第60回「トヨタ・クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG」

2014.08.01 水野和敏的視点

「おもてなし」が感じられるインテリア

前回は話題の日本車「スバル・レヴォーグ」を取り上げました。今回は同じ日本車でも、その代名詞的な存在であるトヨタ・クラウンに乗り、日本車というものをあらためて考えてみたいと思います。

14代目となる現行型は、2012年12月に発表されました。2.5リッター直噴4気筒を使ったハイブリッドシステム搭載が、大きなニュースとなりました。今回テストしたのも、もちろんハイブリッド。ロイヤルシリーズの中で最も高価なグレード「ロイヤルサルーンG」で、車両本体価格は551万3143円です。

早速、実車をチェックしていきましょう。クラウンは、運転席に座っただけで「おもてなし」の気持ちが伝わってきます。中でも、ダッシュボード中央の下部ディスプレイの傾斜が絶妙ですね。ディスプレイがこの場所で、しかも垂直に配置されていたとすると、光の具合によっては見にくいし、操作の際に運転視線からずらす必要もあります。そこで、クラウンでは斜めに配置したわけです。こうすることで、運転席から見下ろすカタチになって見やすいばかりか、目線移動も最小にできるし、軽く手を置けて操作も非常にしやすい。このような配慮そのものが「おもてなし」であり、その進化形なんです。

老眼になった年配の方が、慣れないタッチパネルを操作するときなど、これでずいぶん助けられるんじゃないでしょうか。なかなか気づきにくく、さりげない工夫ではありますが、こうしたところに「日本人ならではのきめ細かい配慮」が表れています。開発者の「お客さまに対する思いやり」が感じられるのです。開発者の方々を賞賛したいと思います。Good job!!


第60回「トヨタ・クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG」の画像 拡大

第60回「トヨタ・クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG」の画像 拡大

第60回「トヨタ・クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG」の画像 拡大
トヨタ・クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4895×1800×1460mm/ホイールベース:2850mm/車重:1680kg/駆動方式:FR/エンジン:2.5リッター直4 DOHC 16バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:178ps/6000rpm/エンジン最大トルク:22.5kgm/4200-4800rpm/モーター最高出力:143ps/モーター最大トルク:30.6kgm/タイヤ:(前)215/60R16 (後)215/60R16/車両本体価格:551万3143円
トヨタ・クラウン ハイブリッド ロイヤルサルーンG
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4895×1800×1460mm/ホイールベース:2850mm/車重:1680kg/駆動方式:FR/エンジン:2.5リッター直4 DOHC 16バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:178ps/6000rpm/エンジン最大トルク:22.5kgm/4200-4800rpm/モーター最高出力:143ps/モーター最大トルク:30.6kgm/タイヤ:(前)215/60R16 (後)215/60R16/車両本体価格:551万3143円 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る