ホームラン王・山﨑武司が「86」でレースに挑戦

2014.07.23 自動車ニュース
ワンメイクレース「GAZOO Racing 86/BRZ Race」に参戦する山﨑武司氏。
ワンメイクレース「GAZOO Racing 86/BRZ Race」に参戦する山﨑武司氏。
    拡大

ホームラン王・山﨑武司が「トヨタ86」でレースに挑戦

2014年7月23日、元プロ野球選手の山﨑武司氏が、ワンメイクレース「GAZOO Racing 86/BRZ Race」に参戦するのに当たり、東京・台場で発表記者会見を行った。

記者発表会で登壇する山﨑氏(右)と、プロデューサー兼コーチのレーサー鹿島氏(左)。
記者発表会で登壇する山﨑氏(右)と、プロデューサー兼コーチのレーサー鹿島氏(左)。
    拡大
「一番の問題はドライバーのウェイト。今、112~3kgぐらいありますから」と語る山﨑氏。
「一番の問題はドライバーのウェイト。今、112~3kgぐらいありますから」と語る山﨑氏。
    拡大
カーナンバーは、プロ野球時代の背番号と同じ7番となっている。
カーナンバーは、プロ野球時代の背番号と同じ7番となっている。
    拡大

ホームラン王・山﨑武司が「86」でレースに挑戦の画像 拡大

山﨑氏は1986年にドラフト2位で中日ドラゴンズに入団。それ以後、オリックス・ブルーウェーブ、東北楽天ゴールデンイーグルス、2012年からは再び中日ドラゴンズと、セントラルリーグ、パシフィックリーグ双方の球団に所属し、両リーグでホームラン王を獲得するなど2013年まで活躍を続けていた。

一方で、スーパーカーを自ら運転して球場に通い、またミニカーを5000台所有するなど、球界屈指のクルマ好きとしても知られている。

この日できたばかりというレーシングスーツを着て登壇した山﨑氏は、今回のワンメイクレース参戦について、「野球のユニフォームもそうだが、レーシングスーツは戦闘服。戦う気分がわいてきた」と意気込みをコメント。「周囲のドライバーからは『自分を忘れずに走れ』というアドバイスをもらったので、冷静に走ることを肝に銘じて本番に臨みたい」「スポーツはまず楽しむことが大事だが、今まではプロだったのでなかなか楽しめなかった。(レースでは)マナーを守り、事故をせず、サポートしてくれる方々に敬意を払い、終わったら『今日は良かったね』とほめられるようなレースをしたい」と述べた。

なお、山﨑氏はブレーキパーツメーカーであるプロジェクトミューの社内チーム「CABANA RACING with P.MU(カバナレーシング・ウィズ・プロジェクトミュー)」からレースに出場。通年で参戦する山野直也選手とともに、7月26日に富士スピードウェイで開催される第6戦、同じく富士で9月20日と21日に開催される第7戦、11月8日と9日に鈴鹿サーキットで開催される第10戦に、スポット参戦する予定となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
86, BRZ, トヨタ, スバル, モータースポーツ, 自動車ニュース

トヨタ 86 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その2) 2019.1.14 画像・写真 デトロイトモーターショーで世界初公開された新型「トヨタ・スープラ」。そのデザインは「Condensed Extreme L6 FR “TOYOTA” Sports」というコンセプトのもとに開発されたという。抑揚豊かな新型スープラの姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・スープラSZ-R(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.6 試乗記 新型「トヨタ・スープラ」の中でイチオシのグレードだと、開発テストドライバーが口をそろえる「スープラSZ-R」。ワインディングロードで試乗してみると、その評価に納得できる楽しさが伝わってきた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)/718ケイマンGT4(MR/6MT)【海外試乗記】 2019.8.5 試乗記 オープントップの「718スパイダー」とクローズドボディーの「718ケイマンGT4」。“ミドシップ・ポルシェ”のトップに君臨する2モデルが新型になって帰ってきた。果たして、その仕上がりは? イギリスからの第一報。
  • ホンダN-WGN(FF/CVT)/N-WGNカスタム(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.9 試乗記 「ホンダN-WGN」がフルモデルチェンジ。「New Simple!」をキーワードに、より日々の生活に寄り添うクルマとして開発された2代目は、どのようなユーザー像を想起させるクルマとなっていたのか? その仕上がりを、仕様の異なる2モデルの試乗を通して確かめた。
  • 日産スカイラインGT Type SP(ハイブリッド) /スカイラインGT Type P(V6ターボ)【試乗記】 2019.9.5 試乗記 マイナーチェンジを受けた「日産スカイライン」のハイブリッドモデルと、日本初導入の3リッターV6ターボモデルに試乗。前者に国産市販車として初めて搭載された、同一車線内での“ハンズオフ”走行を実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」の実用性や使い勝手を確かめてみた。
ホームへ戻る