「MINIロードスター」日本での価格決まる

2012.01.19 自動車ニュース

「MINIロードスター」受注開始 価格は334万円から

BMWジャパンは2012年1月19日、MINIブランドのニューモデル「ロードスター」の受注を開始した。

既報のとおり、2011年10月末に情報が公開されたMINIのオープン2シーターモデル「ロードスター」。今回、日本市場における価格が発表されるとともに、受注が開始された。

ラインナップは、主にエンジンのパフォーマンスをたがえる3種類。自然吸気の1.6リッター直4(122ps)を搭載する「MINIクーパー ロードスター」、1.6リッター直4ターボ(184ps)の「MINIクーパーS ロードスター」、そしてハイチューンが施された1.6リッター直4ターボ(211ps)を積む「MINIジョンクーパーワークス ロードスター」という顔ぶれだ。

トランスミッションは、「MINIジョンクーパーワークス ロードスター」が6段MTのみ。その他のモデルは、6段MTと6段ATが選べる。ハンドル位置は、すべて右のみとなる。

価格は、以下のとおり。

・MINIクーパー ロードスター(6MT):334万円
・MINIクーパー ロードスター(6AT):347万円
・MINIクーパーS ロードスター(6MT):364万円
・MINIクーパーS ロードスター(6AT):377万円
・MINIジョンクーパーワークス ロードスター(6MT):451万円

デリバリーは、2012年3月ごろからスタートする見通し。

(webCG 関)

関連キーワード:
MINIロードスター, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/7AT)【試乗記】 2018.8.25 試乗記 トランスミッションが変更されるなど、大規模なマイナーチェンジを受けたMINIに試乗。今回のテスト車は4シーターオープンの「クーパーS コンバーチブル」。風を感じながらのドライブで、最新モデルの出来栄えをチェックした。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.18 試乗記 新型「MINIクーパーS コンバーチブル」に試乗。そのつくりも世界観も完成の域に達した感がある“BMW MINI”のオープンモデルは、われわれにいかなる走行体験をもたらしてくれるのだろうか。
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.25 試乗記 現行型MINIの3モデルが、デビューから4年を経て大幅にマイナーチェンジ。デュアルクラッチ式ATの採用とサスペンションの改良は、このクルマにどんな変化をもたらしたのか? スペイン・マヨルカ島での試乗で感じた、進化の程をリポートする。
  • MINIクーパー コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.25 試乗記 3代目となる現行型「MINI」に、待望の「コンバーチブル」が登場。従来モデルから変わったところ、受け継いだところを確かめながら、MINIならではのユニークなスタイリングとオープン・エア・ドライブが織り成す魅力にどっぷりとひたった。
  • ジャガーFタイプ クーペ/Fタイプ コンバーチブル【海外試乗記】 2020.2.19 試乗記 マイナーチェンジでフロントフェイスの印象が大きく変わった、ジャガーのスポーツカー「Fタイプ」。では、その走りはどうか? 欧州ポルトガルで、タイプの異なる3モデルに試乗した。
ホームへ戻る