クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第709回:四季を通じて“安心安全”を提供 「グッドイヤー・ベクター4シーズンズGEN-3」を試す

2022.07.26 エディターから一言 生方 聡
「グッドイヤー・ベクター4シーズンズGEN-3」(右)と、SUV向けの「ベクター4シーズンズGEN-3 SUV」(左)。
「グッドイヤー・ベクター4シーズンズGEN-3」(右)と、SUV向けの「ベクター4シーズンズGEN-3 SUV」(左)。拡大

グッドイヤーのオールシーズンタイヤ「ベクター4シーズンズ」シリーズに、プレミアムな新製品「GEN-3/GEN-3 SUV」が登場。従来品でも定評のあったウインター性能はどう進化しているのか? 発売を前に、冬の女神湖で実力を確かめた。

新製品の「ベクター4シーズンズGEN-3」。既存の「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」の上位に位置する、プレミアムなオールシーズンタイヤという扱いだ。
新製品の「ベクター4シーズンズGEN-3」。既存の「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」の上位に位置する、プレミアムなオールシーズンタイヤという扱いだ。拡大
サイドウォールに描かれた“スノーフレークマーク”。過信は禁物だが、このタイヤなら冬用タイヤ規制がしかれた道でも走行が可能だ。
サイドウォールに描かれた“スノーフレークマーク”。過信は禁物だが、このタイヤなら冬用タイヤ規制がしかれた道でも走行が可能だ。拡大
「ベクター4シーズンズGEN-3/GEN-3 SUV」の試走会は、冬の長野県・女神湖にて開催された。
「ベクター4シーズンズGEN-3/GEN-3 SUV」の試走会は、冬の長野県・女神湖にて開催された。拡大
1977年に世界で初めてオールシーズンタイヤを発売したのはグッドイヤー。同社はこのジャンルにおけるパイオニアなのだ。
1977年に世界で初めてオールシーズンタイヤを発売したのはグッドイヤー。同社はこのジャンルにおけるパイオニアなのだ。拡大

オールシーズンタイヤのパイオニア

春、夏、秋に加えて、冬の雪道でも走行可能なタイヤとして近年注目を集めているオールシーズンタイヤ。そのブームの火付け役であるグッドイヤー・ベクター4シーズンズの最新モデルが、いよいよ日本でも発売になった(参照)。

サマータイヤとほぼ同じ感覚で使えることや、突然の雪でも走行できることはもちろん、冬の前後でタイヤの履き替えが不要なこと、外したタイヤの保管場所が要らないことなどから、年に数回しか雪が降らないエリアのドライバーから支持を集めているのがオールシーズンタイヤだ。

そのパイオニアといえるグッドイヤーは、2016年に、それまでヨーロッパから輸入していたベクター4シーズンズを日本国内生産に切り替え、サイズバリエーションを拡大。名前も新たに「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」として発売した。ヨーロッパでウインタータイヤであることを示す“スノーフレークマーク”に加え、こちらの製品では独自にウインタータイヤであることを表す“SNOW”の文字も追加。高速道路等で冬用タイヤ規制に遭遇しても、堂々と走行できるのがうれしい製品だった。

その後、先手を取った商品展開やPR活動が実を結び、グッドイヤーのオールシーズンタイヤが日本でも市民権を得たのはご存じのとおり。私自身も、ベクター4シーズンズ ハイブリッドを愛車に装着して以来、オールシーズンタイヤは手放せない存在になっている。

上位モデル「ベクター4シーズンズGEN-3」登場

このほど、そのベクター4シーズンズ ハイブリッドの上位モデルにあたるベクター4シーズンズGEN-3が、日本に上陸した。これまでのベクター4シーズンズ同様、四季を通じて安全・快適なドライブが楽しめるオールシーズンタイヤで、メインのヨーロッパ市場の要求に合わせ、スノー性能に加えてドライ性能やハンドリング性能をさらに高めたという。

ベクター4シーズンズは、以前より方向性のある特徴的なV字型パターンを採用しているが、GEN-3のそれは従来品に比べて細かいパターンとなっており、またセンターに向かって溝の幅を狭くするなど、各部のデザインを最適化。パターンノイズを36%、ロードノイズを31%低減させることに成功したという。

