クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第291回:デビュー戦で見事完走!
ディーゼルデミオ、スーパー耐久参戦記

2015.04.17 エディターから一言
スーパー耐久シリーズ2015の開幕戦でデビューを果たした「DXLアラゴスタNOPROデミオSKY-D」。
スーパー耐久シリーズ2015の開幕戦でデビューを果たした「DXLアラゴスタNOPROデミオSKY-D」。 拡大

“戦うSKYACTIV-D”がいよいよ日本のサーキットに現れた。スーパー耐久シリーズ(通称S耐)2015の開幕戦がツインリンクもてぎで開催され(2015年3月28日予選、29日決勝)、1.5リッター直噴ディーゼルターボを搭載する「DXLアラゴスタNOPROデミオSKY-D」が見事完走を果たした。ステアリングを握った筆者が、その参戦記をお届けする。

マツダはWECで「マツダLMP2 SKYACTIV-Dレーシング」を走らせ、ディーゼルエンジンによるレース活動をすでに行っている。しかし日本国内で、しかも市販車ベースだと、このクルマが初ということになるはずだ。
マツダはWECで「マツダLMP2 SKYACTIV-Dレーシング」を走らせ、ディーゼルエンジンによるレース活動をすでに行っている。しかし日本国内で、しかも市販車ベースだと、このクルマが初ということになるはずだ。 拡大
S耐の車両規定はグループNに準じ、改造範囲は狭い。1.5リッター直4ディーゼルターボエンジンは105psと22.4kgmを生み出す(6MT仕様の場合)。
S耐の車両規定はグループNに準じ、改造範囲は狭い。1.5リッター直4ディーゼルターボエンジンは105psと22.4kgmを生み出す(6MT仕様の場合)。
    拡大
ノガミプロジェクト(Team NOPRO)のドライバーとスタッフ。写真中央の左から野上敏彦代表(青いレーシングスーツ)、谷川達也選手、野上達也選手(黄色いスーツ)、そして筆者(白いスーツ)。
ノガミプロジェクト(Team NOPRO)のドライバーとスタッフ。写真中央の左から野上敏彦代表(青いレーシングスーツ)、谷川達也選手、野上達也選手(黄色いスーツ)、そして筆者(白いスーツ)。
    拡大

日本初の市販ディーゼルレーサー

去る3月の最後の週末、筆者は歴史的な瞬間に立ち会ってしまった。「マツダ・デミオ」のレーシングカーで、レースに出場してしまったのである。……って、そんだけ? なんて言わないで! デミオはデミオでも、そのエンジンは今をときめくSKYACTIVの「D」。1.5リッター直噴ディーゼルターボを搭載したデミオの「XD」なのだから。

海外ではフォルクスワーゲンやアウディが、すでにディーゼルエンジンでレース活動を行っており、マツダもFIA世界耐久選手(WEC)でバイオディーゼル燃料を使って走るLMP2マシン「SKYACTIVレーサー」を走らせていたりする。

しかし、日本で市販されたディーゼルカーでレースを戦うのは、初めてのこと(だと思う)。いずれにせよ、デミオでは初だ。

このような幸運を与えてくれたのは、マツダ車の老舗チューナー「ノガミプロジェクト」である。代表の野上敏彦さんは元マツダスピードという経歴を持ち、鈴鹿1000kmや全日本GT選手権にも出場したドライバー。「今年、面白いレーシングカーを作るんだけど、興味ありますか?」と、モータージャーナリストとしての筆者に声をかけてくださったというわけである。

ちなみにノガミプロジェクトは2012年から先代デミオで全日本格式のツーリングカーレース、スーパー耐久に参戦しており、昨年はクラス3位を獲得した実績を持っている。これを熟成させることで、さらなる高みを狙うこともできたはずだが、野上代表は「マツダを愛する立場として、未知の領域へとチャレンジしたかった」と、ディーゼルでの参戦理由を語ってくれた。

まだ始まったばかり

今回出場したのはそのS耐である。ツインリンクもてぎで開催された開幕戦に出場し、5時間という長丁場を4人で走った。

S耐は全部で6クラスに分かれている。一番上のSTーXクラスでは、スーパーGTでも活躍する「BMW Z4 GT3」や「メルセデス・ベンツSLS AMG GT3」といったFIA-GT3マシンたちが走る。その下にST1~ST4が続き、デミオは一番下のST5(排気量1500cc以下。駆動方式は問わない)に属する。ライバルは「ホンダ・フィット」や「トヨタ・ヴィッツ」。同じ1.5リッターながら、直噴ターボのデミオが自然吸気マシンと同じクラスになったのは……ずばり遅いからである!

