第102回:アルファ・ロメオ4C(前編)

2015.05.29 水野和敏的視点

イタリアンミドシップの王道

今回はアルファ・ロメオの小型ミドシップスポーツカー「4C」をテストします。
車名の4Cとは「4 Cilindri(クワトロ・チリンドリ)」を略したもので、イタリア語で「4気筒」を意味しています。「8Cコンペティツィオーネ」ともども、戦前・戦後のアルファ・ロメオを思わせるクラシカルなネーミングですね。
ちなみに、このクルマに搭載される直列4気筒ターボエンジンの排気量は1750cc(厳密には1742cc)なんですが、この一見半端な数字も、戦前の名スポーツカーである「6C 1750」に由来します。

そんなエンスージアスティックな要素を持ったクルマがアルファ・ロメオ4Cなのですが、そのスタイリングはというと、これはもう「イタリアン!」と叫ぶしかないですね!
あの「アルファ・ロメオ・ティーポ33/2ストラダーレ」からインスピレーションを得たというスタイリングは、1960年代後半から70年代初頭に至るイタリアン・ミドシップスポーツカーの王道と言いたくなるようなものです。

リアタイヤの前を大きく膨らませて、ルーフをファストバックスタイルで大きく寝かせた4Cのフォルムは、一目でこのクルマがミドシップレイアウトのスポーツカーだとわかるものです。本当にクラシックで、見た瞬間に70年代初頭にタイムスリップしてしまいますが、70年代初頭を知らない若い世代の人たちの目には、逆に「新鮮」な感じに映るかもしれません。

それではキャビン背後のガラスフードを上げて、まずはエンジンルームから観察していきましょう。最近のミドシップスポーツカーを見慣れた目には、エンジンの搭載位置が高く見えるかもしれませんね。もともとFF用の横置きパワーユニットを流用しています。その昔、「フィアットX1/9」が先鞭(せんべん)を付けた方式です。
1750ターボエンジンのパワーは240ps/6000rpmで、トルクは35.7kgm/2200-4250rpm。JC08モードの燃費は12.1km/リッターと発表されています。


第102回:アルファ・ロメオ4C(前編)の画像 拡大

第102回:アルファ・ロメオ4C(前編)の画像 拡大

第102回:アルファ・ロメオ4C(前編)の画像 拡大

第102回:アルファ・ロメオ4C(前編)の画像 拡大
アルファ・ロメオ4C
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3990×1870×1185mm/ホイールベース:2380mm/車重:1100kg(カタログ値) 1050kg(車検証記載値)/駆動方式:MR/エンジン:1.7リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:240ps/6000rpm/最大トルク:35.7kgm/2100-4000rpm/タイヤ:(前)205/45R17 (後)235/40R18/価格:806万7600円
アルファ・ロメオ4C
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3990×1870×1185mm/ホイールベース:2380mm/車重:1100kg(カタログ値) 1050kg(車検証記載値)/駆動方式:MR/エンジン:1.7リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:240ps/6000rpm/最大トルク:35.7kgm/2100-4000rpm/タイヤ:(前)205/45R17 (後)235/40R18/価格:806万7600円 拡大

第102回:アルファ・ロメオ4C(前編)の画像 拡大

関連キーワード:
4C, アルファ・ロメオ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3ハッチバック(FF/6MT)/マツダ3セダン(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.2.7 試乗記 マツダのCセグメントモデル「アクセラ/マツダ3」が4世代目に進化。斬新なエクステリアデザインに加え、刷新されたシャシーやパワートレインのラインナップなど、見どころに満ちた新型の出来栄えを、米ロサンゼルスでチェックした。
  • レクサスRC350“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.23 試乗記 マイナーチェンジが施された「レクサスRC」に試乗。「LFA」の後を受け、ブランドイメージをけん引していたのは過去の話……。そのポジションを「LC」へと譲ったいま、微妙な立ち位置にある古典的な2ドアクーペを、あえてチョイスする理由はどこにあるのだろうか。
  • メガーヌ ルノー・スポール 2019.1.17 実力検証! 新型メガーヌR.S.<PR> “最速のFF車”を目指して開発された、ルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノー・スポール」。その走りを、第一線で活躍するレーシングドライバー谷口信輝はどう評価するのか? ワインディングロードにおける印象を報告する。
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【海外試乗記】 2013.10.9 試乗記 ボディーの下にはレーシングカーさながらのカーボン製センターモノコックを隠し、パワー・ウェイト・レシオは3.7kg/ps、0-100km/hをわずか4.5秒で走り切る。しかも、ベースモデルの価格は600万円台!? これまで、こんなイタリアンスーパーカーがあっただろうか。スーパーカー・トゥ・ザ・ピープル! 北イタリアにあるアルファ・ロメオの“聖地”、バロッコ・テストコースからの第一報。
  • メルセデス・ベンツA180スタイル(FF/7AT)【試乗記】 2019.2.13 試乗記 メルセデス・ベンツの新世代デザインをまとい、華々しいデビューを飾った新型「Aクラス」。金看板の自然対話式インターフェイス「MBUX」を武器に、強豪ひしめくCセグメントの新たな盟主となることはできるのだろうか。
ホームへ戻る