第19回「ダイハツ・ミラ イース」vs「ホンダN BOX」vs「フォルクスワーゲンup!」(前編)

2013.10.11 水野和敏的視点

「燃費ナンバーワン」対「販売ナンバーワン」

前回このコーナーでは、革新的な国産小型車「ホンダ・フィット」を取り上げました。そして今回からは2度にわたって、日本の軽自動車を見ていきます。
テスト車は、リッター33.4kmのカタログ燃費を誇る「ダイハツ・ミラ イース」と、ホンダの新しいスーパーハイトワゴン「N BOX」。軽自動車の本分に立ち返って、複雑なシステムを使わずに経済性を追求したミラ イース。軽第3位のメーカーに甘んじていたホンダが満を持して投入した、Nシリーズのトップバッター。両車は、どんな内容に仕上がっているのでしょうか?

また今回は、基本的に国内向けに開発された軽自動車と比較するため、フォルクスワーゲンの世界戦略車「up!」にも乗ってみました。全長3545×全幅1650×全高1495mmと、軽規格よりひとまわり大きなボディーを、1リッター直列3気筒(75ps、9.7kgm)で引っ張ります。カタログに表れる数値以上に違いが感じられるのか? そのへんを探っていきます。

用意されたup!は、特別仕様の「black-up!」(199万円)。内外装を黒で統一したオシャレバージョンです。up!というと、鬼才ワルター・デ・シルバの手になるポップな外観に目がひかれますが、むしろ、小型車の基本に忠実な設計、堅実なつくりに感心させられます。

例えばリアシート。Cピラー、ドアの形状がよく考えられているので、無理な姿勢を強いられることなく、スッと乗り込める。頭をブツける心配もない。シートの座面は高め。足を前に放り出すスタイルは取れないので、足元に窮屈さを感じない。up!の場合は、そのうえ床面が手前に向かって少し傾いているので、さらに足を安定して載せられます。

バックレストも、むやみに立てていない。自然な姿勢で座れ、かつインパネまでの距離が取れるので、視覚的にも、室内を広く感じるのです。小型車のお手本のような後席です。


第19回「ダイハツ・ミラ イース」vs「ホンダN BOX」vs「フォルクスワーゲンup!」(前編)の画像 拡大

第19回「ダイハツ・ミラ イース」vs「ホンダN BOX」vs「フォルクスワーゲンup!」(前編)の画像 拡大
フォルクスワーゲンblack up!
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3545×1650×1495mm/ホイールベース:2420mm/車重:920kg/駆動方式:FF/エンジン:1リッター直3 DOHC 12バルブ/トランスミッション:5AT/最高出力:75ps/6200rpm/最大トルク:9.7kgm/3000-4000rpm/タイヤ:(前)185/50R16 (後)185/50R16/価格:199万円
フォルクスワーゲンblack up!
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3545×1650×1495mm/ホイールベース:2420mm/車重:920kg/駆動方式:FF/エンジン:1リッター直3 DOHC 12バルブ/トランスミッション:5AT/最高出力:75ps/6200rpm/最大トルク:9.7kgm/3000-4000rpm/タイヤ:(前)185/50R16 (後)185/50R16/価格:199万円 拡大

関連キーワード:
ミライース, up!, N-BOX, ダイハツ, フォルクスワーゲン, ホンダ

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る