第80回:BMW M3セダン(後編)

2014.12.19 水野和敏的視点

「これはすごい」と感じたが……

先代M3(E90)の4リッターV8エンジンを捨て、ストレート6に回帰した最新M3。ツインターボを得た3リッター直6エンジンは、最高出力431ps/5500-7300rpm、最大トルク56.1kgm/1850-5500rpmを発生します。

早速、テストドライブを始めましょう。M3セダンに乗った瞬間、「これはすごい」と感じました。ボディーの剛性が高く、サスペンションも実にしっかりしています。ちょっとやそっとのことではびくともしません。抽象的な表現ですが、M3に乗った瞬間、クルマがなんかこう「ドーン」と構えているのがドライバーに伝わってきて、その泰然自若ぶりに圧倒させられます。

ただ、このテストに臨む前に乗った「M4クーペ」と比較すると、わずかながらに粗さを感じてしまったのも事実です。

例えばLSDですが、差動制限が働く過程が徹底的にスムーズなM4に比べ、M3では時にドンッという明確なキックバックが認められました。左右後輪のトルクがどこで変動しているのか分からないほど滑らかなM4に対し、M3は挙動と挙動の境界ゾーンで「点」と「点」のつながりが意識されたのです。

路面のギャップを通過する時、リアサスペンションのブッシュがほんの一瞬、グニャッとよれる挙動。あるいはコーナーに進入し、ステアリングを右へ左へと切ると、車両の前が動き、その後、荷重が入り、後ろが続くという挙動。いずれもクルマとしてごく当たり前の挙動であり、基本としてM3は高いレベルでまとめられています。

しかし、M4ではそういったものすら徹底的になめらかに合わせ込まれており、一体どこでつながっているのかわからないほど洗練されていました。おそらく設計年次の新しさが関係しているものと思われます。


第80回:BMW M3セダン(後編)の画像 拡大

第80回:BMW M3セダン(後編)の画像 拡大

第80回:BMW M3セダン(後編)の画像 拡大
BMW M3セダン
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4685×1875×1430mm/ホイールベース:2810mm/車重:1640kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:431ps/7300rpm/最大トルク:56.1kgm/1850-5500rpm/タイヤ:(前)255/35R19 (後)275/35R19/車両本体価格:1104万円
BMW M3セダン
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4685×1875×1430mm/ホイールベース:2810mm/車重:1640kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:431ps/7300rpm/最大トルク:56.1kgm/1850-5500rpm/タイヤ:(前)255/35R19 (後)275/35R19/車両本体価格:1104万円 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • BMW M3セダン(FR/7AT)【試乗記】 2014.8.22 試乗記 ハイパフォーマンスセダン「BMW M3」の最新型に、一般道で試乗。これまで以上にパワーと軽量化を追求したという、その走りを確かめた。
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • 2020年デビューが決定! 新型「BMW M3」を予想する 2020.1.29 デイリーコラム 2020年内に新型がお披露目されることが明らかとなった「BMW M3」。1985年のE30型に始まる同車の進化の歩みを紹介するとともに、通算で6代目となる新型のスペックを予想する。
ホームへ戻る