クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

コロナ禍も有事も影響なし ランボルギーニが絶好調なのはどうしてか?

2022.07.04 デイリーコラム

キーは価格と収益性

新型コロナウイルス感染症を引き金とする経済の減速、長引く半導体不足、ロシアによるウクライナ侵攻など、自動車産業界を取り巻く環境は依然として厳しいものがある。なかでも、車両価格が2000万円を超えるラグジュアリーセグメントであれば、そうした影響はとりわけ深刻と推察されるが、実際のところはどうなのか? 「ランボルギーニ・カウンタックLPI800-4」の発表に合わせて来日したアウトモビリ・ランボルギーニのアジア・パシフィック責任者であるフランチェスコ・スカルダオーニ氏に尋ねた。

「私たちの生産やデリバリーに関して言えば、なにひとつ遅れは生じていません。ランボルギーニは大きなグループ(フォルクスワーゲン グループ)の一員であり、収益性に関して言えば、グループのなかでトップの存在です。したがって、部品供給に関しては優先順位が高く設定されています。これが生産やデリバリーに遅れが生じていない、第1の理由です」

例えば、1台の自動車を生産するのにどうしても欠かすことのできないICチップがあったとしよう。その価格自体は、もしかしたら100円程度かもしれない。しかし、これがいま手元に1個しかないとしたら、車両価格200万円のクルマと2000万円のクルマの、どちらをつくるのに用いるだろうか?

たとえ2台の利益率が同じであったとしても、2000万円のクルマをつくるために使うのが私企業としては当然の選択。まして2000万円のほうが利益率が高いとなれば、是が非でもそちらを優先したくなるはず。このように、必要な部品をグループ内で優先的に融通してもらえる体制が整っているからこそ、ランボルギーニは困難な時期でも生産を継続できたのである。

しかし、理由はそれだけではないとスカルダオーニ氏は語る。

2021年8月に公開されるや、スーパーカーファンを大いに沸かせたランボルギーニの限定車「カウンタックLPI800-4」。国内では2022年6月に初披露された。
2021年8月に公開されるや、スーパーカーファンを大いに沸かせたランボルギーニの限定車「カウンタックLPI800-4」。国内では2022年6月に初披露された。拡大
「カウンタックLPI800-4」の国内初披露に合わせて来日した、アウトモビリ・ランボルギーニのフランチェスコ・スカルダオーニ氏。「ランボルギーニの収益性はフォルクスワーゲン グループのなかでもトップ」と胸を張る同氏は、自身が統括するアジア・パシフィック地域において、日本が極めて重要な市場であることも強調した。
「カウンタックLPI800-4」の国内初披露に合わせて来日した、アウトモビリ・ランボルギーニのフランチェスコ・スカルダオーニ氏。「ランボルギーニの収益性はフォルクスワーゲン グループのなかでもトップ」と胸を張る同氏は、自身が統括するアジア・パシフィック地域において、日本が極めて重要な市場であることも強調した。拡大
「カウンタックLPI800-4」の国内販売台数は非公表。デリバリーはすでに開始されている。
「カウンタックLPI800-4」の国内販売台数は非公表。デリバリーはすでに開始されている。拡大

2022年も期待は高まる

「私たちは長期戦略に基づいてパーツサプライヤーとの関係を築いており、彼らは、どのパーツがどの程度必要かをすべて把握しています。たしかに、ロシアのウクライナ侵攻は新たな脅威です。なぜなら、ウクライナの西部には私たちのキーサプライヤーがあり、そこでは労働力不足が現実に起こっているからです。しかし、私たちは素早くバックアップ体制を整えたので、何の遅れも生じていません」

事実、ランボルギーニのビジネスは、新型コロナウイルス感染症が世界的に流行したここ数年に関しても堅調に推移している。2019年、ランボルギーニは史上最高の8205台を販売。2020年にはパンデミックの影響で工場を一時閉鎖したため、販売台数は7430台に減少したものの、利益率としては史上最高を記録した。さらに2021年は販売自体も持ち直して8405台を達成し、過去最高記録を更新。この傾向は2022年の第1四半期も続いており、前年同期を上回る売上高と利益を達成するとともに、通期でも従来の記録を塗り替えると期待されている。

「パンデミックの間にも、私たちは5台のニューモデルを発表しました」とスカルダオーニ氏。
「そのほかにもさまざまなデジタルコミュニケーションツールを開発し、世界中のお客さまやメディア関係者との関係を維持できるように務めてきました。そうした活動が、お客さまがランボルギーニへの夢を抱いていただくと同時に、ランボルギーニファミリーの一員であるとの認識を深めていただくのに役立ったと考えています。このような下地があったからこそ、パンデミックが終わると同時にリアルなイベントを再開できたのです」

この日、発表したカウンタックのリバイバルモデルには、これまでランボルギーニがつくり続けてきたエンジン車を祝福し、その伝統を未来へとつなげていくという役割がある。

「来るべき電動化時代に向けても、ランボルギーニのDNAを守り続けていくことが重要だと考えています」
スカルダオーニ氏はそう語って、インタビューを締めくくった。

(文=大谷達也<Little Wing>/写真=webCG/編集=関 顕也)

2011年から2021年にかけて、ランボルギーニのグローバルでの販売台数はおよそ5倍に増加。2021年には最多販売台数を記録し、2022年はその更新が見込まれている。
2011年から2021年にかけて、ランボルギーニのグローバルでの販売台数はおよそ5倍に増加。2021年には最多販売台数を記録し、2022年はその更新が見込まれている。拡大
続々とニューモデルをリリースし続けるランボルギーニ。2022年4月には、V10モデル「ウラカン」シリーズの最新モデル「ウラカン テクニカ」も上陸した。
続々とニューモデルをリリースし続けるランボルギーニ。2022年4月には、V10モデル「ウラカン」シリーズの最新モデル「ウラカン テクニカ」も上陸した。拡大
組織・ブランドとしての強さもさることながら、プロダクトそのものの反響も見張るものがある。スーパーSUV「ウルス」(写真)は年間5000台以上という大ヒットを飛ばし、ランボルギーニ躍進の強力な推進役となった。
組織・ブランドとしての強さもさることながら、プロダクトそのものの反響も見張るものがある。スーパーSUV「ウルス」(写真)は年間5000台以上という大ヒットを飛ばし、ランボルギーニ躍進の強力な推進役となった。拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ランボルギーニ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。