また、これまでとは異なる大型のサイプをトレッド中央部に配置して排雪性を高め、雪上グリップ性能を向上。一方、トレッド下部のゴム層とショルダーブロックを強化することでタイヤの変形を抑え、優れたハンドリング性能も実現しているという。さらに、底にいくほど幅が広くなる溝のデザインにより排水性を高め、ウエット性能を確保。このように、ベクター4シーズンズGEN-3は同ハイブリッドに対し、スノーブレーキ、ハンドリング、ドライブレーキ、ウエットブレーキと、多方面で性能の向上を図っている。加えて先述したとおり、新しいトレッドパターンでノイズの低減を実現しているのも見逃せないところだ。

タイヤサイズは15インチから20インチを用意。乗用車向けが21サイズ、SUV向けのベクター4シーズンズGEN-3 SUVが5サイズ設定されている。

SUV向けの「ベクター4シーズンズGEN-3 SUV」。225/60R17から255/50R20までの5種類のサイズが用意される。
SUV向けの「ベクター4シーズンズGEN-3 SUV」。225/60R17から255/50R20までの5種類のサイズが用意される。拡大
トレッドパターンには「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」と同じく、Vシェイプのデザインを採用。ただし、センターに向かうにつれて溝を細くし、中央付近に大型のサイプを設けるなど、全体的に見直しが図られている。
トレッドパターンには「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」と同じく、Vシェイプのデザインを採用。ただし、センターに向かうにつれて溝を細くし、中央付近に大型のサイプを設けるなど、全体的に見直しが図られている。拡大
ショルダーブロックの剛性強化も新製品のトピック。トレッド下部のカバー層とともに操舵時のタイヤの変形を抑制し、ハンドリング性能の向上を図っている。
ショルダーブロックの剛性強化も新製品のトピック。トレッド下部のカバー層とともに操舵時のタイヤの変形を抑制し、ハンドリング性能の向上を図っている。拡大
開発は欧州の拠点で実施。生産もドイツやポーランド、スロヴェニアなど、欧州の工場で行われる。
開発は欧州の拠点で実施。生産もドイツやポーランド、スロヴェニアなど、欧州の工場で行われる。拡大

一段とアップしたスノー性能

ベクター4シーズンズGEN-3の発売を前に、その性能を冬の女神湖と周辺の一般道で試すことができた。まずはGEN-3とハイブリッド(ともに205/60R16 92H)を装着した試走車を女神湖で乗り比べ、その違いをチェックする。

ベクター4シーズンズ ハイブリッドは、雪上であれば走りだしからしっかりと路面を捉え、コーナーでも進入速度に気をつけさえすれば予想以上にちゃんと曲がり、またブレーキも不安がない。スタッドレスタイヤと同じレベルとはいかないまでも、十分安心して走行できる性能を有している。これに対してGEN-3は、目に見えて雪上でのグリップが向上しており、コーナリング時の外への膨らみも小さく、直進時の安定感もワンランク上の印象だった。

ちなみに、この日の女神湖は氷が露出している部分があったが、スタッドレスタイヤに比べてオールシーズンタイヤのアイス性能が低いことも実感した。25km/h程度であればなんとかコントロールすることは可能だが、安全を考えるとオールシーズンタイヤで凍結路を走るのは避けるべきだろう。

続いて、ベクター4シーズンズGEN-3 SUV(225/65R17 106V)が装着された「ジャガーEペース」で一般道を走行する。このタイヤも、圧雪路では直進、コーナリングともに高い安定感を発揮し、女神湖での試走以上にリラックスしてドライブを楽しむことができた。4WDとの組み合わせなら、まさに鬼に金棒といったところだ。

