいない……『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の画像拡大
 
第239回:さよなら、ダニエル。過去は死んでいない……『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の画像拡大
 
第239回:さよなら、ダニエル。過去は死んでいない……『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の画像拡大
 
第239回:さよなら、ダニエル。過去は死んでいない……『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事