ホンダのブースに新型「シビック タイプR」と新型「ステップワゴン」のカスタマイズバージョン登場【東京オートサロン2022】

2021.12.24 自動車ニュース
ホンダ・シビック タイプR(プロトタイプ)
ホンダ・シビック タイプR(プロトタイプ)拡大

本田技研工業は2021年12月24日、カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2022」(開催期間:2022年1月14日~16日)への出展概要を発表した。

コンプリートカー「ヴェゼルe:HEVモデューロXコンセプト」のイメージ。
コンプリートカー「ヴェゼルe:HEVモデューロXコンセプト」のイメージ。拡大
N-BOXカスタム スタイル+ブラック
N-BOXカスタム スタイル+ブラック拡大
N-WGNピクニック
N-WGNピクニック拡大
「N-WGNピクニック」のインテリア。
「N-WGNピクニック」のインテリア。拡大

今回、ホンダは「e:HEV」「Nシリーズ」「スポーツモデル」の3つをテーマに展示を行う。

独自の2モーターハイブリッドシステムであるe:HEVを搭載するモデルの展示エリアでは、2022年1月7日のデビューが予定されている新型「ステップワゴン」のカスタマイズバージョン「ステップワゴンe:HEVスパーダ コンセプト」と、2022年内に発売予定のコンプリートカー「ヴェゼルe:HEVモデューロXコンセプト」を展示。SUVイメージを際立たせながら、アーバンなアウトドアスタイルを表現したという「フィットe:HEVクロスター カスタム」の実車も並ぶ。

Nシリーズエリアの出展車両は、「N-BOX」誕生10周年を機にスタートした、Nシリーズ共通の新ブランド「Nスタイル+」の第1弾モデル「N-BOXカスタム スタイル+ブラック」と、週末に家族でピクニックを楽しむようなユーザーへの提案として「思わず出かけたくなるような楽しい世界観」を表現した「N-WGNピクニック」。そのほか、仕事と趣味をシームレスにつなげるトレーラー風カフェを提案する「N-VANカスタム『3rd Place VAN(サードプレイスバン)』」と、ヒルクライムレースへの参加を目指し「N-ONE」をベースに開発した「K-CLIMB(ケイクライム)」の実車も展示される。

スポーツモデルとしては、2022 年内に発売を予定している「シビック タイプRプロトタイプ」を公開。展示車両にはタイプR専用の特別な擬装が施されており、ブース内で流れるテストの映像と合わせて、開発の模様を知ることができるという。

(webCG)

東京オートサロン2022の記事一覧はこちら

関連キーワード:
シビック, ステップワゴンスパーダ, N-BOXカスタム, N-WGNカスタム, N-ONE, ホンダ, 東京オートサロン2022, モーターショー, 自動車ニュース