クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

KTM 1290スーパーデュークR EVO(6MT)/1290スーパーデュークGT(6MT)

進化する猛獣 2022.08.13 試乗記 KTMスポーツネイキッドのフラッグシップ「1290スーパーデュークR」。その2022年モデルに、次世代型のWP製セミアクティブサスペンションを装着した「EVO」が追加された。よりハイレベルな走りを可能にした“THE BEAST”(猛獣)の実力を報告する。

これ以上の速さは果たして必要か?

最新スポーツネイキッドのパフォーマンスはどれも凄(すさ)まじい。ハイパワーのエンジンで速さを追求するとしたらスーパースポーツのデザインのほうが理にかなっているのは当然のこと。カウルのないアップハンドルとなるとフロント荷重や高速での風の問題(フロントを持ち上げようとしてしまう)などいろいろ難しい点が出てくるのだが、それにもかかわらずスーパースポーツに匹敵するパワーを誇るものも少なくない。

今回紹介する1290スーパーデュークRにしても、最高出力は180PS。ストリートで全開にすることはできないし、サーキットでポテンシャルをフルに発揮させようとしたら、相応のライディングテクニックが必要になる。個人的には「もうこれ以上進化しなくてもいいんじゃないかな」と思うこともあるくらいなのだが、その歩みは止まらない。今回の1290スーパーデュークR EVOでは、ついに次世代のセミアクティブ電子制御サスペンションが装着された。

このサスペンションは「コンフォート」「ストリート」「スポーツ」のダンピングモードをボタンひとつで選択でき、プリロードも最大20mm、11段階の調整が可能。さらにオプションの「SUSPENSION PRO(サスペンションプロ)パッケージ」を購入すると、「トラック」「アドバンス」「オート」のダンピングモードが追加され、「ロー」「スタンダード」「ハイ」の3モードからなるプリロード自動調整機能と、アンチダイブ機能(ハードブレーキング時のノーズダイブを抑制する)が使えるようになる。このオプションの選択に際しては、新たに部品を追加する必要はない。専用のツールを使用してシステムをアクティベートすれば、セミアクティブサスペンションの性能をより引き出すことができる。

KTMの最上級スポーツネイキッド「1290スーパーデュークR」。現行型の登場は2020年で、2022年モデルより上級バージョンの「EVO」が追加された。
KTMの最上級スポーツネイキッド「1290スーパーデュークR」。現行型の登場は2020年で、2022年モデルより上級バージョンの「EVO」が追加された。拡大
「EVO」の特徴は、φ48mmの倒立フロントフォークとタンク別体型のリアモノショックに、電子制御式セミアクティブサスペンションが採用された点だ。
「EVO」の特徴は、φ48mmの倒立フロントフォークとタンク別体型のリアモノショックに、電子制御式セミアクティブサスペンションが採用された点だ。拡大
電子制御サスペンションは左スイッチボックスのコントローラーと液晶ディスプレイで操作。オプションの「サスペンションプロパッケージ」を装着すると、標準仕様にはない3つのダンピングモードとプリロードの自動調整機能、アンチダイブ機能が追加される。
電子制御サスペンションは左スイッチボックスのコントローラーと液晶ディスプレイで操作。オプションの「サスペンションプロパッケージ」を装着すると、標準仕様にはない3つのダンピングモードとプリロードの自動調整機能、アンチダイブ機能が追加される。拡大
“THE BEAST”(猛獣)という、いささか物騒なキャッチコピーで知られる「1290スーパーデュークR」。その名にたがわず、排気量1.3リッター(!)のVツインエンジンを搭載したマッチョなハイパフォーマンスモデルである。
“THE BEAST”(猛獣)という、いささか物騒なキャッチコピーで知られる「1290スーパーデュークR」。その名にたがわず、排気量1.3リッター(!)のVツインエンジンを搭載したマッチョなハイパフォーマンスモデルである。拡大

セミアクティブサスの完成度に驚かされる

今回試乗したのは、このサスペンションプロパッケージ装着車両だった。これだけ調整できる部分が多いと、短い試乗時間ですべてのフィーリングを確認することは難しいのだが、セレクターの操作やモニターの表示が分かりやすく、直感的にセッティングが変更できることはありがたかった。

激しい走りを想定した大パワースポーツネイキッドとなると、サスペンションの設定もそれなりにハードになるのが普通だ。しかしそこはセミアクティブサスペンション。コンフォートモードに設定しておけば、ストリートでも乗り心地の悪さを感じることはない。低いスピードレンジでも前後のサスがよく動いてくれるので、交差点を曲がるような低荷重域の旋回でもバイクをコントロールしやすい。

スポーツモードにすればダンピングの設定が変化して無駄な動きが抑えられ、思い切った操作をしても姿勢が乱れることはない。アンチダイブの利き方は自然だから作動していることは分からないのだけれど、キャスターが立っていてライダーの着座位置が前のほうにあるスーパーデュークのようなバイクでは、ハードブレーキング時の効果は大きいはずだ。

