第104回:トヨタ・ヴェルファイア ハイブリッド エグゼクティブラウンジ(前編)

2015.06.12 水野和敏的視点

巧みなデザイン

今回はトヨタの大型ミニバン「ヴェルファイア」を取り上げます。姉妹車「アルファード」とともに、今年早々にフルモデルチェンジを果たしました。アルファードは3代目、同車から枝分かれしたヴェルファイアは2代目となります。

「日産エルグランド」の対抗モデルとして2002年に登場したアルファード(ヴェルファイアは2008年から)は、FRベースのエルグランドに対し、エンジン横置きのFFプラットフォームを使っていました。

これまでリアサスペンションはコンベンショナルなトーションビーム方式でしたが、新型にはダブルウイッシュボーン方式が与えられ、四輪独立式の足まわりとなりました。なお、フロントはマクファーソンストラットです。

このリアの独立懸架方式への変更により、リアの内輪荷重の安定性が増したため、フロントのサスペンション設定について、ステアリングの操作やサスペンションのロール時のタイヤ荷重コントロールにとても余裕ができ、走りが一回り大人になったような進化を遂げています。走りと乗り心地とロードノイズなどの音や振動の処理がとてもスマートになり、一クラス上に感じられるようになりました。

さて、ヴェルファイアの外観を見てみましょう。メッキグリルの面積に驚きますね。「日本で一番価格の高いワンボックスに乗っているんだぞ!」というオーナーの叫びが聞こえてきそうです。トヨタの「ノア」や「ヴォクシー」、ホンダでいえば「ステップワゴン」、そして「日産セレナ」、そうしたミドルクラスのミニバンとは「クラスが違うんだぜ」と声高に主張しています。

その実、ミニバンユーザーは、セダンのオーナーたちより“クラス感”にこだわりますから……。トヨタは、そうしたミニバンユーザーの心理を上手にマーケットリサーチをしてカタチにしています。こういったところは、トヨタという会社のすごさを感じさせる一面でもあります。他社はここまで“真実のリサーチ”をしておらず、当たり障りのない市場調査結果で、なんとなくまとめてしまっている気がしてしまいます。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2020.8.31 試乗記 ホンダの人気ミニバンを“匠の技”で磨き上げたとうたうコンプリートカー「フリード モデューロX」に試乗。空力にこだわったというそのフットワークはまさに圧倒的。ひとたびステアリングを握れば、ベース車とのちがいをだれでも感じ取れるはずだ。
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • トヨタ・ヴォクシー ハイブリッドV 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.10 試乗記 ありそうでなかった、「ノア/ヴォクシー」のハイブリッドモデル。先ほど新たに加わったハイブリッド仕様は、ベストセラーミニバンの“足どり”をどう変える? ヴォクシー ハイブリッドの最上級グレード「V」に試乗した。
  • 「トヨタRAV4」にオフロード性能を強化した特別仕様車 2020.10.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年10月2日、「RAV4」の「アドベンチャー」グレードに特別仕様車“オフロードパッケージ”を設定し、販売を開始した。オフロードイメージを強めただけでなく、最低地上高を高めて悪路走破性を強化している。
  • BMW M760Li xDrive(後編) 2020.1.2 谷口信輝の新車試乗 「一度乗ったら降りたくなくなる」と、レーシングドライバー谷口信輝も称賛。BMWのフラッグシップサルーン「M760Li xDrive」の乗り味は、ほかのリムジンとどう違う?
ホームへ戻る