FCAジャパンがフィアットとアバルトの価格を改定 4.8~10.5%の値上げを実施

2021.10.07 自動車ニュース

FCAジャパンは2021年10月7日、フィアットおよびアバルトの全ラインナップの価格を改定し、同年10月18日より新価格での販売を開始すると発表した。

「フィアット500C」には新グレートも登場

新たに適用される価格はフィアットでは6.1~10.5%、アバルトでは4.8~6.7%の値上げとなっており、インポーターはその理由について「原材料の価格上昇などに伴うもの」と説明している。

また、フィアットでは価格改定と同時に、オープントップモデルの「500C」に新グレード「ツインエア ドルチェヴィータ」を導入。ハッチバックの「500ツインエア ドルチェヴィータ」と同じく、ブラック/アイスのツートンカラーシートやクルーズコントロールが標準装備とされ、フロントフェンダーには「Dolcevita」トリムバッジが追加される。

改定後の価格は以下の通り(カッコ内は旧価格との差額)。

【フィアット】

  • 500 1.2カルト:221万円(+21万円)
  • 500ツインエア カルト:240万円(+19万円)
  • 500ツインエア ドルチェヴィータ:280万円(+19万円)
  • 500C 1.2カルト:285万円(+19万円)
  • 500Cツインエア ドルチェヴィータ:290万円
  • パンダ イージー:243万円(+19万円)
  • 500X:320万円(+21万円)
  • 500Xクロス:362万円(+21万円)
  • 500Xスポーツ:365万円(+21万円)

【アバルト】

  • 595:320万円(+20万円)
  • 595ツーリズモ:385万円(+22万円)
  • 595コンペティツィオーネ(5MT):404万円(+21万円)
  • 595コンペティツィオーネ(5AT):421万円(+21万円)
  • 595Cツーリズモ:415万円(+19万円)

(webCG)

フィアット500Cツインエア ドルチェヴィータ
フィアット500Cツインエア ドルチェヴィータ拡大

関連キーワード:
500, 500C, 500X, パンダ, アバルト, フィアット, 自動車ニュース

アバルト 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト695ビポスト フルスペック仕様(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.29 試乗記 0-100km/h加速5.9秒をうたう究極のアバルト、「695ビポスト」に試乗。ノンシンクロの“ドグミッション”を搭載したスーパーアバルトは、一体どんな走りを見せるのだろうか。
  • MINIクーパーSコンバーチブル(FF/7AT)【試乗記】 2021.9.30 試乗記 今や貴重な4座のコンパクトオープンカー「MINIコンバーチブル」が、「MINI 3ドア/5ドア」ともどもマイナーチェンジを受けた。モデルライフで2度目の大幅改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 上級仕様の「クーパーS」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2021.10.22 試乗記 5代目「メルセデス・ベンツCクラス」がいよいよ日本の道を走り始めた。強力な電動パワートレインや先進のインフォテインメントシステムを採用した新型は、“C”の枠を大きく飛び越えるほどの進化を果たしている。1.5リッターマイルドハイブリッドモデルに試乗した。
  • フィアット500ev(RWD/4MT)【試乗記】 2021.10.23 試乗記 日本でも大人気の2代目「フィアット500」をベースに、パワートレインを電動化した「フィアット500ev」。電気で走る“往年の名車”は、私たちにどんな景色を見せてくれるのだろうか? モダンなのにクラシックなその走りと、唯一無二の魅力をリポートする。
ホームへ戻る