第19回:地味だけど超重要! 自動車産業の競争力を左右する「モデルベース開発」って何だ?(前編)

2021.10.12 カーテク未来招来
今日のクルマづくりに欠かせない「モデルベース開発」は、エンジン制御のソフトウエア開発から導入が始まったという。
今日のクルマづくりに欠かせない「モデルベース開発」は、エンジン制御のソフトウエア開発から導入が始まったという。拡大

いま、自動車開発の現場で広く導入が進んでいる「モデルベース開発(Model Based Development:MBD)」。私たちにとっては耳慣れない言葉だが、実は日本のモノづくりの未来を左右する、非常に重要な開発手法なのだ。バーチャルとリアルを往復して行われる、最新のクルマづくりを解説する。

オンラインで実施された「MBD推進センター」発足の説明会の様子。同センターには国内完成車メーカー5社、部品メーカー5社が運営会員として、一般財団法人日本自動車研究所が事務局として参加している。
オンラインで実施された「MBD推進センター」発足の説明会の様子。同センターには国内完成車メーカー5社、部品メーカー5社が運営会員として、一般財団法人日本自動車研究所が事務局として参加している。拡大
人見委員長は、MBD推進センターが目指す姿を、料理に例えて説明した。
人見委員長は、MBD推進センターが目指す姿を、料理に例えて説明した。拡大

人の手でプログラムを書いていては追いつかない!

読者の皆さんは、モデルベース開発、あるいはその略称であるMBDという言葉をご存じだろうか。このMBDをテーマとした、一般的にみれば非常に地味な発表が2021年9月24日に行われた。国内完成車メーカー5社、部品メーカー5社が運営会員となって、MBDを全国の自動車産業に普及するための組織「MBD推進センター」が発足した、という内容だ。

なんじゃそりゃ? という読者も多いと思うのだが、実はこのMBDは、今後の自動車産業……というよりも日本の製造業全体の競争力を左右する、非常に重要な開発手法なのだ。MBD推進センターステアリングコミッティ委員長に就任したのは、「ミスターSKYACTIV」として有名なマツダの人見光夫シニアイノベーションフェローである。今回オンラインで行われた発表会では、このややこしいMBDという概念を料理に例え、なんとか分かりやすく解説しようと努力していたのが印象的だった。

このコラムでも、まずは「そもそもMBDって何?」というところから話を始めたい。そもそも、MBDという言葉が使われるようになったのはソフトウエア開発の世界である。従来のソフトウエア開発は、人間が1行1行「プログラムコード」を書いて作成していた。しかし、電子制御の複雑化が進んだ現代のクルマに使われるコードの行数は、一台あたり約1億行ともいわれており、とても人手で作成できる規模ではなくなっている。

そこで導入されたのがMBDである。MBDが最初に導入されたのは、クルマのエンジン制御に用いるソフトウエアの開発だった。

鶴原 吉郎

鶴原 吉郎

オートインサイト代表/技術ジャーナリスト・編集者。自動車メーカーへの就職を目指して某私立大学工学部機械学科に入学したものの、尊敬する担当教授の「自動車メーカーなんかやめとけ」の一言であっさり方向を転換し、技術系出版社に入社。30年近く技術専門誌の記者として経験を積んで独立。現在はフリーの技術ジャーナリストとして活動している。クルマのミライに思いをはせつつも、好きなのは「フィアット126」「フィアット・パンダ(初代)」「メッサーシュミットKR200」「BMWイセッタ」「スバル360」「マツダR360クーペ」など、もっぱら古い小さなクルマ。

あなたにおすすめの記事
新着記事