アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【海外試乗記】』の記事ページへ戻る
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6アバント55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.5.28 試乗記 世界的なSUVブームとなって久しいが、アウディは「アバント」の名称でスタイリッシュなワゴンを綿々とつくり続け進化させている。SUVに押され、このままワゴンは“オワコン”になってしまうのか? 新型「A6アバント」に乗り、ワゴンという選択肢をあらためて考えてみた。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.15 試乗記 アウディ スポーツが開発を手がけた、「A4」シリーズのトップモデル「RS 4アバント」に試乗。その走りは、ドイツで生まれた高性能マシンならではの“クールな全能性”を感じさせるものだった。
  • アウディA6セダン55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.4.18 試乗記 2019年3月に日本導入が始まったアウディの新型「A6」。同時にデビューした「セダン」とステーションワゴンの「アバント」のうち、まずは3リッターV6エンジンにマイルドハイブリッドシステムを組み込んだセダン「55 TFSIクワトロ」の印象を報告する。
  • アウディA6 55 TFSIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.6.25 試乗記 アウディの上級モデル「A6」が5代目に進化。新しいプラットフォームとエンジン、そして48Vマイルドハイブリッド機構を備えた新型は、どのような走りを実現しているのか? まず日本に導入されたV6ユニットの上級グレード「55 TFSIクワトロ」で試した。
  • 「プジョー508」のステーションワゴン版「508SW」発売 5人乗車時の荷室容量は先代を大きく上回る530リッターに 2019.7.4 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年6月27日、新型ステーションワゴン「プジョー508SW」を発売した。同車は2018年のパリモーターショーでワールドプレミアされたモデルで、後席を倒して得られる荷室スペースは最大1780リッターにも及ぶ。
ホームへ戻る