クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第223回:正規軍、民兵に撃墜さる

2022.01.10 カーマニア人間国宝への道

フェラーリのスペチアーレ並みの人気

「今度『GT-R NISMO』にお乗りになりますか」

いつものように担当サクライ君からメールが来たので、いつものように「乗る乗る~!」と返した。

日産GT-Rは、間もなく生産終了になるらしい。もうこんなモンスターはこの世から消えるらしい。思えば2019年に2020年モデルが出たときから、「終わる終わる」と言われていたが、その割にNISMOの2022年モデルが出たのは閉店詐欺? という気がしないでもないが、終わる終わると騒いだのは外野で、日産は何も言ってませんですね、どうもすいません。

そんでもさすがに2022年モデルが最後らしい。GT-Rの最後を見届ける! それも最強のNISMOで! カーマニア冥利(みょうり)に尽きるとはこのことだ。

午後8時、サクライ君がGT-R NISMOでやってきた。暗くてよく見えないが、ボディーカラーが非常にシブくてカッコいい。ボンネットやルーフが黒いのは、カーボンなのだろうか。カーマニアの割に何も知らない私だが、サクライ君もやっぱり何も知らなかった。

あとで調べてみると、このマシンは「GT-R NISMOスペシャルエディション」というヤツで、価格は2464万円! それで300台以上がすぐに売り切れたという。まるでフェラーリのスペチアーレのようだ。時代は変わったものである。

走りだすと、NISMOとは思えないほど乗り心地がイイ。足は十分ガチガチなのだが、それ以上にボディーがガチガチなので、振動が内臓に響かない。さすがNISMO。

「日産GT-R」の最後を見届けるつもりで、今回「GT-R NISMOスペシャルエディション」を夜の首都高に連れ出した。最強のファイナルバージョンとウワサされるその車両本体価格は2464万円! である。
「日産GT-R」の最後を見届けるつもりで、今回「GT-R NISMOスペシャルエディション」を夜の首都高に連れ出した。最強のファイナルバージョンとウワサされるその車両本体価格は2464万円! である。拡大
「GT-R NISMO」は、2021年4月に価格未定のまま先行公開され、同時に予約受け付けを開始。価格発表時にはすでに予定していた販売台数を超えていたため、オーダー受け付け終了がアナウンスされた。
「GT-R NISMO」は、2021年4月に価格未定のまま先行公開され、同時に予約受け付けを開始。価格発表時にはすでに予定していた販売台数を超えていたため、オーダー受け付け終了がアナウンスされた。拡大
「GT-R NISMOスペシャルエディション」には、クリア塗装を施したカーボン製のNACAダクト付きエンジンフードが標準で装備される。
「GT-R NISMOスペシャルエディション」には、クリア塗装を施したカーボン製のNACAダクト付きエンジンフードが標準で装備される。拡大
「セクシージャンボ」こと、わが「ダイハツ・ハイゼット トラック ジャンボ」(1990年式)と「GT-R NISMOスペシャルエディション」の2ショット。
「セクシージャンボ」こと、わが「ダイハツ・ハイゼット トラック ジャンボ」(1990年式)と「GT-R NISMOスペシャルエディション」の2ショット。拡大

首都高バトルが勃発!

オレ:それにしても、GT-Rも高くなったねぇ。
サクライ:出たときは確か777万円じゃなかったでしたっけ。
オレ:それくらいだったよね。でも日本のカーマニアたちは「こんな高いのはGT-Rじゃない」「GT-Rは俺たちを捨てた」って大ブーイングだったんだよな。それが、最後にここまで(値段が)上がっても、誰も高いって言わないんだから!
サクライ:ですね。
オレ:この14年間で、世の中は本当に変わった。スポーツカーが大衆の夢である時代は終わったんだねぇ。

そんなことを語り合いながら、最強のGT-Rは首都高に乗り入れた。合流でアクセル全開をかます。

オレ:アレ? あんまり速くないな。
サクライ:ですか?
オレ:ノーマルの2020年モデルのほうが、過給の立ち上がりが速かったような気がするなぁ。NISMOってやっぱりデカくて重いタービン積んでるの?
サクライ:ですかねぇ。

知識もウデもないオッサンが2名、ワケもわからず最強マシンに乗り、首都高に乗り入れている。まさに豚に真珠である。そうやって最後のGT-Rをしみじみ確かめつつ首都高を流していると、突如、激しくアオり倒してくるマシンが現れた。マジか!?

