ホンダの新型軽ハイトワゴン「N-WGN」登場【東京モーターショー2013】

2013.11.20 自動車ニュース
「ホンダNーWGNカスタム」
「ホンダNーWGNカスタム」 拡大

【東京モーターショー2013】ホンダの新型軽ハイトワゴン「N-WGN」登場

本田技研工業は2013年11月20日、新型軽乗用車「N-WGN(エヌワゴン)」を発表した。同年11月22日に販売を開始する。

「ホンダNーWGNカスタム」(左)と「NーWGN」(右)
「ホンダNーWGNカスタム」(左)と「NーWGN」(右) 拡大
「ホンダNーWGNカスタム」
「ホンダNーWGNカスタム」 拡大
「ホンダNーWGNカスタム」
「ホンダNーWGNカスタム」 拡大
「ホンダNーWGNカスタム」
「ホンダNーWGNカスタム」 拡大
「ホンダNーWGNカスタム」
「ホンダNーWGNカスタム」 拡大
「NーWGN」
「NーWGN」 拡大
「NーWGN」
「NーWGN」 拡大
「NーWGN」
「NーWGN」 拡大

「N-WGN」は、2011年12月発売の「N BOX」、2012年7月の「N BOX+」2012年11月の「N-ONE」に続く「N」シリーズの第4弾。
「スズキ・ワゴンR」「ダイハツ・ムーブ」などの人気車が名を連ねる、軽最大の激戦区ハイトワゴン(全高1550〜1700mm)市場に導入されるニューモデルだ。

N-WGNのコンセプトは「あたらしいベーシック」。軽自動車という枠を超えた「欲張りなクルマ」を目指したという。
センタータンクレイアウトを採用するNシリーズのプラットフォームに、全高1655mm(4WDは1675mm)のボディーを組み合わせ、室内幅は1355mmと軽トップクラスを誇る。
後席は200mmのスライド幅を実現し、後席を最大限後ろに下げた状態でもA型のベビーカーを立てて収納できるという深さのある荷室を特徴としている。
室内の収納スペースも豊富に用意される。ボックスティッシュ4箱が収まるグローブボックスや、簡易的なテーブルとしても使用可能なドリンクホルダー付きの「センターコンソールスライドトレイ」、センタータンクレイアウトを生かし、傘や靴などを収納できる後席下のトレイなどを装備する。

搭載されるエンジンは、Nシリーズの658cc 3気筒DOHC 12バルブエンジン「S07」に、ツインインジェクション、ナトリウム封入エキゾーストバルブなどの技術を追加。軽量化と高効率化が図られたCVTとの組み合わせにより、燃費値は自然吸気モデルのFF車で29.2km/リッター、ターボモデルのFF車で26.0km/リッター(いずれもJC08モード)を実現している。
最高出力と最大トルクは、自然吸気ユニットで58ps/7300rpmと6.6kgm/4700rpm、ターボユニットで64ps/6000rpmと10.6kgm/2600rpmを発生する。

安全につながる装備も充実しており、運転席用i-SRSエアバッグシステムや前席用i-サイドエアバッグシステム、後席ロードリミッター付きELRシートベルトの採用や、高い衝突安全性を持つボディーなどにより、軽自動車として初めてJNCAPの衝突安全性能評価で最高評価となる5つ星を獲得した。
また、横滑り防止装置「VSA」や、急ブレーキの際にハザードランプを高速で点滅させる「エマージェンシーストップシグナル」を全車に標準装備するほか、レーザーレーダーによる追突回避・被害軽減システムと誤発進防止機能を備える「シティブレーキアクティブシステム」を一部グレードに装備する。

モデルラインナップは、ベーシックなスタイリングの「N-WGN」と、スポーティーなエクステリアの「N-WGNカスタム」の2種類。どちらにも自然吸気モデルとターボモデルが設定され、駆動方式はFFと4WDが選べる。
価格は、「N-WGN G」(FF)の113万1000円から「N-WGNカスタム Gターボパッケージ」(4WD)の172万3000円まで。

(文=工藤考浩/写真=webCG)

→「ホンダN-WGN」のさらに詳しい写真はこちらから

関連キーワード:
N-WGN, N-WGNカスタム, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ N-WGN の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-ONEプレミアム(CVT)/N-ONE RS(CVT)/N-ONE RS(6MT)【試乗記】 2020.12.15 試乗記 クラシックなスタイリングと上質な走りが自慢の軽乗用車「ホンダN-ONE」が、デビューから8年を経てフルモデルチェンジ。初代から受け継がれた“タイムレス”なデザインと、隔世の進化を遂げた走りを併せ持つ一台の、希有(けう)な魅力をリポートする。
  • マツダMX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.12.17 試乗記 「わたしらしく生きる」をコンセプトに開発された、マツダの新型クロスオーバー「MX-30」。いざ乗り込んでみると、これまでのマツダ車では味わえなかった、さまざまな個性が見えてきた。
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスタイル デザインパッケージ(FF/7AT)【試乗記】 2021.1.12 試乗記 次世代インフォテインメントシステム「ディスカバーメディア」と、それに連携するオンラインサービス「ウィーコネクト」を新たに搭載した「フォルクスワーゲンTロック」。使いやすいサイズ感や多用途性などの特徴に加わった“つながるクルマ”の利便性を、実際に試してみた。
  • 三菱エクリプス クロスP(4WD)【試乗記】 2021.1.10 試乗記 大規模なデザイン変更を受けた「三菱エクリプス クロス」だが、マイナーチェンジの本命は、やはり新たに用意されたプラグインハイブリッド車(PHEV)に違いない。寒風吹きすさぶワインディングロードでその仕上がりを試した。
ホームへ戻る