第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
おデブなMINIってアリなのか?

2017.05.02 カーマニア人間国宝への道

最新ディーゼルのお勉強

これまで1年近くにわたってディーゼルエンジンについてダラダラと書いてきたが、「そろそろ総括したらどうか」という編集部の追い込みにあい、最新のディーゼルモデル4台に一度に乗ることができました。

●MINIクーパーSD クロスオーバーALL4/483万円
●プジョー308SW GT BlueHDi/378万8000円
●メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ/775万円
●メルセデス・ベンツS300h エクスクルーシブ/1283万円

価格を見ると、「5年以内に中古で」ぐらいに考えても、メルセデスの2台は到底ムリ。つまり私の守備範囲ではないが、頂点を知らなければ底辺も語れないという法則に従い、乗らせていただきました。

まず乗ったのは「MINIクロスオーバー」。その頂点モデルである「クーパーSD」の四駆だ。エンジンは「BMW 320d」などでおなじみの2リッター190ps、トルク400Nm。こりゃスゲエ。

見た目はまさにキープコンセプト。いやこれはキープコンセプトっていうんじゃないね。サザエさんの顔の経年変化とかそんな感じ。サイズはぐっと大きくなっているが、クロスオーバーはもともとデブだったので、そっちもあまり感じない。

今回はコンパクトカーにワゴン、SUVやセダンといった、スタイルや価格も違うディーゼル車4台に試乗した。
今回はコンパクトカーにワゴン、SUVやセダンといった、スタイルや価格も違うディーゼル車4台に試乗した。拡大
クリーンディーゼルエンジン搭載車は2014年にMINIとして初めてラインナップされた。
クリーンディーゼルエンジン搭載車は2014年にMINIとして初めてラインナップされた。拡大
「MINIクロスオーバー」は、2017年2月に初のフルモデルチェンジを受け、2代目となった。
「MINIクロスオーバー」は、2017年2月に初のフルモデルチェンジを受け、2代目となった。拡大
「MINIクーパーSD クロスオーバーALL4」が搭載する2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力190ps、最大トルク400Nmを発生する。
「MINIクーパーSD クロスオーバーALL4」が搭載する2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力190ps、最大トルク400Nmを発生する。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2021.4.5 試乗記 すっかり大きくなったMINIシリーズのなかでも一番大きいのが「MINIクロスオーバー」だ。ラインナップで唯一のプラグインハイブリッド(PHEV)モデル「クーパーS EクロスオーバーALL4」に試乗し、最新モデルの仕上がりを試した。
  • MINIクーパーSDクロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.30 試乗記 「MINIクロスオーバー」のマイナーチェンジモデルが上陸。アップデートされた内外装や欧州の新しい排ガス基準に対応した改良型ディーゼルユニット、そして熟成されたシャシーの出来栄えを確かめるため、ロングドライブに連れ出した。
  • MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.5 試乗記 最高出力を231PSから306PSへと大幅にパワーアップした「MINIクロスオーバー」のハイパフォーマンスバージョン「ジョンクーパーワークス」に試乗。背の高いマルチパーパスのキャラクターと高性能エンジンの組み合わせは、どんな進化を遂げたのか?
  • DS 7クロスバックE-TENSE 4×4グランシック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.7 試乗記 マクロン大統領も公用車として愛用する「DS 7クロスバック」に、新たにプラグインハイブリッドモデルが登場。このフランス発のラグジュアリーSUVは、電気の力を得たことで絢爛(けんらん)豪華なだけではない新たな魅力を手にしていた。
  • メルセデス・ベンツEQA250(FWD)【試乗記】 2021.5.31 試乗記 電気自動車のラインナップ強化にいそしむメルセデス・ベンツから、コンパクトSUVタイプの新型車「EQA」が登場。取り回しのしやすさや、デイリーユースでの使い勝手のよさなどがうたわれるニューモデルの仕上がりを報告する。
ホームへ戻る