アウディA6 2.8 FSIクワトロ(4WD/6AT)【試乗記】』の記事ページへ戻る
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディQ3スポーツバック【海外試乗記】 2019.9.24 試乗記 アウディのSUVラインナップに、ファストバックスタイルのCセグメントモデル「Q3スポーツバック」が登場。ドイツ・アイメルディンゲンでの試乗を通し、2020年半ばの日本導入が予想されるニューモデルの出来栄えを確かめた。
  • BMW初のコンパクト4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」日本上陸 2019.10.31 自動車ニュース BMWジャパンは2019年10月31日、新型車「BMW 2シリーズ」のモデルラインナップに「グランクーペ」を追加すると発表し、同日、予約注文受け付けを開始した。納車は2020年4月以降に開始される予定だ。
  • メルセデス・ベンツA250 4MATICセダン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.31 試乗記 メルセデス・ベンツのエントリーモデル「Aクラス」に、オーセンティックないでたちの「セダン」が登場。FFベースならではの高効率なパッケージを持つニューモデルは、FRセダン「Cクラス」に迫る実力の持ち主だった。
  • メルセデスAMG A35 4MATICエディション1(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.25 試乗記 メルセデスAMGの新たなエントリーモデルとして「A35 4MATIC」が登場した。同じ2リッター直4ターボエンジンを積む最強モデル「AMG A45 S 4MATIC+」の421PSに対して、こちらは306PSとやや控えめな出力。峠道を模したクローズドコースでその実力を確かめた。
  • 第39回:アウディA6 2019.7.3 カーデザイナー明照寺彰の直言 アウディ伝統のEセグメントモデル「A6」が、5代目にモデルチェンジ。新世代のシャシーやパワートレインの採用など、その“中身”が話題を呼んでいる新型だが、“外見”=デザインの出来栄えはどうなのか? 現役のカーデザイナー明照寺彰が斬る。
ホームへ戻る