クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第271回:「魂動」をキリッと表現
「マツダCX-3」のチーフデザイナー、松田陽一氏に聞く

2014.12.16 エディターから一言
LAオートショー2014で世界初公開された「マツダCX-3」。
LAオートショー2014で世界初公開された「マツダCX-3」。 拡大

一言で「魂動(こどう)」デザインといっても、その解釈はクルマごとに微妙に異なっている。ロサンゼルスオートショー2014(会期:2014年11月18日~11月30日)で公開された、マツダの新世代商品の第5弾「マツダCX-3」。そこに注ぎ込まれた生命感とはどのようなものだろうか。チーフデザイナーの松田陽一氏に聞いた。

マツダ デザイン本部の松田陽一チーフデザイナー。
マツダ デザイン本部の松田陽一チーフデザイナー。 拡大
同じ「魂動」デザインでも、その解釈はクルマによって少しずつ異なる。「CX-3」では凛々しさが表現されている。
同じ「魂動」デザインでも、その解釈はクルマによって少しずつ異なる。「CX-3」では凛々しさが表現されている。
    拡大
「ソウルレッドプレミアムメタリック」(左)のほかに、研ぎ澄まされた金属感や緻密な硬質感を表現した新色「セラミックメタリック」(右)が登場した。
「ソウルレッドプレミアムメタリック」(左)のほかに、研ぎ澄まされた金属感や緻密な硬質感を表現した新色「セラミックメタリック」(右)が登場した。
    拡大

ソリッドでシンプルに

――マツダのデザインテーマ「魂動」は、CX-3ではどのように表現されているのでしょうか。従来のモデルより直線的なラインで構成されているように見えます。

魂動デザインには「生命感」という共通テーマはありますが、表現手法については具体的なモチーフの規定はありません。例えば、新型「ロードスター」はエモーショナルで連続感のある立体造形を特徴としていますが、CX-3はその反対側の極にある生命感を表現しています。妖艶(ようえん)なものに対し、CX-3ではいわば凛々(りり)しさを表現しています。

――その凛々しさとは、具体的にどの辺に表れているのでしょうか

全体的にソリッドな塊感を表現し、加えてサーフェスは非常にシンプルな構成にしています。車両の前部から後輪にかけてのスピード感のある塊と、リアタイヤを中心とした量感のある塊、そしてキャビンの3つで構成して、無駄な要素はできるだけ省きました。また、それぞれの要素が交わる稜線(りょうせん)、つまりキャラクターラインですね、これは従来のモデル以上にシャープなものにして、緊張感のある表現を目指しました。

――Dピラーを黒く塗った狙いは?

これは魂動デザインとしてではなく、「個々のクルマにおける個別の表現」といったものです。小さいボディーサイズでありながら、クーペのような伸びやかな表現を目指しました。Dピラーを(ブラックアウトせずボディー同色にして)閉じてしまうと、クーペではなく、どうしてもハッチバックやワゴンの印象になってしまうのです。Dピラーを黒く塗ることで、前方から来る「勢い」を後方に流してしまおうとしています。

マツダ車で一番シャープな「顔」を表現

――サイドビューは「デミオ」以上にノーズの長さが強調されているように見えます。

フロントフェンダーの頂点は、前輪の直上に持ってくるのがセオリーです。しかし、それをAピラーの付け根にまで後退させて、車格のイメージを上回るサイズ感を演出しています。なおかつ、そのラインが後輪の前までつながっており、大きな長い塊が構成されているというのもノーズを長く見せるポイントです。

――フロントマスクも従来にも増して直線的で凛々しい感じです。

マツダ車の中で一番シャープなところを狙い、ギリギリのところまで追求しています。これ以上シャープにすると、もはや生命感ではなく、機械的な感じになってしまうと思います。

――ロサンゼルスオートショーでの展示車両の中には、白いボディーカラーのものが混じっていました。魂動デザインのイメージカラーとして白は珍しいですね。

あれは白ではなくて「セラミックメタリック」という新色です。その名のとおり陶器の、粒子がぎゅっと詰まった素材感をイメージして開発しました。何色かと聞かれると、表現が難しいんですけれども、光によって色味が変わります。例えば、暗いところに行くとソリッドなグレーに見えて、日光が当たると白が際立って、という具合です。「ソウルレッドプレミアムメタリック」と並べた時に、お互いが引き立つような新しさを感じていただけると思います。

フロントフェイスは、マツダ車の中で一番シャープなところを狙ったという。
フロントフェイスは、マツダ車の中で一番シャープなところを狙ったという。
    拡大
フロントフェンダーの頂点をAピラーの付け根まで後退させて、ノーズを長く見せる工夫をしている。
フロントフェンダーの頂点をAピラーの付け根まで後退させて、ノーズを長く見せる工夫をしている。 拡大
新色の「セラミックメタリック」。光の加減によって見え方が変わる。
新色の「セラミックメタリック」。光の加減によって見え方が変わる。 拡大

インテリアでは素材と色にこだわる

――インテリアデザインの基本骨格はデミオに近い印象を受けました。CX-3らしい部分はどこでしょうか。

デミオより素材と色の表現にこだわると同時に、細部にもこだわりました。例えば、これは新素材というよりも、表現としての新しさなんですが、最上級のレザーインテリア仕様のシートとドアトリムに、「ラックススエード」という人工スエードのインサートを入れました。その素材を生かしきる手段として、縫製による立体的な表現を入れ、素材感が際立つような仕上げをしています。また、写真だとわかりづらいかもしれませんが、シートの黒い部分の縁にはレッドのパイピングを入れました。仕立ての良さを表現するために、「そこまでするか」と言われるくらい、徹底的に作り込みました。メーターフードにはステッチの表現を入れたり……。一歩進んだ上質感というのが、デミオの内装とは異なるところです。

――デザイナーの目から見て、昨今の小型クロスオーバー車の流行の理由はなんだと思いますか。

このクルマの企画が本格的にスタートしたのは2年前で、あの頃、このセグメントには「日産ジューク」ぐらいしかありませんでした。ところが、ここ最近、各社一斉にドンッと出してきて、各ブランドの「らしさ」が際立っているような商品が同時に出てきたなあ、というにぎやかな状況になりました。ある意味で「ブランドの博覧会」のような様相を呈していると言えるかもしれません。そうはいっても実用性や乗りやすさというのはこのセグメントにとって重要なポイントであり、サイズも含めて、日常で使い倒せるかどうかが重要になってくると思います。

(インタビューとまとめ=webCG 竹下元太郎/写真=マツダ)

インテリアは「デミオ」より素材や色、ディテールの作り込みにこだわった。
インテリアは「デミオ」より素材や色、ディテールの作り込みにこだわった。 拡大
シートの中央部とドアトリムに「ラックススエード」のインサートが入る(黒い部分)。
シートの中央部とドアトリムに「ラックススエード」のインサートが入る(黒い部分)。 拡大
駆動方式はFFのほかにAWDも設定される。
駆動方式はFFのほかにAWDも設定される。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

マツダ CX-3 の中古車
関連キーワード
CX-3マツダ
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。