第22回「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ」(前編)

2013.11.01 水野和敏的視点

エントリーモデルという位置付け

今回から数回にわたり、1500万円級のプレミアムラグジュアリーなハイブリッドセダンをテストします。まず、今回と次回の2回で、モデルチェンジしたばかりの「メルセデス・ベンツSクラス」のハイブリッドモデル「S400ハイブリッド エクスクルーシブ」(1270万円)を取り上げます。その次に、「レクサスLS600hL エグゼクティブパッケージ」の4人乗り仕様(1550万円)と「ポルシェ・パナメーラS ハイブリッド」(1483万円)を交えて、日独のフラッグシップサルーンにおける、ハイブリッドシステムに対する考え方の違いを浮き彫りにできればと考えています。

では、早速今年10月に日本デビューを果たしたばかりのメルセデス・ベンツS400ハイブリッドを見ていきましょう。8年ぶりのモデルチェンジとなったSクラス。時代の要求だと思いますが、興味深いのは、ハイブリッドシステムを搭載する「S400ハイブリッド」が1090万円から用意され、事実上のエントリーモデルとなっていることです。

「BlueDIRECTハイブリッドシステム」は、3.5リッターV6ガソリンエンジン(306ps、37.7kgm)を、エンジンとトランスミッションの間に置かれた電気モーター(27ps、25.5kgm)と組み合わせるシステムです。バッテリーは、リチウムイオン。「回生ブレーキ」や「モーターアシスト」のほか、条件さえそろえば、35km/hまでモーターだけで走れます。高速巡航時にパワープラントを切り離して燃費向上を図る「セーリング機能」も備わります(特にこの高速巡航時の切り離しは、ハイブリッド車にとって、とても大事な機能なんです)。

用意された試乗車は、19インチタイヤを履き、豪華なナッパレザーシートを備える上級仕様のS400ハイブリッド エクスクルーシブです。
しかし、ダイヤモンドシルバーのボディーカラーにペイントされた外観をつぶさに眺めていくと、ここまで来た空力処理の素晴らしさに感嘆する一方で、建て付け精度の不足という、何とも表現できない点もありました。


第22回「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ」(前編)の画像 拡大

第22回「メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ」(前編)の画像 拡大
メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5116×1899×1493mm/ホイールベース:3035mm/車重:--kg/駆動方式:FR/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:7段AT/エンジン最高出力:306ps/6500rpm/エンジン最大トルク:37.7kgm/3500-5250rpm/モーター最高出力:27ps/モーター最大トルク:25.5kgm/タイヤ:(前)245/45R19 (後)275/40R19/価格:1270万円
メルセデス・ベンツS400ハイブリッド エクスクルーシブ
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5116×1899×1493mm/ホイールベース:3035mm/車重:--kg/駆動方式:FR/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:7段AT/エンジン最高出力:306ps/6500rpm/エンジン最大トルク:37.7kgm/3500-5250rpm/モーター最高出力:27ps/モーター最大トルク:25.5kgm/タイヤ:(前)245/45R19 (後)275/40R19/価格:1270万円 拡大

関連キーワード:
Sクラス セダン, メルセデス・ベンツ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.5 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に、ディーゼルのストレート6を搭載する「S400d」が登場。快音を発するトルキーなエンジンと絶妙の足まわりが実現するその走りは、古典的なクルマ好きをもうならせる味わいに満ちていた。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • 次世代運転支援システムを採用 「メルセデス・ベンツEクラス」がマイナーチェンジ 2020.3.6 自動車ニュース 独ダイムラーは、2020年3月3日(現地時間)、「メルセデス・ベンツEクラス」のマイナーチェンジモデルを発表した。現行モデルでは初の大規模改良であり、内外装のリフレッシュに加え、安全装備の進化・充実などが図られている。
  • メルセデスAMG E53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.10 試乗記 2種類の過給機とマイルドハイブリッドシステムを搭載する、メルセデスの新型セダン「AMG E53」。その走りは極めてスポーティーでありながら、昔ながらのやんちゃな高性能モデルとは違った楽しさに満ちたものだった。
ホームへ戻る