メルセデス・ベンツS300hロング(後編)

2016.09.15 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「メルセデス・ベンツS300hロング」に試乗する。2.1リッター・ディーゼルエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドサルーンの走りを、谷口はどう評価するのだろうか?

ジェントルに走ってこそのSクラス

後席、前席ともに谷口がほぼ満点の評価を下したメルセデスS300hロング。そろそろ谷口自身にステアリングを託し、箱根のワインディングロードを疾走してもらうことにしよう。

「うん、思ったほどフワンフワンした乗り心地じゃないよね」
走りだしてすぐに谷口はそう語り始めた。

「スポーツにすればピッチングの収まりもよくなるけれど、その割にハーシュネスとかも悪くならない。とにかく快適な乗り心地ですよ。でも、だからといってコーナリングが鈍くさいかというと、そうでもない。ロールがすごくいい感じで抑えられていて、コーナリングも安定している。まあ、スタビリティーコントロールの警告灯がピカピカ光っているけれど、その利き方もそんなに“お仕置きモード”じゃないから、イヤな感じはしないよね」

では、最高出力204ps(150kW)の2.1リッター直4直噴ターボ・ディーゼルエンジンと最高出力20kWの電気モーターを組み合わせたパワートレインの印象はどうだろうか?

「ゼロ発進加速を試すと、スムーズで伸びやかな加速感が味わえますね。ただし、少しスピードが乗ってきたところで一度スロットルを抜いて、また踏み込んだときには『おや?』と思うくらいレスポンスが鈍いときがある。きっと、ギアがどんどんシフトアップしていっちゃうセッティングだからなんでしょうね。だから、低いギアのほうが元気に走ります」

「もっとも、だからといってブンブン飛ばすようなクルマじゃないよね。いまは、クルマの操縦性とかを確認するために頑張って飛ばしたけれど、Sクラス自身は『飛ばしてほしい』なんて一切口にしていませんね。やっぱり、そういう走りをするんじゃなくて、ゆったりとジェントルに走らせる。それがSクラスの神髄なんじゃないんですか」

 
メルセデス・ベンツS300hロング(後編)の画像 拡大
 
メルセデス・ベンツS300hロング(後編)の画像 拡大
 
メルセデス・ベンツS300hロング(後編)の画像 拡大
メルセデス・ベンツS300hロング
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5250×1900×1495mm/ホイールベース:3165mm/車重:2230kg/駆動方式:FR/エンジン:2.1リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ/トランスミッション:7AT/エンジン最高出力:204ps(150kW)/3800rpm/エンジン最大トルク:51.0kgm(500Nm)/1600-1800rpm/モーター最高出力:27ps(20kW)/モーター最大トルク:25.5kgm(250Nm)/タイヤ:(前)245/45R19 (後)275/40R19/車両本体価格:1353万円
メルセデス・ベンツS300hロング
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5250×1900×1495mm/ホイールベース:3165mm/車重:2230kg/駆動方式:FR/エンジン:2.1リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ/トランスミッション:7AT/エンジン最高出力:204ps(150kW)/3800rpm/エンジン最大トルク:51.0kgm(500Nm)/1600-1800rpm/モーター最高出力:27ps(20kW)/モーター最大トルク:25.5kgm(250Nm)/タイヤ:(前)245/45R19 (後)275/40R19/車両本体価格:1353万円 拡大
 
メルセデス・ベンツS300hロング(後編)の画像 拡大

関連キーワード:
Sクラス セダン, メルセデス・ベンツ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG E53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.10 試乗記 2種類の過給機とマイルドハイブリッドシステムを搭載する、メルセデスの新型セダン「AMG E53」。その走りは極めてスポーティーでありながら、昔ながらのやんちゃな高性能モデルとは違った楽しさに満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツA220 4MATICセダン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.10.20 試乗記 とどまるところを知らぬメルセデスの新型車攻勢。新型「Aクラス」にも、「ハッチバック」に続いて早くも「セダン」が設定された。ややもすれば「Cクラス」をも食いかねない、ニューフェイスの出来栄えやいかに!? アメリカ・シアトルからの第一報。
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
  • メルセデスAMG C63 Sセダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ【海外試乗記】 2018.8.20 試乗記 Dセグメントのボディーに500psオーバーのエンジンを搭載した「メルセデスAMG C63 S」。今回の改良で新たに9段ATが搭載されたが、実際に試乗すると、それ以上に注目すべきポイントがいくつも見受けられた。長足の進化の程をドイツよりリポートする。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
ホームへ戻る