クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
おデブなMINIってアリなのか?

2017.05.02 カーマニア人間国宝への道

最新ディーゼルのお勉強

これまで1年近くにわたってディーゼルエンジンについてダラダラと書いてきたが、「そろそろ総括したらどうか」という編集部の追い込みにあい、最新のディーゼルモデル4台に一度に乗ることができました。

●MINIクーパーSD クロスオーバーALL4/483万円
●プジョー308SW GT BlueHDi/378万8000円
●メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ/775万円
●メルセデス・ベンツS300h エクスクルーシブ/1283万円

価格を見ると、「5年以内に中古で」ぐらいに考えても、メルセデスの2台は到底ムリ。つまり私の守備範囲ではないが、頂点を知らなければ底辺も語れないという法則に従い、乗らせていただきました。

まず乗ったのは「MINIクロスオーバー」。その頂点モデルである「クーパーSD」の四駆だ。エンジンは「BMW 320d」などでおなじみの2リッター190ps、トルク400Nm。こりゃスゲエ。

見た目はまさにキープコンセプト。いやこれはキープコンセプトっていうんじゃないね。サザエさんの顔の経年変化とかそんな感じ。サイズはぐっと大きくなっているが、クロスオーバーはもともとデブだったので、そっちもあまり感じない。

今回はコンパクトカーにワゴン、SUVやセダンといった、スタイルや価格も違うディーゼル車4台に試乗した。
今回はコンパクトカーにワゴン、SUVやセダンといった、スタイルや価格も違うディーゼル車4台に試乗した。拡大
クリーンディーゼルエンジン搭載車は2014年にMINIとして初めてラインナップされた。
クリーンディーゼルエンジン搭載車は2014年にMINIとして初めてラインナップされた。拡大
「MINIクロスオーバー」は、2017年2月に初のフルモデルチェンジを受け、2代目となった。
「MINIクロスオーバー」は、2017年2月に初のフルモデルチェンジを受け、2代目となった。拡大
「MINIクーパーSD クロスオーバーALL4」が搭載する2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力190ps、最大トルク400Nmを発生する。
「MINIクーパーSD クロスオーバーALL4」が搭載する2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力190ps、最大トルク400Nmを発生する。拡大

先代は“ガマンのクルマ”だった

先代クロスオーバーのディーゼルモデルは、エンジンが旧々々世代(?)ぐらいの使い回しで、「D」が112ps、「SD」でも143psしかなかった。

BMWのディーゼルが日本に初上陸したのは320dから。あの力強く軽快でエリート感満点のフィーリングと比べると、先代MINIクロスオーバーのソレは、「こんなのあったんだ!?」と愕然(がくぜん)とするくらいトラックみたいに鈍重でやかましかった。特に「D」の遅さは衝撃的で、学生時代(つまり35年くらい前)、先輩の「日産ローレル ディーゼル」に乗せてもらったのを思い出したほどである。昔はディーゼルって本当にガマンのクルマだったからなぁ。取りえは燃費だけで。

BMWの旧世代ディーゼルは、燃費もイマイチだった。クロスオーバーDのFFでJC08が16.3km/リッター。それで341万円もしたんですよ! SDは387万円。高い! BMWのディーゼルの割には安かったのかもしれないが、マツダの爪の垢(あか)を煎じて飲ませてやりたいと思いました。

それでもクロスオーバーのディーゼルモデルはよく売れたという。もはやBMWの働くクルマ系(ワゴンやSUV)はディーゼルじゃなきゃ! という流れが完全にできているようだ。
それが証拠に、今度のクロスオーバーはディーゼルのみ! 夏にはプラグインハイブリッドも入る予定だが、販売の90%以上をディーゼルモデルが占めるのは間違いないだろう。

「MINIクーパーSD クロスオーバーALL4」のボディーサイズは全長4315×全幅1820×全高1595mm。
「MINIクーパーSD クロスオーバーALL4」のボディーサイズは全長4315×全幅1820×全高1595mm。拡大
「MINI」ならではの個性的なインテリアに「きゃわゆい」と萌(も)える55歳。
「MINI」ならではの個性的なインテリアに「きゃわゆい」と萌(も)える55歳。拡大
円形をモチーフに、クロームパーツをふんだんに取り入れた「MINIクーパーSD クロスオーバーALL4」のコックピット。
円形をモチーフに、クロームパーツをふんだんに取り入れた「MINIクーパーSD クロスオーバーALL4」のコックピット。拡大
身長174cmの筆者が後席に座った様子。頭上には拳ひとつ分の余裕があった。
身長174cmの筆者が後席に座った様子。頭上には拳ひとつ分の余裕があった。拡大

“ミニ”なのにデブという衝撃

とまぁ先代の悪口でずいぶん引っ張ったが、新型のSDに乗り、アクセルをひと踏みしてビビリました。

メッチャ速い! こりゃひと踏みぼれ!

アイドリングでのディーゼル音はけっこう大きい。圧縮比は16.5でそれほど高くはないし、もちろん先代よりは大幅に静かだが、それでも静かな浜辺でエンジンをかけると、うわー公害だーという気分になる。

しかし走りだせばこっちのもんで、とにかくグワッと押し出されるトルクが痛快! この瞬間がディーゼルだよね!

車重はけっこうある(1630kg)。ボディーサイズが一回りデカくなってさらに太ったMINIクロスオーバーは、四駆ということもあり、BMW 320dより重いのだ! MINIなのに!

そういうところにどうにもならない本末転倒感もあるのですが、しかしこんだけグワッと加速してくれて乗り心地も良くなってて広くなってりゃ、まぁ文句はないでしょうかね? 先代SDより約100万円高くなったのも納得か。いや、先代が高すぎたんだよ! それと比べちゃいけない。

それより私としては、ようやく300万円を切ってきた「320dツーリング」の中古を狙いたい。190psなんてゼイタクは言わない。マイチェン前の184psで十分です。

来年あたり? 「3シリーズ」がフルモデルチェンジすれば、相場はさらに下がるはず。そこが狙い目ではなかろうか? MINIクロスオーバーは先代も新型もパス! 以上。

(文=清水草一/写真=池之平昌信/編集=大沢 遼)

第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ

アイドリング時のエンジン音は4台の中で一番大きかった。「うるさ~~~い!」と耳をふさぐ筆者。
アイドリング時のエンジン音は4台の中で一番大きかった。「うるさ~~~い!」と耳をふさぐ筆者。拡大
トルクフルな走りは痛快そのもの!
トルクフルな走りは痛快そのもの!拡大
「MINIクーパーSD クロスオーバーALL4」のJC08モード燃費は20.8km/リッター。今回の取材時の燃費は満タン法では12.6km/リッター、車載燃費計計測値では13.7km/リッターだった。
「MINIクーパーSD クロスオーバーALL4」のJC08モード燃費は20.8km/リッター。今回の取材時の燃費は満タン法では12.6km/リッター、車載燃費計計測値では13.7km/リッターだった。拡大
衝突回避、被害軽減ブレーキなどの先進機能は標準で装備される。
衝突回避、被害軽減ブレーキなどの先進機能は標準で装備される。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

MINI MINIクロスオーバー の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。