「どうして最大トルクが22.4kgmもあるディーゼルターボで遅いんだ!」と、マツダファンに怒られてしまうかもしれない。実際、デミオは日常的なシーンではとても速く、快適なクルマだ。それは22.4kgmという最大トルクを、1400~3200rpmというわれわれが常用する回転域で生み出すからである(6MTの場合。6ATは25.5kgm/1500-2500rpm)。街中でのゼロスタートや、高速道路での追い越し加速で“グッと押し出す加速”が得られるから、速いのである。

しかし、舞台がサーキットになると話は変わる。ここでは常に全開加速が求められるから、結局のところ最高出力がものをいう。そしてデミオのパワーは105psしかない(ちなみに「フィットRS」は132ps)。レースで使う領域は、街中でスーッと加速していく領域よりも高回転で、しかもそれがずっと続く。フラットなトルク特性も、高回転ではドロップしてしまう。それでもシフトアップは4000rpm+αなのだが。

馬力は、ご存じのとおりトルク×回転数×係数0.001396で求められる。もし現状の低回転特性のままで速さを得たいなら、レースレギュレーションに則した上で、燃料増量とブーストアップ(吸気量増量)を施し、今以上にトルクを増やさなくてはいけない。そうそう、ディーゼルは自然着火だから、点火時期は変更できない。

またそのエンジンブロックは、14.8という高圧縮(それでも通常のディーゼルエンジンは圧縮比がもっと高いのだが)に耐えられるように頑丈に作られている。だからガソリンエンジン車に比べて、ディーゼル車は100kgも重いのである(XDと13Cのカタログ比較)。

しかも、今回のレーシングデミオは、まだ“生まれたてホヤホヤ”なのだ。デミオの人気があまりに高いために納車が遅れ、チームにクルマがやってきたのは2015年2月。現状はロールケージや消火器、けん引フックといった安全装備と、車高調整式ダンパーを取り付けた程度にすぎない。軽量化にしてもエアコンと内装を取り外しただけで、レースで変更が許されるボンネットなども純正の状態なのである。

「デミオ」から「トヨタ86」、そしてGT3マシンまでが混走するのがS耐の醍醐味(だいごみ)。デミオは圧倒的な速度差でGT3マシンに抜かれる。
「デミオ」から「トヨタ86」、そしてGT3マシンまでが混走するのがS耐の醍醐味(だいごみ)。デミオは圧倒的な速度差でGT3マシンに抜かれる。
    拡大
「DXLアラゴスタNOPROデミオSKY-D」の室内。
「DXLアラゴスタNOPROデミオSKY-D」の室内。
    拡大
足まわりには車高調整式ダンパーを装着している。
足まわりには車高調整式ダンパーを装着している。
    拡大
予選の順位は45台中45位。最後尾からスタート。
予選の順位は45台中45位。最後尾からスタート。
    拡大

燃費はナンバーワン!

そんなわけで予選のタイムは、レーシングドライバーである谷川達也選手がドライブしても1分29秒357がやっと。順位は45台中45位というものだった。ちなみにポールポジションのフィットは1分17秒453で、その差は12秒近い。
しんがりを務めて出走した決勝レースでは、別クラスのマシンがリタイアしたおかげもあって40位。しかしST5クラスでは、びりっけつの6位となった。

とはいえ、そこはさすがにマツダ。シャシーの基本性能は高く、ターンインはシャープだ。だから、コーナーの進入ではライバルたちのテールをつつくこともできるし、重たい4WDマシンが相手なら、ブレーキング勝負では絶対に負けない。もちろん立ち上がり加速では、アッという間に置いていかれるけれど。

ちなみにディーゼルだけあって、燃費は抜群にいい。レーシングスピードで約7km/リッター(ほかは大体4km/リッターくらいだろう)を刻めることから、給油回数もライバルたちよりはるかに少ない。この余裕を今後のエンジンECUチューニングに振り分け、どれだけパワーを得られるかが、速さのカギとなる。

速度差が100km/h以上のFIA-GT3マシンに左右から挟まれ、時にはコース脇へと追いやられ、タイヤマーブルを拾いながらも5時間のレースを完走したことは、大いなる一歩だと思う。

ピットウォークでは驚くほどに大人気のデミオ。みなさんの期待に応えて、「速くて燃費の良いレーシングカー」になってくれることを願っている。

(文=山田弘樹/写真=池之平昌信)

「メルセデス・ベンツSLS AMG GT3」が背後に迫る。
「メルセデス・ベンツSLS AMG GT3」が背後に迫る。 拡大
ディーゼルだけあって燃費は良く、レース中でも約7km/リッターは走る。給油回数の少なさはディーゼルデミオの大きな武器だ。
ディーゼルだけあって燃費は良く、レース中でも約7km/リッターは走る。給油回数の少なさはディーゼルデミオの大きな武器だ。 拡大
2015年シーズンはどこまで順位を上げることができるか? みなさんぜひともご期待のほどを。
2015年シーズンはどこまで順位を上げることができるか? みなさんぜひともご期待のほどを。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

マツダ デミオ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。