まずは凍った湖面の特設コースで試走。スラロームや定常円旋回などでその性能を確かめた。
まずは凍った湖面の特設コースで試走。スラロームや定常円旋回などでその性能を確かめた。拡大
特設コースで実感したのは、スノー路面での性能向上ぶり。ただし(これはオールシーズンタイヤ全般に言えることだが)、氷結路が苦手な点は従来製品と同じだった。
特設コースで実感したのは、スノー路面での性能向上ぶり。ただし(これはオールシーズンタイヤ全般に言えることだが)、氷結路が苦手な点は従来製品と同じだった。拡大
公道ではドライ、ウエット、シャーベット、圧雪路と、さまざまな路面のシチュエーションに遭遇。それでも4駆の「ジャガーEペース」と「ベクター4シーズンズGEN-3 SUV」の組み合わせは、終始安定した走りを披露した。
公道ではドライ、ウエット、シャーベット、圧雪路と、さまざまな路面のシチュエーションに遭遇。それでも4駆の「ジャガーEペース」と「ベクター4シーズンズGEN-3 SUV」の組み合わせは、終始安定した走りを披露した。拡大
湖畔の道で「ベクター4シーズンズGEN-3 SUV」の実力を試す筆者。
湖畔の道で「ベクター4シーズンズGEN-3 SUV」の実力を試す筆者。拡大

バンやトラック用の「カーゴ」もオススメ

この日は、2021年夏に発売された商用車向けオールシーズンタイヤ「ベクター4シーズンズ カーゴ」も試すことができた。

四季を通じて使え、必要十分な雪上性能を誇るのは、乗用車向けのベクター4シーズンズ ハイブリッド/GEN-3と同様。サイドウォールにスノーフレークマークが刻まれ、冬用タイヤ規制に対応するのもこれらと同じである。一方で、かねてロングライフ性能や低転がり抵抗性能に配慮した設計を採用している点は、経済性を重視する商用車向けタイヤらしいところだ。

145/80R12タイヤが装着されたFFの「ホンダN-VAN」では、雪道のグリップはGEN-3を上回る印象で、発進時、停止時のグリップに不安はなく、コーナーも思いどおりに駆け抜けることができる。直進安定性もまずまずで、その運転のしやすさは驚くほどだった。これなら突然の雪で足止めを食らうことはなくなるだろうし、雪予報を前にタイヤショップに駆け込む必要もないだろう。

非降雪地域のユーザーにとって、オールシーズンタイヤは安心で快適なカーライフを支える新しい選択だ。今回の試乗は雪上のみだったが、走行の大半を占めるドライ路面での静粛性や乗り心地も気になるところで、機会があればそういった環境であらためて試乗したいと思う。

(文=生方 聡/写真=webCG、日本グッドイヤー/編集=堀田剛資)

「ベクター4シーズンズ カーゴ」が装着された「ホンダN-VAN」。試走車の“軽さ”もあってか、公道試走では存外にグリップ力が高く感じられた。
「ベクター4シーズンズ カーゴ」が装着された「ホンダN-VAN」。試走車の“軽さ”もあってか、公道試走では存外にグリップ力が高く感じられた。拡大
「ベクター4シーズンズ カーゴ」のトレッドパターン。乗用車向けの「ベクター4シーズンズ ハイブリッド/GEN-3」とは異なり、Vシェイプのデザインとはなっていない。
「ベクター4シーズンズ カーゴ」のトレッドパターン。乗用車向けの「ベクター4シーズンズ ハイブリッド/GEN-3」とは異なり、Vシェイプのデザインとはなっていない。拡大
公道試走から戻ってくる各試走車。ウインター性能だけでなく、サマー性能の向上も図られた“プレミアムなオールシーズンタイヤ”は、年に数回しか雪が降らないエリアのオーナーにはオススメの選択肢といえそうだ。
公道試走から戻ってくる各試走車。ウインター性能だけでなく、サマー性能の向上も図られた“プレミアムなオールシーズンタイヤ”は、年に数回しか雪が降らないエリアのオーナーにはオススメの選択肢といえそうだ。拡大
生方 聡

生方 聡

モータージャーナリスト。1964年生まれ。大学卒業後、外資系IT企業に就職したが、クルマに携わる仕事に就く夢が諦めきれず、1992年から『CAR GRAPHIC』記者として、あたらしいキャリアをスタート。現在はフリーのライターとして試乗記やレースレポートなどを寄稿。愛車は「フォルクスワーゲンID.4」。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。