第62回「メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ」

2014.08.15 水野和敏的視点

幅広いラインナップ

今回も最新のクロスオーバー車を取り上げます。前回の「ルノー・キャプチャー」に続いては、メルセデス・ベンツの「GLAクラス」です。

GLAクラスは、「Aクラス」や「Bクラス」などとコンポーネンツを共用するクロスオーバーモデルです。日本に輸入されるのは、1.6リッター直噴ターボ(122ps、20.4kgm)を搭載した「GLA180」と、2リッター直噴ターボ(211ps、35.7kgm)を積む「GLA250 4MATIC」で、それにAMGブランドの「GLA45 AMG 4MATIC」が加わります。このAMG仕様に搭載される2リッター直噴ターボは、実に360psと45.9kgmまでチューンされています。

また、GLA180とGLA250 4MATICには、標準仕様のほかに、サスペンションを約10mmローダウンしてハンドリングを軽快に仕立てた「スポーツ」と、逆に約30mmアップしてロードクリアランスを稼いだ「オフロード」という仕様が用意されています。

その中から今回テストするのはGLA250 4MATICのスポーツ仕様で、車体価格は499万円です。1.6リッターモデルの同様の仕様(399万円)より100万円高い価格設定です。

必要とあらば自動で急ブレーキを踏む「CPAプラス」(緊急ブレーキ機能)、走行中に斜め後方の死角に他者がいることを警告する「ブラインドスポットアシスト」、渋滞時には停止までしてくれる追従機構「ディストロニック・プラス」、車線の逸脱を知らせる「レーンキーピングアシスト」などは「レーダーセーフティパッケージ」というセットオプション(19万5400円)で供されます。テスト車にはこれが装備されていました。


第62回「メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ」の画像 拡大

第62回「メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ」の画像 拡大

第62回「メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ」の画像 拡大
メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4455×1805×1495mm/ホイールベース:2700mm/車重:1580kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:211ps/5500rpm/最大トルク:35.7kgm/1200-4000rpm/タイヤ:(前)235/50R18 (後)235/50R18/車両本体価格:499万円
メルセデス・ベンツGLA250 4MATICスポーツ
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4455×1805×1495mm/ホイールベース:2700mm/車重:1580kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:211ps/5500rpm/最大トルク:35.7kgm/1200-4000rpm/タイヤ:(前)235/50R18 (後)235/50R18/車両本体価格:499万円 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLA200d 4MATIC 2020.6.25 画像・写真 メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」が初のフルモデルチェンジを受け、2代目に進化した。よりスタイリッシュになりながら悪路走破性もアップした新型の姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツGLA200d 4MATIC(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.14 試乗記 「メルセデス・ベンツGLA」がフルモデルチェンジして2代目に生まれ変わった。各ブランドの自信作がひしめき合う激戦区に投入された、メルセデスの最新コンパクトSUVの仕上がりをリポートする。
  • メルセデスAMG GLA35 4MATIC(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.12 試乗記 「メルセデス・ベンツGLA」のラインナップに加わったハイパフォーマンスバージョン「AMG GLA35 4MATIC」に試乗。レースと共に歩んできたAMGの名を冠するコンパクトSUVは、果たしてどのように仕上がったのか。ワインディングロードでその実力を確かめた。
  • 存在感と装備を強化 「ジャガーXF/XFスポーツブレイク」2021年モデル登場 2021.5.11 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年5月11日、ジャガーのセダン「XF」とワゴン「XFスポーツブレイク」の2021年モデルを導入すると発表。同日、注文受け付けを開始した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.10 試乗記 「史上最速の『Eクラス』」をうたう「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」がマイナーチェンジ。動力性能は据え置きながら、デジタル系装備が長足の進化を遂げているのが特徴だ。最新のユーザーインターフェイスや対話型音声認識システムの仕上がりを報告する。
ホームへ戻る