クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第388回:全方位的に進化した「マツダCX-5」
主査に聞く新型の見どころ

2016.12.21 エディターから一言
いよいよ姿を現した新型「マツダCX-5」。
いよいよ姿を現した新型「マツダCX-5」。拡大

2016年11月のロサンゼルスオートショーでデビューした新型「マツダCX-5」が、いよいよわれわれの前に現れた。「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに開発された新型に込められた思いを、児玉眞也主査に聞いた。

新型「CX-5」の開発を率いた児玉眞也主査。
新型「CX-5」の開発を率いた児玉眞也主査。拡大
水平基調のインテリアデザインを採用。内装の質感は一段と高められている。
水平基調のインテリアデザインを採用。内装の質感は一段と高められている。拡大
CX-5はマツダの収益の約4割を稼ぎ出している。「なのでプレッシャーはありました」と児玉主査。
CX-5はマツダの収益の約4割を稼ぎ出している。「なのでプレッシャーはありました」と児玉主査。拡大
新型のボディーサイズは全長4545×全幅1840×全高1690mm。
新型のボディーサイズは全長4545×全幅1840×全高1690mm。拡大

いいモノができたらどんどん投入する

「マツダ、ちょっといいよね」と多くの人に言われるようになったのは、2012年にCX-5が登場してからだ。一瞬、もう? と思ったが、12年に登場し、14年にマイナーチェンジしているので、早すぎるということはない。プレスリリースを見る限り、パワートレインもプラットフォームも流用のように見受けられるが、果たして、どこが変わったのか。まずはじっくりと眺めてから、開発責任者に話をうかがった。

まずは児玉眞也主査にインタビューした。インテリアのエンジニアとしてキャリアをスタートし、スペインのフォード工場で「マツダ2(デミオ)」の生産に携わり、オーストラリアとタイでピックアップトラックを担当した後、現行「アクセラ」の主査を経て、新型CX-5の主査を務める。

――海外での販売台数を見ると、まだ右肩上がりなのにフルモデルチェンジするの、早くないですか?

児玉主査(以下、児玉):多くの人から少し早いんじゃないかと言われます。実際まだ5年たっていないですからね。けれど、最近のマツダを見ていただければわかると思うのですが、いいモノができたら、できたタイミングでどんどん投入するという姿勢ですからそれにのっとったということでしょうか。今の世界的なコンパクト~ミドルクラスのSUVブームに乗り遅れたくなかったというのもあります。

――CX-5はマツダの新世代商品群の第1弾で、このクルマをきっかけにマツダが変わったといっても過言ではない重要なモデルですが、その新型の主査はプレッシャーでしたか?

児玉:自分で勝手に財務データを確認して気づいたんですが、CX-5はマツダの収益のおよそ4割を稼ぎ出しているモデルなんです。なのでプレッシャーはありました。たくさんの新しいマツダユーザーを獲得してくれたモデルですから、せっかく獲得したお客さんの心がマツダから離れてしまわないようなモデルチェンジにしなくてはなりませんし。

全体の調和に苦心

――今回のモデルチェンジで最もアピールしたい点をひとつ挙げるなら?

児玉:ひとつなら静粛性の向上ですかねえ……。

――ひとつじゃ収まりきらなそうですね。

児玉:そうですね。苦心したのは、具体的などこかではなく全体の調和なんです。例えばシートの開発では、今回はシート担当者だけでなく、パワートレイン担当、シャシー担当も一緒にあれこれやってくれました。シート担当だけでやると、どうしてもスタティックだけがよいシートになるんです。私は海外が長く浦島太郎みたいなところがあるんですが、今回このクルマの主査を務めて、われわれはパーツをつくっているのではなくクルマをつくっているんだという意識が社員一人一人に浸透しているなと感じましたね。

――やりきった感がありますね。

児玉:発売前に本部長クラス以上全員が三次のテストコースで試乗するわけですが、複数の役員から異口同音に「各セクションがちゃんと同じベクトルを向いて仕事できているな」という趣旨のことを言われたんです。全体の調和こそが最も重要だと考えていたので、認められてうれしかったですね。

新型の開発において、児玉主査は「全体の調和こそが最も重要」と語る。
新型の開発において、児玉主査は「全体の調和こそが最も重要」と語る。拡大
シートの開発には、パワートレインやシャシーの担当者も参加したという。
シートの開発には、パワートレインやシャシーの担当者も参加したという。拡大
リアシートは乗員が安楽な姿勢を取りやすいよう、シートバックの角度を従来モデルより2度傾斜した24度とした。
リアシートは乗員が安楽な姿勢を取りやすいよう、シートバックの角度を従来モデルより2度傾斜した24度とした。拡大

著しいインテリアの質感向上

さてその児玉さんの自信作、新型CX-5をじっくり眺める。説明するより写真を見てもらったほうが早いが、フロントマスクは切れ長のヘッドランプがクロームパーツを通じてフロントグリルとつながっている。リアは先代とあまり変わっていない。プロファイルは水平基調が強まった。見た目の重心が下がり、前後ともトレッドがわずかながら拡大したおかげで安定感が増した。マツダはエンジンが横置きでも長いボンネットフードで縦置きみたいに見せるのが大好きだが、新型CX-5でもAピラーを先代よりも35mm後退させた。先代を踏襲し、ボディーが天地に薄く見えるよう、フロントバンパー下端から前後フェンダーモールを通じてリアバンパー下端まで黒い樹脂があしらわれる。

