第47回:フェラーリは舐めるように乗れ

2017.06.27 カーマニア人間国宝への道

フェラーリでスルタン気分

タイミングベルト交換その他納車整備も滞りなく終了し、赤い玉号はめでたく納車となった。

私がコーナーストーンズで納車を受けた回数は、もはや数えきれないほどだが(表現に誇張アリ)、今回は約5年ぶり。久しぶりの納車でした。

「458イタリア」を買う前は、「360モデナ」から「328GTB」(約1カ月)→「328GTS」(約1年)→「F355」(約1年半)→「カウンタック アニバーサリー」(約半年)→「512TR」(約1年半)と、平均1年おきに買い替えておりまして、そのことにカタルシスを感じていました。フェラーリを毎年買い替える(含むランボルギーニ)! まるでスルタンやないけ! と。

値落ちが最小のフェラーリ様(とランボルギーニ様)だからできることなのですが、知らない人が聞けばとんでもない大金持ちっしょ? 

私は、平民がこうしてスルタン気分を味わうのは、とってもスバラシイことだと思うのです。だから皆さまもぜひ、ファイト一発でフェラーリを買ってみてください! その瞬間に極楽浄土が広がります。ホントです。

でもホンモノの富裕層は、「スペチアーレ」など限定モデルをゲットすることで、出費が最小限どころか儲(もう)かっちゃってるわけでして、そのことには強い憤りを感じますウフフ~。いやまぁいいんですけどね。私も走行距離を抑えるなどして、平民なりにセコく値落ちを防いでるので……。

筆者が9年前に乗っていた、“ヨーコ様”こと黒の「フェラーリ328GTS」。スルタンにしては、自宅駐車場が狭い。
筆者が9年前に乗っていた、“ヨーコ様”こと黒の「フェラーリ328GTS」。スルタンにしては、自宅駐車場が狭い。拡大
「F355スパイダー」。まだ少しスペースに余裕はあった。
「F355スパイダー」。まだ少しスペースに余裕はあった。拡大
「ランボルギーニ・カウンタック アニバーサリー」ではさすがにギリギリ。
「ランボルギーニ・カウンタック アニバーサリー」ではさすがにギリギリ。拡大
「512TR」の前には、普段の足である“牛丼車”「トヨタ・アクア」を格納。
「512TR」の前には、普段の足である“牛丼車”「トヨタ・アクア」を格納。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【試乗記】 2018.10.31 試乗記 フェラーリのフラッグシップモデル「812スーパーファスト」は、その車名からも分かるように最高出力800psとなる伝統のV12エンジンをフロントミドに搭載している。限界特性を知るにはサーキットで走らせるしかないが、主に今回は日常使いについてリポートする。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.11.23 試乗記 フランスのミドシップスポーツモデル「アルピーヌA110」に、ハイパフォーマンスグレードの「A110S」が追加された。よりパワフルなエンジンと引き締められた足まわりで、その走りはどう変わったのか? ポルトガルのエストリルサーキットから報告する。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(7人乗り)(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.19 試乗記 取り回しのしやすさと利便性の高さで人気を博す、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」がマイナーチェンジ。新デザインとなった改良モデルは、従来型からどのような進化を遂げたのか? ベーシックな1.5リッターのガソリン車に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.9.25 試乗記 圧倒的な動力性能を持つスーパーカーでありながら、快適性や利便性も徹底追求したという「マクラーレンGT」。南仏コート・ダジュールでそのステアリングを握った筆者は、新機軸というべき走りに驚かされたのだった。
ホームへ戻る