第380回:新型「マツダCX-5」が狙ったモノ
ここでも見つけたマツダ理想主義!

2016.11.21 エディターから一言
ロサンゼルスオートショー2016で発表された新型「マツダCX-5」。
ロサンゼルスオートショー2016で発表された新型「マツダCX-5」。拡大

マツダはロサンゼルスオートショー(開催期間:2016年11月14日~27日)で新型「CX-5」を世界初公開した。このクルマで表現していること、そしてそこに込められた思いを、自動車ジャーナリストの小沢コージが開発陣に聞いた。

ボディーサイズは全長4550×全幅1840×全高1690mmで、ホイールベースは2700mm(いずれも北米仕様開発目標値)。
ボディーサイズは全長4550×全幅1840×全高1690mmで、ホイールベースは2700mm(いずれも北米仕様開発目標値)。拡大
ボディーカラーも進化した。新色「ソウルレッドクリスタルメタリック」では、よりみずみずしく艶(つや)やかな透明感の表現を目指した。
ボディーカラーも進化した。新色「ソウルレッドクリスタルメタリック」では、よりみずみずしく艶(つや)やかな透明感の表現を目指した。拡大
左から、マツダノースアメリカンオペレーションズの毛籠勝弘社長兼CEO、マツダの丸本 明副社長、同じくマツダの前田育男常務執行役員。
左から、マツダノースアメリカンオペレーションズの毛籠勝弘社長兼CEO、マツダの丸本 明副社長、同じくマツダの前田育男常務執行役員。拡大

「魂動」デザインを熟成

「ヒトコトで言うとプレミアム化です」
とはマツダノースアメリカンオペレーションズの副社長、大塚正志さん。小沢はこの言葉を聞いた時、ハッキリと2代目CX-5の開発意図がわかった気がした。まずデザインが露骨に熟成の方向で来ていたからだ。

LAショーの前夜祭で、新型CX-5を初めて見た時、小沢は正直アレ、一体前とどこが違うんだ? と思ってしまった。もちろんよく見るとすべてが新しくなっていて、グリルはワイド化され、特に下唇が分厚くワイルドになってると同時に、ライトは薄く鋭くなってる。

なによりもプロポーションだ。タイヤの前後トレッドが10mm幅広くなってるのと、ビックリしたのはフロントピラーの位置が35mm後退していること。さらにグリルが露骨に逆スラント化してるから、ノーズはますますワシの鼻のように伸びてワイルド化。まさか室内スペースを犠牲にしてまでダイナミズム優先にするとは。確かに味濃くなってます。

それでいて全体はまさしくCX-5のイメージをキープ。明らかに熟成方向で、デザイン・ブランドスタイル担当の常務執行役員である前田育男さんを直撃すると、
「変化球を投げてるわけじゃありませんから。しっかり、現行型の“ポジティブテンション”がこの新型では“ネガティブテンション”になってるでしょう」

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-3 XDエクスクルーシブ モッズ/XD Lパッケージ/20Sプロアクティブ Sパッケージ/20S 2018.5.17 画像・写真 マツダがコンパクトSUV「CX-3」に、新開発の1.8リッターディーゼルエンジンを採用するなどの大幅改良を実施。乗り心地を改善するための足まわりの変更や、運転支援機能を中心とした装備の強化も図っている。内外装にも手が加えられたCX-3の姿を、写真で紹介する。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.9.11 試乗記 デビュー以来最大の仕様変更が実施された、マツダのコンパクトSUV「CX-3」。ボディーや足まわりをリファインし、より排気量の大きなディーゼルエンジンを搭載したことで、その走りはどう変わったのか? 上級モデルに試乗して確かめた。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(FF/6MT)【試乗記】 2018.8.27 試乗記 デビュー以来最大規模の改良を受けたマツダのコンパクトSUV「CX-3」。新開発の1.8リッターディーゼルエンジンと新しい足まわりの織り成す走りは、従来モデルからどのように進化を遂げたのか? ちょっとマニアックなMT仕様で、その実力を確かめた。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • 目指すは世界最高のパフォーマンス
    「シボレー・コルベット」がミドシップを選んだ理由
    2019.5.6 デイリーコラム まさかのミドシップ化に加え、DOHCエンジンやハイブリッド機構の採用などもウワサされている8代目「シボレー・コルベット」。“コルベット史上最大”とも評される、こうした“革新”の狙いとは? GMの思惑をさまざまな視点から探った。
ホームへ戻る