クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

【モビリティー・オブ・ザ・フューチャー】これからのカーデザイン

未来のクルマはどこを目指す? ドイツメーカーのトップデザイナーにインタビュー 2022.11.08 アウトビルトジャパン AUTO BILD 編集部 未来はいったいどこに向かって走っているのだろう? 10年後、15年後に、私たちはどのように運転しているのだろうか? そして、何と一緒に? クルマの未来の姿について、ドイツで最も重要視されるカーデザイナーたちに聞いた。

※この記事は「AUTO BILD JAPAN Web」より転載したものです。

頭の中のものごとが現実になる

自動車メーカーの未来を知りたければ、デザイナーに聞くしかない。その答えは理解困難な論文? そんなことはない。デザイナーには強みがある。彼らは頭の中でものごとを考え、形にすることができる。そして、少なくとも紙の上では、それが現実のものとなるのだ。

それらを生み出す段階では、技術的な実現可能性や市場機会など、彼らにとっては何の問題でもない。そして、自由な発想ができる人たちは、さらに先のことを考える。より過激に。まったく違うことを。そしてそれこそが、未来への道を構成するものなのだ。

つまり、新しい考えは、それが私たちの道路に登場するにつれて、ますます現実味を帯びてくるのだ。そこでわれわれは、ドイツの最も重要なカーデザイナーたちに質問してみた。10年後、15年後、私たちはどのように運転しているだろうか?

可能性はある。もしかしたら可能かもしれない。そして常に刺激的だ。

フォルクスワーゲン グループが2022年9月に発表したデザインスタディー「GEN.TRAVEL」。レベル5の自動運転が可能なEVで、自在にカスタマイズ可能なキャビンがエキサイティングな移動を実現するという。
フォルクスワーゲン グループが2022年9月に発表したデザインスタディー「GEN.TRAVEL」。レベル5の自動運転が可能なEVで、自在にカスタマイズ可能なキャビンがエキサイティングな移動を実現するという。拡大
フォルクスワーゲン の中古車

フォルクスワーゲン:多様性万歳、すべてが可能になる

2020年、クラウス・ジシオラは、所属するグループと同様に多くの変化を遂げた。2007年からは、全世界のフォルクスワーゲンブランドのデザインを担当し(彼のチームと一緒にID.ファミリーをつくった)、2020年4月からはフォルクスワーゲン グループ全体のデザイン責任者として、13ブランドのデザイン戦略を担当している。

彼はわれわれのために2枚のスケッチを見せてくれた。それは、(ハンドルのない)自動車、公共交通機関、そして自転車が交通エリアを調和的に共有している都市の風景だ。

しかし彼は、10年後、15年後に、私たちが本当に自律的に運転するようになるかどうかはわからないとも言う。「複雑な都市交通では、クルマが勝手に走るのは最後になるでしょう」。一方で、都市部以外の高速道路や一般道では、事態は急速に進展するだろうと彼は述べるとともに、法律が許せば、グループ内で余剰な技術が使えるようになるだろうと語った。

フォルクスワーゲン グループのデザイン部門責任者を務めるクラウス・ジシオラ。
フォルクスワーゲン グループのデザイン部門責任者を務めるクラウス・ジシオラ。拡大

「エアストリーム」にインスピレーションを受ける

1930年代に登場したキャンピングトレーラー「エアストリーム」、外観は無塗装のアルミ製だ。人々は、自ら運転してバケーションスポットに向かう明日のモーターホーム(乗客は側面の窓から景色を楽しむことができる)、つまり車輪の付いた家のようなものにインスピレーションを受けた。「また、今回のコロナの危機は、旅行が将来的に変化することを示しています。飛行機に乗る人は減り、家とともに移動したいと思う人が増えるでしょう」とチーフデザイナーは語る。

クラウス・ジシオラ(写真手前)は、「将来、私たちがどのように移動するかは根本的に変わるでしょう。飛行機の便数は減り、人々は自分の家を持ち歩くようになるでしょう」と語る。
クラウス・ジシオラ(写真手前)は、「将来、私たちがどのように移動するかは根本的に変わるでしょう。飛行機の便数は減り、人々は自分の家を持ち歩くようになるでしょう」と語る。拡大

