第410回:ランボルギーニ開発のキーマン
“最速の猛牛”「ウラカン ペルフォルマンテ」を語る

2017.05.11 エディターから一言
ランボルギーニの最新モデル「ウラカン ペルフォルマンテ」と、同社の研究・開発部門のトップを務めるマウリツィオ・レッジャーニ氏。
ランボルギーニの最新モデル「ウラカン ペルフォルマンテ」と、同社の研究・開発部門のトップを務めるマウリツィオ・レッジャーニ氏。拡大

ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットのノルドシュライフェ(北コース)、車両開発の聖地としても名高いこのコースで現在、量産車の最速ラップタイムを保持しているのが、今夏にもデリバリーが始まる「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」だ。“最速の猛牛”の強さの秘密はどこにあるのか、ランボルギーニの研究・開発部門担当取締役であるマウリツィオ・レッジャーニ氏に聞いた。

「アランチョ・アンタエウス」と名付けられた、鮮やかなオレンジをまとう「ウラカン ペルフォルマンテ」。写真は、2017年3月に開催されたジュネーブモーターショーでのもの。
「アランチョ・アンタエウス」と名付けられた、鮮やかなオレンジをまとう「ウラカン ペルフォルマンテ」。写真は、2017年3月に開催されたジュネーブモーターショーでのもの。拡大
2016年10月5日、ノルドシュライフェで新たな速度記録の樹立を喜ぶ、ランボルギーニのスタッフ。写真左から5人目が、レッジャーニ氏。
2016年10月5日、ノルドシュライフェで新たな速度記録の樹立を喜ぶ、ランボルギーニのスタッフ。写真左から5人目が、レッジャーニ氏。拡大
減速時の空気の流れを示すイメージ図。フロントスポイラー内のフラップの働きにより、スタンダードの「ウラカン」比で最大7.5倍のダウンフォースが発生。走行安定性が高められる。
減速時の空気の流れを示すイメージ図。フロントスポイラー内のフラップの働きにより、スタンダードの「ウラカン」比で最大7.5倍のダウンフォースが発生。走行安定性が高められる。拡大
「フロントアクティブスポイラー」の断面図(画像の左側が進行方向)。黄色で示されたフラップを動かすことで、空気の流れを変化させる。(画像をクリックすると、ALAのオンオフの違いが見られます)
「フロントアクティブスポイラー」の断面図(画像の左側が進行方向)。黄色で示されたフラップを動かすことで、空気の流れを変化させる。(画像をクリックすると、ALAのオンオフの違いが見られます)拡大

決め手は新たなエアロパーツ

――まず、ウラカン ペルフォルマンテを開発するに至った経緯を教えてください。

マウリツィオ・レッジャーニ氏(以下、レッジャーニ):われわれ開発陣には、既存のモデルを上回るハイパフォーマンスカーを作るというミッションがあります。そこで、スーパースポーツカーの性能を測る基準は何にすべきなのか、セールスやコマーシャルを担当するスタッフとともに検討したのです。そしてそれは「ノルドシュライフェのラップタイム」に定まりました。

同コースでのタイムアタックは、2015年に「アヴェンタドールSV」で実施された。タイムは6分59秒73。この記録はその後、「ポルシェ918スパイダー」(6分57秒)に塗り替えられるが、2016年10月5日には、ウラカン ペルフォルマンテが6分52秒01をマーク。ランボルギーニが王座奪還に成功した。

「ノルドシュライフェを攻略するためには、従来の対策では不十分でした」と、レッジャーニ氏は当時を振り返る。

レッジャーニ:特に、エアロダイナミクスの改善はマストでした。今回のペルフォルマンテでは、可能な限りアグレッシブに、空力性能の開発に取り組むことになりました。

その結果生まれたのが、「エアロダイナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ(ALA)」と名付けられたアクティブエアロダイナミクスシステムである。ALAは、内部に電子制御式フラップを持つ「フロントアクティブスポイラー」と「リアアクティブウイング」で構成されており、それぞれのフラップを開閉することで、車体周辺の空気の流れを変化させる。例えば、フルブレーキング時にはフラップを閉じて高ダウンフォースを発生させ、加速時にはドラッグ(空気抵抗)を減らしトップスピードを上げるエアフローを実現。常に走行状態に合った緻密な電子制御を行い、走りのパフォーマンスを最大化するのだ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る