クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第47回:フェラーリは舐めるように乗れ

2017.06.27 カーマニア人間国宝への道

フェラーリでスルタン気分

タイミングベルト交換その他納車整備も滞りなく終了し、赤い玉号はめでたく納車となった。

私がコーナーストーンズで納車を受けた回数は、もはや数えきれないほどだが(表現に誇張アリ)、今回は約5年ぶり。久しぶりの納車でした。

「458イタリア」を買う前は、「360モデナ」から「328GTB」(約1カ月)→「328GTS」(約1年)→「F355」(約1年半)→「カウンタック アニバーサリー」(約半年)→「512TR」(約1年半)と、平均1年おきに買い替えておりまして、そのことにカタルシスを感じていました。フェラーリを毎年買い替える(含むランボルギーニ)! まるでスルタンやないけ! と。

値落ちが最小のフェラーリ様(とランボルギーニ様)だからできることなのですが、知らない人が聞けばとんでもない大金持ちっしょ? 

私は、平民がこうしてスルタン気分を味わうのは、とってもスバラシイことだと思うのです。だから皆さまもぜひ、ファイト一発でフェラーリを買ってみてください! その瞬間に極楽浄土が広がります。ホントです。

でもホンモノの富裕層は、「スペチアーレ」など限定モデルをゲットすることで、出費が最小限どころか儲(もう)かっちゃってるわけでして、そのことには強い憤りを感じますウフフ~。いやまぁいいんですけどね。私も走行距離を抑えるなどして、平民なりにセコく値落ちを防いでるので……。

筆者が9年前に乗っていた、“ヨーコ様”こと黒の「フェラーリ328GTS」。スルタンにしては、自宅駐車場が狭い。
筆者が9年前に乗っていた、“ヨーコ様”こと黒の「フェラーリ328GTS」。スルタンにしては、自宅駐車場が狭い。拡大
「F355スパイダー」。まだ少しスペースに余裕はあった。
「F355スパイダー」。まだ少しスペースに余裕はあった。拡大
「ランボルギーニ・カウンタック アニバーサリー」ではさすがにギリギリ。
「ランボルギーニ・カウンタック アニバーサリー」ではさすがにギリギリ。拡大
「512TR」の前には、普段の足である“牛丼車”「トヨタ・アクア」を格納。
「512TR」の前には、普段の足である“牛丼車”「トヨタ・アクア」を格納。拡大

フェラーリ破滅教に学ぶ

そういえば、いつかフェラーリを買うぞ! と思っている方の中には、「買ったら通勤で毎日乗ってやる!」とか、「普段もフェラーリ乗り回したる!」と漠然と考えている方が少なくないのですが、それは間違ってます!

毎日フォアグラ食うのはダメ! それじゃうまいもまずいもわかんなくなるし!

かつて、私の大乗フェラーリ教に対抗して、『フェラーリ破滅教』を立ち上げた、大宮さんというグレイトな男がいました。

大宮さんはほぼ毎日、愛車の「F355スパイダー」をオープンで乗り回しました。

オープンのままカバーをかけて月決めの青空駐車場に止め置き、カバーが風で飛ぶ&大雨に降られてカバーがバスタブになるなど、フェラーリ様を徹底的に痛めつけました。それが大宮さんなりの愛のカタチだったのですが、氏のF355スパイダーは激しい勢いで劣化しました。

ボディーはズタボロ、車内はカビだらけ、無用なブリッピングの多用もあってエンジンは7万kmあたりから1~2気筒死亡、「スバル・インプレッサWRX(GC8)」のようなボクサーサウンドを発しました。続いて乗った「360スパイダー」にはじかに自転車を積載し、ボディーを傷つけまくりました。

後先考えず今この瞬間の快楽を最優先するその姿勢は、実に男らしくカッコよかったのですが、大宮さんが乗ったフェラーリはどれもボロ雑巾のようになり、当然下取りもボロ雑巾。氏のフェラーリライフは3台で破滅となりました。

やっぱフェラーリ様は大事にするものなのです! 最大のタブーは酷使! 乗ること! フェラーリ様は乗ると減る! だからチビチビ舐(な)めるように乗れ! 皆さま、それを肝に銘じてください。

大宮さんのすさまじいフェラーリライフは、清水草一の自主制作DVD『熱すぎるぜ! フェラーリ破滅主義』に記録された。
大宮さんのすさまじいフェラーリライフは、清水草一の自主制作DVD『熱すぎるぜ! フェラーリ破滅主義』に記録された。拡大
大宮さんの「F355スパイダー」はオープン機構の不調のためオープンのままカバーをかけていたが、それが間々悲劇を招いた。
大宮さんの「F355スパイダー」はオープン機構の不調のためオープンのままカバーをかけていたが、それが間々悲劇を招いた。拡大
大宮さんは、クルマにとどまらず、あらゆるモノの扱いがぞんざいであった。
大宮さんは、クルマにとどまらず、あらゆるモノの扱いがぞんざいであった。拡大
大宮さんの「360スパイダー」。ボディーに直接ロードバイクを搭載し、ゴムで固定していた。
大宮さんの「360スパイダー」。ボディーに直接ロードバイクを搭載し、ゴムで固定していた。拡大

シアワセを極大化するコツ

といいつつ私も、過去韓国や竜飛岬へフェラーリで特攻しておりますが、その分はどっかで節約してください。

フェラーリはたまの御馳走(ごちそう)。極言すれば、食べなくてもいい。見るだけでも満足できる宝石です。

加えてその御馳走をよりおいしくいただくために、足グルマは安っぽい方がいい。ふだんはすき屋の牛丼食って、たまに超絶御馳走を味わって涙を流す。それがシアワセを極大化するコツです。

ということで、たまの御馳走・赤い玉号のエンジンに火を入れ、コーナーストーンズから国道246号線に乗り出そうとした私は、その瞬間、激しい衝撃を受けました。

「ハンドル、軽っ!!」

据え切りはフツーに重かったのですが、動き出した瞬間からハンドルがメッチャ軽いのです! この軽さはどんなスカスカ電動パワステよりも上! パワステ付いてないのに!

以前乗った2台の328は、思えばフツーだった。それに比べると赤い玉号は、うーん、3分の1くらいの手応えか? 「ちょっと軽い」とかそういうレベルじゃない。鬼のように軽い! 想像を絶するほど! でもまあハンドルなんかいーや。フェラーリは一にエンジン、二にカッコだから。

赤い玉号は246に出た。アクセルを踏み込むオレ。鳴り響くフェラーリサウンド。

「くおおおおおおおおお~~~~~」
血が逆流するような快感が全身を貫く。嗚呼(ああ)、この瞬間がフェラーリだよね……。

(文=清水草一/写真=清水草一、池之平昌信/編集=大沢 遼)

フェラーリはたまに味わう御馳走である。(写真=池之平昌信)
フェラーリはたまに味わう御馳走である。(写真=池之平昌信)拡大
「328GTS」のインテリア。“赤い玉号”はハンドルがものすごく軽い。(写真=池之平昌信)
「328GTS」のインテリア。“赤い玉号”はハンドルがものすごく軽い。(写真=池之平昌信)拡大
「328GTS」の3.2リッターV8エンジン。(写真=池之平昌信)
「328GTS」の3.2リッターV8エンジン。(写真=池之平昌信)拡大
「くおおおおおおおおお~~~」。(写真=池之平昌信)
「くおおおおおおおおお~~~」。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

webCG MoviesYouTube公式
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フェラーリ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。