アウディ:私たちは、内側からクルマを開発する

変化はしばしばトップダウンで起こる。これは、アウディの新しいボス、マルクス・デュースマンのことではなく(たとえ彼が現在、多くのことを推し進めているとしても)、自動車世界のことを指している。

どちらかというと保守的な顧客層が多いにもかかわらず、そこではさまざまなことが試され、それが後に小型モデルで大量に流通するようになるのだ。今回、アウディのチーフデザイナーであるマーク・リヒテが選んだのは、Dセグメントの未来のクルマだった。

「私たちは、過去100年間にどのようにクルマを開発してきたかを考えました。プラットフォームがあって、内燃機関があって、その上におそろいの帽子がかぶせてある。しかし今、パワートレインが内燃機関から電気に切り替わっているのと同じように、クルマのコンセプトを抜本的に見直したらどうでしょうか。つまり、クルマを内側から開発するということです」とリヒテは語る。「そうすれば、ひとつのアプリケーション領域にのみ特化してクルマを設計することができます」。

アウディが現在「A8」を提供しているDセグメントでは、これまでにない空間コンセプトが実現する可能性がある。アウディでは、これまでのビジネスセダンがまさにこのような快適性を、かつて提供していたことを話題にしている。ビジネスクラスだ。しかし、もしもファーストクラスの快適さを提供するようなクルマをつくるとしたら? それは結局、内側から考え、デザインし直さなければできないことだ。

しかし、だからといってデザインやルックスが面白くなくなるわけではない。「クワトロブリスターは、これからも大切にしていきたいと思います。見た目が良いだけでなく、私たちのアイデンティティーの一部になっています」とリヒテは言う。

AUTO BILDのために彼がデザインしたものは、その意味するところを示している。つまり、ほとんど一枚板のようなボディーで、どこからどこまでがウィンドウエリアなのかと思わせるような、明日の大型セダンなのだ。

アウディのチーフデザイナー、マーク・リヒテが描いた“未来のクルマ”。それは、伸びやかなスタイリングの大型セダンだった。
アウディのチーフデザイナー、マーク・リヒテが描いた“未来のクルマ”。それは、伸びやかなスタイリングの大型セダンだった。拡大

メルセデス・ベンツ:10年後に青い奇跡を経験する人はいないだろう

ゴーデン・ワグネルは、変化についてよく知っている。彼が2008年にダイムラーAGのデザイン責任者に就任したとき、ブランドはデザイン上の問題を抱えていた。すっきりとしたプロポーションと、明確ではないポジショニング。

顧客は年配者で、デザインはクラシックとヒップの間でバランスをとろうとしていた。しかし、ワグネルはまったく新しいデザイン戦略を導入した。そして、ブランドをより国際的なものにしただけでなく、よりスポーティーで若々しいものにしたのだ。

少し前の「Aクラス(幅が狭く、背が高い)」と、彼の最初の「Aクラス(スポーティーで平べったい)」を見れば、誰もがこの変化を理解できるだろう。一方で、彼は自分の革命を進化させている。少ないライン、彫刻的な表面、「モダンラグジュアリー」と彼は呼んでいる。例えば、「EQC」はメルセデスのように見えるが、重要な細部では異なっている。エレクトリックメルセデスの外観は、「EQS」スタディーモデルが示すように、今後も変化し続けるだろう。新型「Sクラス」とは根本的に異なるデザインで、空気力学的に最適化された、流れるようなフォルムが特徴だ。

そして未来は? ゴーデン・ワグネルは、モビリティーの未来とメルセデスについてのスケッチを描き、語ってくれた。「スリーポインテッドスターのために選択しなければなりませんでした。というのも、AUTO BILDにはすべての新製品を掲載するにはスペースが足りないからです。このスケッチには、燃料電池トラックの『GenH2』が『ブルーワンダー2.0』として描かれており、荷台には次期EQSのワンボウデザインを採用したEQブランドの4ドアクーペ、そして40年以上にわたりメルセデスのアイコンである『Gクラス』と、未来のバンの可能性が描かれています。10年後には、大型車から小型車まで、あらゆるセグメントが電動化されていることでしょう」。

