第311回:「ポルシェ911カレラ」が衝撃のリニューアル! ターボ化した新型の実像に迫る

2015.09.22 エディターから一言
新開発3リッター水平対向6気筒ターボを搭載する「911カレラS」。2015年9月のフランクフルトモーターショーで正式にデビューした。
新開発3リッター水平対向6気筒ターボを搭載する「911カレラS」。2015年9月のフランクフルトモーターショーで正式にデビューした。 拡大

2015年9月、次期型「ポルシェ911カレラ/911カレラS」のパワーユニットが、これまでの自然吸気エンジンではなく、ツインターボエンジンになることが明らかにされた。いままでなかった、さまざまな先進装備も多数搭載。それで、この歴史あるスポーツカーはどう変わるのだろうか? ポルシェに詳しいモータージャーナリスト 河村康彦が、ドイツで得られた詳しい情報をお伝えする。

同じく、フランクフルトモーターショーでのカット。この最新型「911」は、形式名では「タイプ991 II」と呼ばれている。
同じく、フランクフルトモーターショーでのカット。この最新型「911」は、形式名では「タイプ991 II」と呼ばれている。 拡大
今回のワークショップで展示された、新型「911」のカットモデル。2+2のシートレイアウトやエンジンをリアに積む点など、基本的なパッケージングこそ変わらないが、数々の新技術が盛り込まれている。
今回のワークショップで展示された、新型「911」のカットモデル。2+2のシートレイアウトやエンジンをリアに積む点など、基本的なパッケージングこそ変わらないが、数々の新技術が盛り込まれている。 拡大
新型「ポルシェ911」のインテリア。
新型「ポルシェ911」のインテリア。 拡大
「911カレラS」。新開発エンジンを搭載する「911」シリーズの、高性能モデルである。
「911カレラS」。新開発エンジンを搭載する「911」シリーズの、高性能モデルである。 拡大

かつてないレベルのマイナーチェンジ

正式なアンベールが行われる、「フランクフルトモーターショー2015」の開幕と時を同じくして、新型ポルシェ911の受注が日本で開始された。デビューから丸4年、そのモデルライフの半ばを過ぎて大幅なリファインが実施された、991型のニューバージョンである。

そのリファインのメニューには、グラフィックスが変わったテールランプや、縦スリット入りグリルを用いた新しいエンジンリッド、さらには新デザインのステアリングホイールなど、一般のマイナーチェンジにありがちな“見た目の新鮮さをアピールするための内容”も、もちろん含まれてはいる。
しかし、そうしたルックス面の変更よりもはるかに重要なのは、疑いもなく、911カレラ/911カレラSへの新エンジンの搭載や、新たに開発されたテレマティクスシステムの採用、さらには、コンフォート性と走りのパフォーマンスをより高い次元で両立させるチューニングが施された新たなシャシーの開発といった、メカニズム面でのさまざまなニュースである。

「これまでのポルシェ車に施されたマイナーチェンジの中でも、今回の991型のリファインには、最大級のハードウエア変更が盛り込まれた」と言っても過言ではない。

そうした“中身の濃さ”を裏付けるかのように開催されたのが、ここに紹介する、新型911を対象とした「テクノロジー・ワークショップ」である。
それがわずか数時間のプログラムであることは、あらかじめ明らかにされていた。しかし参加をためらうことなく、たった1泊の予定で、本拠地のドイツに行ってきた。

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.9.14 試乗記 「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」は、全長5mを超えるボディーに4座のみを備えたぜいたく極まりないSUVである。ベース車から3座を取り払い、ありとあらゆる手当を施すことで実現した、マイバッハならではのラグジュアリーとはどんな世界なのだろうか。
  • メルセデス・ベンツC300eセダン(FR/9AT)【海外試乗記】 2021.9.1 試乗記 メルセデス・ベンツの主力セダン「Cクラス」がフルモデルチェンジ。国内では2021年秋からのデリバリーが予定されているが、一足早く欧州でそのステアリングを握るチャンスを得た。プラグインハイブリッドモデル「C300e」の仕上がりを報告する。
  • ケータハムから軽規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場 2021.9.23 自動車ニュース ケータハムから軽自動車規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場。2014年に発売された「セブン160」の後継車種にあたり、最も軽い仕様では乾燥重量440kgを実現するなど、ケータハムの量産車史上、最も軽量なモデルとなっている。
  • ホンダが「モンキー125」を一部改良 新エンジンと5段トランスミッションを採用 2021.9.16 自動車ニュース ホンダが「モンキー125」に新エンジンを採用。力強い走りと最新の排ガス規制にも適合する高い環境性能を同時に実現した。また、トランスミッションを4段から5段に変更したほか、フロントブレーキには1チャンネルABSを標準装備した。
  • TOM'SレクサスLC500コンバーチブル(前編) 2021.9.16 谷口信輝の新車試乗 国内トップレーシングチームのひとつであるTOM'S(トムス)がラグジュアリークーペをカスタマイズしたら……? 最新のコンプリートカー「TOM'SレクサスLC500コンバーチブル」に乗った印象を谷口信輝が語る。
ホームへ戻る