カタログやテレビCMに使われるコミュニケーションカラーは、ソウルレッドクリスタルメタリックという新しい赤で、光の当たり方によって陰影が出やすく、先代にあった赤よりも深みのある塗装だ。来季の広島カープ選手のヘルメットもこれになるのだろうか。

インテリアは格段に質感が高まった。ダッシュボードのデザインも外観同様に水平基調。センターコンソールが一段と高くなってセダンのインテリアのようだ。他の新世代マツダ車同様、ドライビングポジションにこだわったレイアウトで、アクセルペダルとフットレストが左右の足が同じ姿勢になるよう配置されるほか、ドアアームレストとセンターアームレストが同じ高さにそろえられた。高くなったコンソールはデザインのためだけではなく、ATセレクターの位置を60mm高め、操作性を向上させたとマツダは主張する。後席のシートバックは先代より寝かせて24度に設定され、28度の位置にリクライニングすることもできるようになった。上級グレードにはリアにもシートヒーターを付けられる。

パワートレインは基本的に先代からのキャリーオーバーで、スペックも同じ。2.2リッター直4ターボディーゼルエンジンには、ナチュラル・サウンド・スムーザーとナチュラル・サウンド周波数コントロールという音と振動を減じる策が講じられているほか、DE精密過給制御も採用され、パーシャルスロットル時のトルク応答がより緻密に制御され、ペダル操作によりリニアに反応するようになった。エンジンの駆動トルクを必要なタイミングで瞬時に変化させることによって前後の荷重を変化させ、だれの運転でも安定してコーナーをクリアできるG-ベクタリング・コントロールももちろん装備される。

新型(左)と従来型(右)を比較する。新型ではヘッドランプが薄くなるなど、低くワイドな面構えになった。
新型(左)と従来型(右)を比較する。新型ではヘッドランプが薄くなるなど、低くワイドな面構えになった。拡大
新型(左)ではAピラーの位置を従来比で約35mm後退させ、フロントアクスルとAピラーの位置関係を適正化させた。
新型(左)ではAピラーの位置を従来比で約35mm後退させ、フロントアクスルとAピラーの位置関係を適正化させた。拡大
フロントやサイドに比べると、リアのデザインは新旧の見分けがつきにくいかもしれない。左が新型。
フロントやサイドに比べると、リアのデザインは新旧の見分けがつきにくいかもしれない。左が新型。拡大
2.2リッター直4ターボディーゼルエンジンには、ノック音を低減するナチュラル・サウンド・スムーザーに加えて、ノック音の発生そのものを抑制するナチュラル・サウンド周波数コントロールが採用された。
2.2リッター直4ターボディーゼルエンジンには、ノック音を低減するナチュラル・サウンド・スムーザーに加えて、ノック音の発生そのものを抑制するナチュラル・サウンド周波数コントロールが採用された。拡大

ようやくACCが全車速対応に

児玉主査が一番アピールしたいとおっしゃった静粛性向上。確かに乗り込んでドアを閉めると、気密性の高い部屋に入ったように一気に外界の音が遠のく。エンジンをかけても移動のために数十メートル走らせても静かだった。“ディーゼルにしては”というわけではなく静かだった。マツダによれば、走行騒音は先代の20km/h低い車速のレベルを実現している。

このほか、商品性向上につながる重要な改善がふたつあった。ひとつはアクティブ・ドライビング・ディスプレイがプラスチックのモニターに投影するタイプからフロントウィンドウに投影するタイプになったこと。ウィンドウガラスに投影するほうがコストがかかるためにこれまでは導入できなかったのだろうが、価格の安いデミオならともかく、CX-5の場合、販売競争する相手のことを考えても、この機能を設定するなら絶対にウィンドウ投影タイプだと思う。

もうひとつはACC(マツダの言い方では「マツダ・レーダー・クルーズコントロール」)がようやく全車速対応になったこと。従来は30km/h未満になると前車追従がキャンセルとなっていた。ACCの初期にはこういう途中でキャンセルされるモデルも結構あったが、最近では全車速対応が主流。マツダには何度か「なぜ全車速対応にしないんですか?」と尋ねたことがあり、その度に「最後はドライバーが責任をもって停止させるべき……」という答えが返ってきた。

だがモデルチェンジで全車速対応となったということはマツダもそのほうがドライバーにメリットが大きいと認めたということだろう。技術的には、先代はミリ波レーダーのみでセンシングしていたが、新型はカメラからの情報も併用するようになり、より前車を検知する精度が上がったため、可能になったということだろう。もちろん、停止まで対応するからといって過信はダメだが、正しく使えばこんなに便利な装備はない。

いろいろなモデルで採用済みの新技術を投入し、プラットフォームとパワートレインは大幅に手を入れて改善したという新型CX-5。きっと試乗してもいいに違いない。

(文=塩見 智/写真=高橋信宏/編集=竹下元太郎)
 

新型では室内の静粛性が高まった。走行騒音は従来型の20km/h低い車速のレベルを実現しているという。
新型では室内の静粛性が高まった。走行騒音は従来型の20km/h低い車速のレベルを実現しているという。拡大
新型では、アクティブ・ドライビング・ディスプレイがフロントウィンドウ投影タイプに変更された。
新型では、アクティブ・ドライビング・ディスプレイがフロントウィンドウ投影タイプに変更された。拡大
ATセレクターの位置が60mm高められており、操作性が改善されている。
ATセレクターの位置が60mm高められており、操作性が改善されている。拡大
ラゲッジスペースの容量は505リッター。
ラゲッジスペースの容量は505リッター。拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

マツダ CX-5 の中古車
関連キーワード
CX-5マツダ
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。