まさかこの巨大なリアウイングが見えないわけはあるまい。コイツが世界最強のマシンであることを知っての狼藉(ろうぜき)か!? よし、コーナー1つで見えなくしてやる! ダアアァァァァァァァァァァァァ~ッ!!

げえっ! ピッタリ張り付いてやがるぅっ! まさかこのGT-R NISMOスペシャルエディションのコーナリングについてくるとはぁぁぁぁぁぁぁ~っ!

フロント:255/40ZRF20、リア:285/35ZRF20サイズのランフラットタイヤを装着する足は十分ガチガチなのだが、それ以上にボディーがガチガチなので、「NISMO」とは思えないほど乗り心地がイイ。
フロント:255/40ZRF20、リア:285/35ZRF20サイズのランフラットタイヤを装着する足は十分ガチガチなのだが、それ以上にボディーがガチガチなので、「NISMO」とは思えないほど乗り心地がイイ。拡大
首都高に乗り入れ、試しに合流でアクセル全開をかましてみたが、あまり速さを感じない。デカくて重い「NISMO」専用タービンのせいか?
首都高に乗り入れ、試しに合流でアクセル全開をかましてみたが、あまり速さを感じない。デカくて重い「NISMO」専用タービンのせいか?拡大
現行「GT-R」は2007年に登場。かれこれ14年以上たっているので、インパネデザインに古さを感じてしまうのも、しかたがない。センターコンソールの8インチディスプレイに、ブースト計や油温・油圧計、水温系などが表示できるようになっている。
現行「GT-R」は2007年に登場。かれこれ14年以上たっているので、インパネデザインに古さを感じてしまうのも、しかたがない。センターコンソールの8インチディスプレイに、ブースト計や油温・油圧計、水温系などが表示できるようになっている。拡大
巨大なリアウイングはもちろん、トランクリッドもカーボン製。ひと目でただものではないとわかるはずなのだが、首都高を流していたわれわれの「GT-R NISMOスペシャルエディション」を、激しくアオり倒してくるマシンが現れた。
巨大なリアウイングはもちろん、トランクリッドもカーボン製。ひと目でただものではないとわかるはずなのだが、首都高を流していたわれわれの「GT-R NISMOスペシャルエディション」を、激しくアオり倒してくるマシンが現れた。拡大
 