他方で、モードを変えても常に感じられたのがフロントの安定感と素直なハンドリングだった。スーパーデュークが初めて登場した頃は、カミソリのような鋭さがあったものだが、進化していくごとにクセがなくなり、自然な感覚になっていった。このマシンではそれが高性能な電子制御サスペンションの恩恵で、さらに完成されたものとなっている。

車両重量は200kg(燃料除く)。標準モデルの「1290スーパーデュークR」より2kg増している。
車両重量は200kg(燃料除く)。標準モデルの「1290スーパーデュークR」より2kg増している。拡大
シート高は835mmと高め。シート下のボディーはスリムで足は素直に下せるのだが、それでもスタンドを払っての引き起こしにはコツがいる。
シート高は835mmと高め。シート下のボディーはスリムで足は素直に下せるのだが、それでもスタンドを払っての引き起こしにはコツがいる。拡大
ブレーキは、前がφ320mmのツインディスクとブレンボ製4ピストンモノブブロックキャリパー、後ろがφ240mmのディスクとツインピストンフローティングキャリパーの組み合わせだ。
ブレーキは、前がφ320mmのツインディスクとブレンボ製4ピストンモノブブロックキャリパー、後ろがφ240mmのディスクとツインピストンフローティングキャリパーの組み合わせだ。拡大
タイヤサイズは前が120/70ZR17 、後ろが200/55ZR17。同車専用に設計されたという「ブリヂストン・バトラックス ハイパースポーツS22」が装着される。
タイヤサイズは前が120/70ZR17 、後ろが200/55ZR17。同車専用に設計されたという「ブリヂストン・バトラックス ハイパースポーツS22」が装着される。拡大

乗りやすくてもやっぱり“猛獣”

ストリートを走りだして、すぐに感じたのがエンジンの軽い回り方だった。KTMのエンジンは、どれもスムーズで俊敏な回り方をするのだが、1301ccも排気量があるとは思えないような軽やかさなのだ。ビッグツインで想像するような激しいトルクや鼓動感とは別物だ。最初はエンジンのパワーモードをストリートにして走っていたが、3000rpm前後を使って走っている時のスムーズさと気持ちよい回り方には感動を覚えるくらいだった。激しいスポーツネイキッドであることをまったく忘れてしまうくらい、心地よいフィーリングなのである。

スポーツモードに変えるとレスポンスは鋭くなるが、スピードレンジが低いタイトなワインディングロードでは、スロットルの開けはじめのツキが鋭くなりすぎて、ギクシャクしてしまうこともある。低速ギアで走るようなワインディングの場合は、ストリートモードのままのほうが扱いやすい。それでも十分すぎるくらいのレスポンスとパワーだ。

7000rpmを超えると180PSの豪快な加速を味わうことができるが、全開時に注意しなければならないのはライディングポジション。スーパースポーツに比べると乗車姿勢が立ち気味なことに加え、“アップハン”でのスポーツライディングを考えてステップが比較的前に取り付けられているので、加速する時はライダーがきちんと前傾姿勢を意識してやらないと、上体がのけぞってハンドルを引っ張り気味になってしまうことになる。そんな時でも完成度が高い車体とサスペンション、マネジメントシステムによって安定性は保たれているのだが、もしもスロットルを大きく開ける時は、180PSのモンスターであることを忘れてはならない。

クイックシフターはスポーティーな走りをサポートしてくれる装備で、特に4000rpmを超えたあたりからはスムーズな変速をみせてくれる。ただし、シフトアップはスムーズだがシフトダウンではエンジンがブリッピングするものの多少ショックがある。この部分のスムーズさが加わると、スポーツライディングの質がさらに上がることだろう。

カラーリングは「シルバー×オレンジ」と「ブルー×ブラック」(写真)の2種類が用意される。
カラーリングは「シルバー×オレンジ」と「ブルー×ブラック」(写真)の2種類が用意される。拡大
排気量1301ccのV型2気筒エンジン「LC8」。1気筒あたり2つのスパークプラグが備わっており、ハイパワー化と燃焼効率の改善が図られている。
排気量1301ccのV型2気筒エンジン「LC8」。1気筒あたり2つのスパークプラグが備わっており、ハイパワー化と燃焼効率の改善が図られている。拡大
ライドモードは「レイン」「ストリート」「スポーツ」の3種類。オプションで用意される「トラック」モードを選択すると、ホイールのスリップレベルやスロットルの応答性、トラクションコントロールの介入度合いなどを、個別に調整することができる。
ライドモードは「レイン」「ストリート」「スポーツ」の3種類。オプションで用意される「トラック」モードを選択すると、ホイールのスリップレベルやスロットルの応答性、トラクションコントロールの介入度合いなどを、個別に調整することができる。拡大
スロットルを開けると体がのけぞるほどの加速を披露する「1290スーパーデュークR EVO」。いかに優れた車体とサスペンション、電子制御を備えたモデルとはいえ、油断は禁物だ。
スロットルを開けると体がのけぞるほどの加速を披露する「1290スーパーデュークR EVO」。いかに優れた車体とサスペンション、電子制御を備えたモデルとはいえ、油断は禁物だ。拡大

