クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第49回:謎のメチャ軽ステアリング(その1)

2017.07.11 カーマニア人間国宝への道

赤い玉がコロン

恐ろしいほど軽いステアリング含め、すべてがとんでもなくスバラシイ赤い玉号こと「328GTS」だが、先日大事件が起きました!
 
なんと、本当に赤い玉が出たのです……。クルマではなく私に。

一応説明しておきますと、赤い玉(あるいは赤玉)とは、最後にコロンと出て「男の夜の方が終わる」といわれるモノです。もちろん民間伝承、あるいは迷信とでも申しましょうか。笑い話の類いだと思ってましたが、それが出たのです!

早朝4時頃。私はお小水がしたくなり、トイレに起きました。そして致したところ、最後の方で痛みを感じ、強烈な残尿感が。

寝ぼけまなこをこすりながら「これはおかしい」と思い、再度トイレに行きまして、座って致してみました。

するとなんと! お小水が真っ赤! しかも最後に赤い玉が3個もおぉぉぉぉぉぉ!

正確には玉ではないですね。小さな血のカタマリです。お食事中の皆さま、申し訳ございません。しかしこれを報告しないわけにはいかない。だって赤い玉号を買ったら赤い玉が出たんだから!

朝、ダッシュで病院に行って尿検査を受けた結果はぼうこう炎。抗生剤を飲んだら治りました。頻尿も残尿感も赤い玉も止まりました。

医学的には、加齢(55歳)と軽い熱中症で抵抗力が落ちていたことに原因があると推測されますが、なんにせよ赤い玉が出たことは事実。おそるべし赤い玉号のパワー……。私はいま、名実ともに赤い玉号に乗る資格を得た感動でいっぱいです!

これは大事件だ!(写真=池之平昌信)
これは大事件だ!(写真=池之平昌信)拡大
なんと筆者の身に“赤い玉”が!(写真=池之平昌信)
なんと筆者の身に“赤い玉”が!(写真=池之平昌信)拡大
もしや「男の夜の方の終わり」なのか!?(写真=池之平昌信)
もしや「男の夜の方の終わり」なのか!?(写真=池之平昌信)拡大

フェラーリのタルガトップ最高!

その後赤い玉号で何度か首都高に出撃を試み、タルガトップをオープンにしてみました。

私は328GTSを買ったのはこれが2度目なのですが、前回は一度も開けなかったので(!)、初体験でした。

なんで開けなかったのかというと、若い頃の「ポルシェ911タルガ」(タイプ930)の体験から、「タルガトップを開けてもあんまり気持ちいい風は入ってこない」という思い込みがあったからです。いい風どころか乱気流が室内に入り込んで、目にゴミが入って参りました。

で、前のヨーコ様は黒だったので、黒いタルガトップがボディーに完全にマッチ。開ける必要をまったく感じないまま終わってしまったのです。

でも今度はボディーが赤。黒いタルガトップが見た目の調和を微妙に崩しているので、外したらもっとカッコいいんじゃないかと思って開けてみました。

やっぱメチャメチャカッコ良くなった! 外したタルガトップは、そのままシートの後ろに格納できるので、脱着は思ったより全然ラクだし。

で、そのままオープンで走ってみたら、ド早朝のサワヤカな風がソヨソヨと頰を撫(な)で、猛烈に気持ち良かったのです! うおー俺はこれを知らずに死ぬところだったのか!

もちろん、「F355」など、フェラーリのスパイダーの方が開放感ははるかに上だけど、タルガトップのGTSでも十分ウルトラ気持ちいい! 930タルガがダメだったのは、ベースの空力に無理があるせいだったのか! さすがフェラーリ様! フェラーリのタルガトップ最高! ポルシェと一緒にして申し訳ございません。

20代の頃、今は亡き筆者の父が購入した「ポルシェ911タルガ」(タイプ930)。タルガトップを外すと乱気流がキャビンに流れ込み、当時コンタクトレンズだったため目にゴミが入り激痛が……。
20代の頃、今は亡き筆者の父が購入した「ポルシェ911タルガ」(タイプ930)。タルガトップを外すと乱気流がキャビンに流れ込み、当時コンタクトレンズだったため目にゴミが入り激痛が……。拡大
筆者が9年前に購入した“ヨーコ様”こと「328GTS」。黒タルガトップが黒ボディーにマッチしていた。
筆者が9年前に購入した“ヨーコ様”こと「328GTS」。黒タルガトップが黒ボディーにマッチしていた。拡大
“赤い玉号”では、黒いタルガトップが微妙にボディーラインを崩している。
“赤い玉号”では、黒いタルガトップが微妙にボディーラインを崩している。拡大
筆者が以前所有していた“お茄子様”こと「F355スパイダー」。
筆者が以前所有していた“お茄子様”こと「F355スパイダー」。拡大

キャンバーに難アリ!?

スタイル最高、エンジン最高、サウンド最高、ミッション最高、タルガトップ最高。すべてが最高の赤い玉号だけど、やっぱりメチャメチャ軽いステアリングがちょっとだけ気になる。

軽すぎるせいでステアリングインフォメーションは限りなく乏しく、アクセル全開にするとフロント荷重が減ってほぼゼロになりコワイ。コワイところもフェラーリ的なのでそれは善しとしても、「なんでこんなに軽いのか」が気になる。なにせ、以前乗った328の3分の1くらいの手応えしかないので。

まず疑うべきはアライメントだろう。ただし、直進性自体はフツーにあり、「アライメントが狂ってる」という感覚は乏しい。ステアリングの手応えも、横Gが大きくなればそこそこ出てくる。

ところで、アライメントでステアリングが軽くなるとしたら、何がおかしいのか?

思い浮かぶのはキャンバーだ。車体を前から見て、タイヤがどれくらい「ハ」の字になってるかです。これが逆「ハ」の字、つまりポジティブキャンバーだとハンドルが軽くなるはず。赤い玉号の場合、ハンドルを切ると、ある舵角までハンドルが勝手に切れ込んでいくような感覚もちょっとある。

パワステがない時代は、ポジキャンにすることでハンドルを軽くしていたというし(※328はパワステなしです)、これはポジキャンに違いない!

アライメントを調べるには測定器がいるが、キャンバーだけなら分度器でも調べられるはず。私はスマホに分度器アプリをダウンロードし、角材を切って超原始的なキャンバー測定器を製作。赤い玉号のキャンバーを測ってみた。

結果は、驚くべきものだった……。

(文=清水草一/写真=清水草一、池之平昌信/編集=大沢 遼)

頻尿もすっかり良くなり、安心して首都高へGO!
頻尿もすっかり良くなり、安心して首都高へGO!拡大
タルガトップを開けてのドライブは最高。(写真=池之平昌信)
タルガトップを開けてのドライブは最高。(写真=池之平昌信)拡大
ただ、軽すぎるステアリングだけが気になる。(写真=池之平昌信)
ただ、軽すぎるステアリングだけが気になる。(写真=池之平昌信)拡大
“赤い玉号”のキャンバーは、果たして……。(写真=池之平昌信)
“赤い玉号”のキャンバーは、果たして……。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

webCG MoviesYouTube公式
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フェラーリ の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。