今回の試乗車は「NISMO」専用となる新色の「NISMOステルスグレー」をまとっていた。日産によれば、2022年モデルの「GT-R NISMOスペシャルエディション」は、約半数がこのボディーカラーでオーダーされたという。
今回の試乗車は「NISMO」専用となる新色の「NISMOステルスグレー」をまとっていた。日産によれば、2022年モデルの「GT-R NISMOスペシャルエディション」は、約半数がこのボディーカラーでオーダーされたという。拡大
手組みの3.8リッターV6ツインターボは、最高出力600PS/6800rpm、
最大トルク652N・m/3600-5600rpmを発生。ピストンリングやバルブスプリング、コンロッド、クランクシャフトなどにバランスどりされた高精度パーツが採用されている。「匠(たくみ)」のネームプレートは、特別なエンジンであることを示す赤文字仕様になっている。
手組みの3.8リッターV6ツインターボは、最高出力600PS/6800rpm、
	最大トルク652N・m/3600-5600rpmを発生。ピストンリングやバルブスプリング、コンロッド、クランクシャフトなどにバランスどりされた高精度パーツが採用されている。「匠(たくみ)」のネームプレートは、特別なエンジンであることを示す赤文字仕様になっている。拡大
せっかく「GT-R NISMOスペシャルエディション」という名馬に乗りながらも、夜の首都高で若さあふれる運転の「CLS63 AMG S」にしてやられてしまった。だが、サーキットでは(きっと)無敵。なにせこれが最終最強なのだから、それでいいではないか。
せっかく「GT-R NISMOスペシャルエディション」という名馬に乗りながらも、夜の首都高で若さあふれる運転の「CLS63 AMG S」にしてやられてしまった。だが、サーキットでは(きっと)無敵。なにせこれが最終最強なのだから、それでいいではないか。拡大
遠慮なく首都高を走ったにもかかわらず、車載燃費計の計測値は7.6km/リッター。ハイパフォーマンスカーにしてこの燃費はかなり立派だといえる。
遠慮なく首都高を走ったにもかかわらず、車載燃費計の計測値は7.6km/リッター。ハイパフォーマンスカーにしてこの燃費はかなり立派だといえる。拡大
「GT-R NISMOスペシャルエディション」で首都高に乗り入れた夜、辰巳PAにいたR34型の「スカイラインGT-R」。登場当時はブス呼ばわりもしたが、価格は高騰し、現在コンディションのいい個体には3000万円ものプライスがつけられているという。もはやドブス転じて宝石である。
「GT-R NISMOスペシャルエディション」で首都高に乗り入れた夜、辰巳PAにいたR34型の「スカイラインGT-R」。登場当時はブス呼ばわりもしたが、価格は高騰し、現在コンディションのいい個体には3000万円ものプライスがつけられているという。もはやドブス転じて宝石である。拡大

完敗した正規軍

前が詰まると、ソイツはガバッと車線変更し、粗暴なスラロームでわれら無敵の戦闘機の1台前に割り込んだ! その後ろ姿は……。

オレ:あれ、「CLS」だよね?
サクライ:ですね。メルセデスのCLSです。
CLSなど、GT-R NISMOから見れば民間機。まさか軍用機が民間機にカモられるとは! こちらにはジュネーブ条約があり、文民への蛮行は固く禁じられているとはいえ、正規軍が民兵にやられたのは確かだ。まさにアフガンの悲劇である。

と思ったら、ちょびっと前がすいた。CLSが全開加速! こちらも負けずに全開加速! 加速なら勝てるだろう!

げええええええ~~~~~~~っ! 差が詰まらない~~~~~~~~っ! NISMOのデカいタービン、レスポンス悪し~~~~っ(な気がする)!

相手はスラロームで周囲の文民を虐殺しつつ、見えなくなった。やられた……。正規軍はタリバンの蛮行の前に崩壊した。

なんとなく意気消沈して辰巳PAに乗り入れると、タリバンがすでに到着し、仲間の民兵と談笑している! 若いっ! しかも彼らは、われら中高年が駆る最新兵器に一瞥(いちべつ)もくれない! さすがタリバン!

考えてみれば、こんな名馬に乗りつつ若武者に討ち取られたのは、老武者として是非におよばず。「この白髪首、貴殿にくれてやるわっ!」である。

サクライ:速いはずです。あのCLS、「63 AMG S」ですよ。
オレ:えっ、それって600PSくらいあるの?
サクライ:えーと(スマホで検索)、600はないですが、585PSみたいです。
オレ:そう……。それにしてもNISMOのタービンって、ホントにデカくてレスポンス悪いのかな。
サクライ:ですかねぇ。

日産のウェブサイトを見ると、「NISMO専用GT3タービン(IHI製高効率・大容量ターボ)」とあり、メチャメチャレスポンスがいいとのことである。

まぁ、そんな細かいことはどうでもイイネ! とにかくサーキットでは無敵のはずだし、「もう買えません」とか、「これが最終最強です」とか、そういう勲章が第一の世の中なんだから! 首都高で速いのが欲しければCLS63 AMGを買え!

(文=清水草一/写真=webCG/編集=櫻井健一)

清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

日産 GT-R の中古車
関連キーワード
GT-R日産
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。