第54回:光り輝く激安BMW

2017.08.15 カーマニア人間国宝への道

差額20万円に想う

3年落ち、ボディーカラー黒、シフトパドル付き、車両本体223万円という、条件にピッタリの「BMW 320dスポーツ」をネット上で発見し、大いに心を動かされた私だが、同時に幼少期からの節約魂も、ムクムクと頭をもたげた。

(来年には「3シリーズ」の新型が出て、中古価格はさらにガクッと下がるはず。まだちょっと早いんじゃないか……)

(「デルタ」に履かせたミシュランのスタッドレスタイヤ、あれを有効活用するためにも、あとひと冬デルタに乗るべきかもしれない)

確かに、あと1年待てば、320dはもっと値を下げているはず。それは間違いない。クラシックフェラーリのように値段が上がることは死んでもありませんし!

しかし、待てよ……。その時はデルタの下取りもかなり落ちてるよね?

1年後。理想的な320dが、仮に今より50万円安く買えたとしても、デルタの下取りも、今より30万円ぐらい下がっている気がする。ならば差額はわずか20万円。20万円のために1年間我慢するのはどーなのか? それは意味ある節約なのか?

20万円のために、1年を棒に振る。いや棒に振るわけじゃないけど、20万円という金額は、とてもとても欲しいものを、1年間我慢するほど価値のあるものとは思えない。運転余生もスーパー長くはない年頃なので。

筆者が狙うのは2014年式の「BMW 3シリーズ」。
筆者が狙うのは2014年式の「BMW 3シリーズ」。拡大
「ランチア・デルタ」にはミシュランのスタッドレスタイヤを履かせたのだった。
「ランチア・デルタ」にはミシュランのスタッドレスタイヤを履かせたのだった。拡大
差額の20万円でクルマが買えることもあるが、やはり1年間欲しいものを我慢する金額ではない。
差額の20万円でクルマが買えることもあるが、やはり1年間欲しいものを我慢する金額ではない。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.2 試乗記 BMWが誇るスポーツセダンのベンチマーク「3シリーズ」が、7代目にフルモデルチェンジ。ブランドの“伝統芸”ともいえるミズスマシ的ドライブフィールと、隔世の進化を遂げた強力なドライビングアシストに触れ、リポーターが感じたこととは?
  • メルセデス・ベンツE350deアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.2.4 試乗記 ディーゼルエンジンにプラグインハイブリッドシステムを組み合わせた「メルセデス・ベンツE350de」。「Eクラス」に初搭載されたこのパワーユニットの実力を確かめるべく、東京・都心から郊外へと、休日の使い方を想定したロングドライブに連れ出してみた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.1.22 試乗記 マイナーチェンジによって内外装やパワートレインがアップデートされた、メルセデスのDセグメントSUV「GLC」。最高出力194PS、最大トルク400N・mの2リッター直4ディーゼルターボを搭載する「GLC220d 4MATICクーペ」を連れ出し、その進化を確かめた。
  • 最新のアクティブサスペンション搭載のアウディA8を試す 2020.1.14 先進の技術がかなえる世界<PR> アウディのフラッグシップセダン「A8」は、ただの高級車ではない。どんなドライバーも、ひとたびステアリングを握ったならば、このブランドが長きにわたって磨いてきた自動車技術の到達点に感じ入ることだろう。
ホームへ戻る