第381回:豪快なアメリカンスポーツが富士を爆走!
「CHEVROLET Corvette Driving Academy 2016」取材リポート

2016.11.28 エディターから一言
富士スピードウェイの本コースを行く「シボレー・コルベット」。GMジャパンがドライビングセミナーを主催するのは、これが初となる。
富士スピードウェイの本コースを行く「シボレー・コルベット」。GMジャパンがドライビングセミナーを主催するのは、これが初となる。拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)が、豪快なアメリカンスポーツ「シボレー・コルベット」のオーナーを対象にした「CHEVROLET Corvette Driving Academy 2016」を富士スピードウェイで開催! イベントの様子をリポートする。

インストラクターがドライビングする、レーシーないでたちの「コルベット」。
インストラクターがドライビングする、レーシーないでたちの「コルベット」。拡大
イベントに先立って行われた開会式の様子。今回のイベントには22台の「コルベット」が参加した。
イベントに先立って行われた開会式の様子。今回のイベントには22台の「コルベット」が参加した。拡大
今回のイベントでは、新グレードの「グランスポーツ」もお披露目された。GMジャパンが「コルベット史上、最も純粋なスポーツモデル」とうたう高性能モデルである。
今回のイベントでは、新グレードの「グランスポーツ」もお披露目された。GMジャパンが「コルベット史上、最も純粋なスポーツモデル」とうたう高性能モデルである。拡大
本コースでの走行前、ドライバーに声をかけるインストラクター。
本コースでの走行前、ドライバーに声をかけるインストラクター。拡大

実は今回が初開催!

いきなりどうでもいい話で恐縮だが、個人的にコルベットに一番しっくりくる色は、イエローだと思っている。読者諸兄姉におかれてはわざわざ説明する必要もないことだろうが、イエローが「コルベットレーシング」のワークスカラーだからだ。

私が自動車メディアで碌(ろく)を食(は)み始めたころ、コルベットは「C6」世代に移行したばかりだったが、それ以前の「C5」のころから、このクルマは国内外(この場合、国内とはアメリカ国内のこと)のモータースポーツで猛威を振るっていた。大排気量V8ならではのバンカラなサウンドをとどろかせ、欧州の名だたるスポーツカーを従えて走る黄色いマシンに、ギョーカイの下っ端だったころの私は(今でも下っ端だが)シビれたものである。素人なだけに、「なんだよ。世界イチ速いスポーツカーって、ポルシェやフェラーリじゃなかったのか」と素直に感動してしまったのだ。

もっとも、そんな昔話を引っ張り出さんでも、またモータースポーツの威光に頼らずとも、コルベットが第一級のスポーツカーであることは論をまたない。アメリカなんて一地域の枠なんぞとうの昔に越えている。コルベットは世界的なハイパフォーマンス・スポーツカーなのだ。

……冒頭から、大上段に暑っ苦しい論を振りかざして大変申し訳ない。何が言いたいかというと、ワタクシはシボレー・コルベットが大好きで、そしてこのクルマに、とてもサーキットに親和するイメージを持っているということだ。正直、GMジャパンから「コルベットオーナー向けのドライビングセミナーを初開催します!」と案内が来た時、「え、今回が初めてなの?」と思ったほどで、今までにそうしたイベントがなかったことの方が、むしろ意外だった。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 8代目「シボレー・コルベット」が登場 ミドシップの駆動レイアウトを初採用 2019.7.19 自動車ニュース GMが8代目となる新型「シボレー・コルベット」を発表。コルベット史上初となるMRの駆動レイアウトが用いられており、495hpを発生するエンジンと軽量ボディーの組み合わせにより、0-60mph(96km/h)加速3秒以下という動力性能を実現している。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • 目指すは世界最高のパフォーマンス
    「シボレー・コルベット」がミドシップを選んだ理由
    2019.5.6 デイリーコラム まさかのミドシップ化に加え、DOHCエンジンやハイブリッド機構の採用などもウワサされている8代目「シボレー・コルベット」。“コルベット史上最大”とも評される、こうした“革新”の狙いとは? GMの思惑をさまざまな視点から探った。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
ホームへ戻る