「GT」はもう少し穏やかであっていい

同じ日に試乗した「1290スーパーデュークGT」は、1290スーパーデュークRをベースとしたスポーツツアラーだ。カウルが装着されていることに加え、ポジションやタイヤが違うのでハンドリングがずいぶん安定している。コーナーでは体重移動をさぼってもマシン任せで旋回してくれるイージーさがある。

エンジンは最高出力がわずかに低い(175PS)反面、トルクは大きいので低中速ではRよりも若干力強い。低回転域でもツキがいいので、低速コーナーでスロットルオンした時、Rではまったく現れなかったギクシャク感が多少出てしまう。低回転域のフィーリングもRのほうがスムーズ(どちらもストリートモードで比較)。ツアラーとしての性格を考えたら、ストリートモードでのレスポンスをもう少し穏やかにしたほうが疲れは少ないだろう。

冒頭で、大排気量スポーツネイキッドはもうこれ以上進化しなくてもいいのではないかと思っていると書いたが、今回1290スーパーデュークR EVOに乗ってみて、ずいぶん考えが変わった。速さと乗りやすさを両立させているだけでなく、実用速度域での快適性や楽しさまでも感じられるマシンになっていたからだ。ハイパフォーマンスなマシンをおとなしく走らせると、マシンから急(せ)かされているような感じがしたり、あるいは本来の面白さが味わえなかったりすることにストレスを感じることも少なくないのだが、1290スーパーデュークR EVOの完成されたエンジンと電子制御サスに支えられた車体には、そういったストレスを感じることがまったくなかった。

しかし、どんなに乗りやすくなったとしてもスポーツライディングの楽しさをスポイルしないのがKTMのマシンづくり。それを実証したのが今回の1290スーパーデュークR EVOというマシンなのである。

(文=後藤 武/写真=向後一宏/編集=堀田剛資)

KTMのラインナップでは唯一のツアラーモデルとなる「1290スーパーデュークGT」。2022年モデルではグラフィックが刷新された。
KTMのラインナップでは唯一のツアラーモデルとなる「1290スーパーデュークGT」。2022年モデルではグラフィックが刷新された。拡大
新たに装備された7インチのTFT液晶ディスプレイ。新設計のスイッチとも相まって、各種制御の切り替えが簡単にできるようになった。
新たに装備された7インチのTFT液晶ディスプレイ。新設計のスイッチとも相まって、各種制御の切り替えが簡単にできるようになった。拡大
2022年モデルの「GT」は、現行型「1290スーパーデュークR」と同じ5スポークアルミホイールを採用。従来型より1kgのバネ下重量軽減を実現した。
2022年モデルの「GT」は、現行型「1290スーパーデュークR」と同じ5スポークアルミホイールを採用。従来型より1kgのバネ下重量軽減を実現した。拡大
普段使いの速度域でもストレスがないのはもちろん、快適性や楽しさまで感じられるようになっていた「1290スーパーデュークR EVO」。これ以上のハイパフォーマンス化はいかがなものかと思う昨今のスポーツネイキッドだが、こうした進化なら大歓迎だ。
普段使いの速度域でもストレスがないのはもちろん、快適性や楽しさまで感じられるようになっていた「1290スーパーデュークR EVO」。これ以上のハイパフォーマンス化はいかがなものかと思う昨今のスポーツネイキッドだが、こうした進化なら大歓迎だ。拡大
KTM 1290スーパーデュークR EVO
KTM 1290スーパーデュークR EVO拡大
 
KTM 1290スーパーデュークR EVO(6MT)/1290スーパーデュークGT(6MT)【試乗記】の画像拡大

テスト車のデータ

KTM 1290スーパーデュークR EVO

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=--×--×--mm
ホイールベース:1497mm
シート高:835mm
重量:200kg(燃料除く)
エンジン:1301cc水冷4ストローク V型2気筒DOHC 4バルブ
最高出力:180PS(132kW)/9500rpm
最大トルク:140N・m(14.3kgf・m)/8000rpm
トランスミッション:6段MT
燃費:5.6リッター/100km(約17.9km/リッター、WMTCモード)
価格:249万9000円

KTM 1290スーパーデュークGT
KTM 1290スーパーデュークGT拡大
 
KTM 1290スーパーデュークR EVO(6MT)/1290スーパーデュークGT(6MT)【試乗記】の画像拡大

KTM 1290スーパーデュークGT

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=--×--×--mm
ホイールベース:1482mm
シート高:835mm
重量:216kg(燃料除く)
エンジン:1301cc水冷4ストローク V型2気筒DOHC 4バルブ
最高出力:175PS(128.7kW)/9750rpm
最大トルク:141N・m(14.4kgf・m)/7000rpm
トランスミッション:6段MT
燃費:5.7リッター/100km(約17.5km/リッター、WMTCモード)
価格:244万9000円

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
関連記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。