第388回:全方位的に進化した「マツダCX-5」
主査に聞く新型の見どころ

2016.12.21 エディターから一言
いよいよ姿を現した新型「マツダCX-5」。
いよいよ姿を現した新型「マツダCX-5」。拡大

2016年11月のロサンゼルスオートショーでデビューした新型「マツダCX-5」が、いよいよわれわれの前に現れた。「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに開発された新型に込められた思いを、児玉眞也主査に聞いた。

新型「CX-5」の開発を率いた児玉眞也主査。
新型「CX-5」の開発を率いた児玉眞也主査。拡大
水平基調のインテリアデザインを採用。内装の質感は一段と高められている。
水平基調のインテリアデザインを採用。内装の質感は一段と高められている。拡大
CX-5はマツダの収益の約4割を稼ぎ出している。「なのでプレッシャーはありました」と児玉主査。
CX-5はマツダの収益の約4割を稼ぎ出している。「なのでプレッシャーはありました」と児玉主査。拡大
新型のボディーサイズは全長4545×全幅1840×全高1690mm。
新型のボディーサイズは全長4545×全幅1840×全高1690mm。拡大

いいモノができたらどんどん投入する

「マツダ、ちょっといいよね」と多くの人に言われるようになったのは、2012年にCX-5が登場してからだ。一瞬、もう? と思ったが、12年に登場し、14年にマイナーチェンジしているので、早すぎるということはない。プレスリリースを見る限り、パワートレインもプラットフォームも流用のように見受けられるが、果たして、どこが変わったのか。まずはじっくりと眺めてから、開発責任者に話をうかがった。

まずは児玉眞也主査にインタビューした。インテリアのエンジニアとしてキャリアをスタートし、スペインのフォード工場で「マツダ2(デミオ)」の生産に携わり、オーストラリアとタイでピックアップトラックを担当した後、現行「アクセラ」の主査を経て、新型CX-5の主査を務める。

――海外での販売台数を見ると、まだ右肩上がりなのにフルモデルチェンジするの、早くないですか?

児玉主査(以下、児玉):多くの人から少し早いんじゃないかと言われます。実際まだ5年たっていないですからね。けれど、最近のマツダを見ていただければわかると思うのですが、いいモノができたら、できたタイミングでどんどん投入するという姿勢ですからそれにのっとったということでしょうか。今の世界的なコンパクト~ミドルクラスのSUVブームに乗り遅れたくなかったというのもあります。

――CX-5はマツダの新世代商品群の第1弾で、このクルマをきっかけにマツダが変わったといっても過言ではない重要なモデルですが、その新型の主査はプレッシャーでしたか?

児玉:自分で勝手に財務データを確認して気づいたんですが、CX-5はマツダの収益のおよそ4割を稼ぎ出しているモデルなんです。なのでプレッシャーはありました。たくさんの新しいマツダユーザーを獲得してくれたモデルですから、せっかく獲得したお客さんの心がマツダから離れてしまわないようなモデルチェンジにしなくてはなりませんし。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-3 XDエクスクルーシブ モッズ/XD Lパッケージ/20Sプロアクティブ Sパッケージ/20S 2018.5.17 画像・写真 マツダがコンパクトSUV「CX-3」に、新開発の1.8リッターディーゼルエンジンを採用するなどの大幅改良を実施。乗り心地を改善するための足まわりの変更や、運転支援機能を中心とした装備の強化も図っている。内外装にも手が加えられたCX-3の姿を、写真で紹介する。
  • これは現代の「ファミリア」か!?
    「CX-30」に見るマツダのねらいとは?
    2019.9.27 デイリーコラム マツダが新たなクロスオーバー「CX-30」の国内販売をスタートした。既存モデルとのすみ分けが微妙に思えるこのニューモデル。同社はどんなねらいで、何を目指して開発したのだろうか? その存在意義を、筆者はこう見る。
  • マツダCX-3 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.9.11 試乗記 デビュー以来最大の仕様変更が実施された、マツダのコンパクトSUV「CX-3」。ボディーや足まわりをリファインし、より排気量の大きなディーゼルエンジンを搭載したことで、その走りはどう変わったのか? 上級モデルに試乗して確かめた。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
ホームへ戻る