第102回:アルファ・ロメオ4C(前編)

2015.05.29 水野和敏的視点

イタリアンミドシップの王道

今回はアルファ・ロメオの小型ミドシップスポーツカー「4C」をテストします。
車名の4Cとは「4 Cilindri(クワトロ・チリンドリ)」を略したもので、イタリア語で「4気筒」を意味しています。「8Cコンペティツィオーネ」ともども、戦前・戦後のアルファ・ロメオを思わせるクラシカルなネーミングですね。
ちなみに、このクルマに搭載される直列4気筒ターボエンジンの排気量は1750cc(厳密には1742cc)なんですが、この一見半端な数字も、戦前の名スポーツカーである「6C 1750」に由来します。

そんなエンスージアスティックな要素を持ったクルマがアルファ・ロメオ4Cなのですが、そのスタイリングはというと、これはもう「イタリアン!」と叫ぶしかないですね!
あの「アルファ・ロメオ・ティーポ33/2ストラダーレ」からインスピレーションを得たというスタイリングは、1960年代後半から70年代初頭に至るイタリアン・ミドシップスポーツカーの王道と言いたくなるようなものです。

リアタイヤの前を大きく膨らませて、ルーフをファストバックスタイルで大きく寝かせた4Cのフォルムは、一目でこのクルマがミドシップレイアウトのスポーツカーだとわかるものです。本当にクラシックで、見た瞬間に70年代初頭にタイムスリップしてしまいますが、70年代初頭を知らない若い世代の人たちの目には、逆に「新鮮」な感じに映るかもしれません。

それではキャビン背後のガラスフードを上げて、まずはエンジンルームから観察していきましょう。最近のミドシップスポーツカーを見慣れた目には、エンジンの搭載位置が高く見えるかもしれませんね。もともとFF用の横置きパワーユニットを流用しています。その昔、「フィアットX1/9」が先鞭(せんべん)を付けた方式です。
1750ターボエンジンのパワーは240ps/6000rpmで、トルクは35.7kgm/2200-4250rpm。JC08モードの燃費は12.1km/リッターと発表されています。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【試乗記】 2015.8.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の上方も、あわせて報告する。
  • まさかの451万円から! 話題のコンパクトEV「ホンダe」のお値段の是非を問う 2020.8.28 デイリーコラム いよいよ日本でも発表された、ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」。さっそく話題を集めているのが451万~495万円という価格設定だ。EVとはいえBセグメントコンパクトでこのお値段はアリや? ナシや? 欧州との価格差なども踏まえ、その正当性を検証する。
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ【試乗記】 2020.8.10 試乗記 WRCへの投入を念頭に、トヨタが開発した「GRヤリス」。公道デビューを間近に控えたそのカタログモデル3グレードに試乗。トヨタ久々のコンパクトスポーツは、モータースポーツ直系マシンならではの“本気度”と、操る楽しさを併せ持つ一台となっていた。
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
ホームへ戻る