「EQモデルは、今後数十年にわたって私たちのスタイルを形成していくことでしょう。ユニークなワンボウデザイン、ロングホイールベース、そして完全にクリーンでビードレスなボディー。メルセデスにとって未来とは、電気駆動、最先端のプラグイン駆動、先駆的な安全性、次世代のアシスタンスシステムを意味します」。

「すべてのメルセデスには、130年以上にわたってスターの名声を保ってきた現代的なラグジュアリーが備わっています。私たちメルセデスのデザインチームは、顧客が最も憧れるブランドを絶賛するような特別な方法で、ブランドや製品を演出する努力を決して怠りません。もちろん、メルセデス・ベンツの好きな方はこれからも星を追いかけて真っすぐ未来に向かうことができます」。

また、スタディーとして示されているGenH2は、確実に現実のものとなる。ダイムラーは、トラック部門で燃料電池に着目している。そして、2035年には大型商用車の約95%が水素で動くようになると想定している。

EQSはより速くなり、早ければ2023年には道路を走っているはずだ。「未来のバンの可能性」とは、最近、電気自動車の「EQV」バージョンが登場した「Vクラス」の後継車のことだろう。常に自分自身に忠実であり続けてきたGクラスは、あらゆる変化にもかかわらず、ずっと残るのだろうか……。

ゴーデン・ワグネルが描いてくれたスケッチ。大型の水素トラックの荷台に積まれているのは、(左から順に)ピギーバックバン、セダン、そしてSUVの「Gクラス」。
ゴーデン・ワグネルが描いてくれたスケッチ。大型の水素トラックの荷台に積まれているのは、(左から順に)ピギーバックバン、セダン、そしてSUVの「Gクラス」。拡大

BMW:ドライブトレインはデザインに関与しない

BMWのチーフデザイナーであるドマゴイ・ドゥケックは、AUTO BILDの取材で未来を見据えるとき、まず過去を浮かび上がらせる。

「ノイエクラッセ(ニュークラス)つまり『1600』は、今日でもBMWブランドの中核を形成しています。このクルマが登場するまでは、スポーツカーに乗るかセダンに乗るかのどちらかでしたが、1600で初めてその両方が可能になったのです」と語る。

その後、「3シリーズ」「5シリーズ」「7シリーズ」と、スポーティーかつエレガントなセダンが、長年にわたってBMWのイメージを決定づけてきた。「しかし、お客さまの要求は変化しています。現在、販売台数の60%はSUVです」とドュケックは言う。「そして、さらなる変化は、もちろんこれからも続いていくでしょう。それもこれも、私たちの世界があるおかげです」。

「今日、私たちはすべての製品が個別につくられることに慣れています。棚からぼた餅のようなものは、もうありません」。加えて、インテリアの重要性も増しているという。「そして、これが私たちデザイナーにとっての大きな課題です。完璧な空間とは、箱のことです。しかしBMWは決して箱のように見えてはならないのです。視覚的には、BMWの焦点は、とにかく機能性ではなく感情にあるのです」とドュケックは語る。

「それは、『X6』や『グランクーペ』に対するお客さまの親和性の高さを示すものです」。明日の課題は、ホフマイスターキンク(Cピラーの角張ったウィンドウライン)のような現在のアイコンを新しいアイコンに変えることだと彼は言う。「例えば、特別なガラスの色合いを考えています。これはBMWでしか手に入らないものです。プライベートな空間を求める気持ちを、そのようにデザインしています」。

優れたデザインは依然として重要ですか? 「『i3』はその典型的な例です。他のBMWとはまったく異なり、かつてはバカにされていましたが、今ではロンドンなどでITカーとして活躍しています」。

(Text=AUTO BILD/Photos=Volkswagen AG, Audi AG, Mercedes Benz AG, BMW AG)

記事提供:AUTO BILD JAPAN Web(アウトビルトジャパン)

「完璧な空間とは箱のこと。しかしBMWは決して箱のように見えてはならない」とは、BMWのチーフデザイナーであるドマゴイ・ドゥケックの言葉。そのコンセプトモデルのイメージには、SUV的なデザイン要素が見て取れる。
「完璧な空間とは箱のこと。しかしBMWは決して箱のように見えてはならない」とは、BMWのチーフデザイナーであるドマゴイ・ドゥケックの言葉。そのコンセプトモデルのイメージには、SUV的なデザイン要素が見て取れる。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フォルクスワーゲン の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。