クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第443回:トレッドパターンを一新!
トーヨーのミニバン向け新型スタッドレスタイヤをテスト

2017.09.23 エディターから一言
 
第443回:トレッドパターンを一新!トーヨーのミニバン向け新型スタッドレスタイヤをテストの画像拡大

トーヨータイヤが開催した新型スタッドレスタイヤの試走会に参加。約6年ぶりにフルモデルチェンジされた、ミニバン向けスタッドレスタイヤの実力やいかに?

トーヨーのミニバン向け新型スタッドレスタイヤ「ウィンタートランパスTX」。
トーヨーのミニバン向け新型スタッドレスタイヤ「ウィンタートランパスTX」。拡大
「ウィンタートランパスTX」では、従来モデルから左右非対称コンセプトを受け継ぎつつ、サイプの倒れ込みを抑制する「3Dダブルウェービンググリップサイプ」を採用するなど、トレッドパターンが一新された。
「ウィンタートランパスTX」では、従来モデルから左右非対称コンセプトを受け継ぎつつ、サイプの倒れ込みを抑制する「3Dダブルウェービンググリップサイプ」を採用するなど、トレッドパターンが一新された。拡大
試走会の会場となったのは、東洋ゴム工業のサロマテストコース。全長約3kmの外周路に加えて、その内側にはハンドリングコースや氷上のスキッドパッドなどを備えている。
試走会の会場となったのは、東洋ゴム工業のサロマテストコース。全長約3kmの外周路に加えて、その内側にはハンドリングコースや氷上のスキッドパッドなどを備えている。拡大

日本には“ガラパゴス”なスタッドレスタイヤが必要

ついこの間まで盛んにセミが鳴き競っていたのに、いつしか長袖が必須という季節に。こうなると、雪国のクルマにとって、早くも考えなくてはならないのが足元の冬支度。そう、“降りだす前”の冬タイヤ=スタッドレスタイヤの装着だ。

日本の冬で厄介なのは、多くの積雪地帯で日中には積もった雪が溶けだし、それが夜になると再び凍って、見事なまでのアイスバーンを形成してしまうこと。

しかも交通量が多い都市部では、その上を多くの車両が通過することで表面をピカピカに磨き上げ、この上なく滑りやすい路面が誕生してしまう。そんな“磨き”の行程は、スリップを伴う発進と停止が繰り返されることで、本来なら最も高いグリップ力が必要となる交差点付近でより顕著になってしまう。この悪循環は“日本特有”と表現しても過言ではないほどだ。

日本の雪道には、そんな環境を念頭に開発された“ガラパゴス”なスタッドレスタイヤでないと通用しない……と、ハナシは続く。ここに紹介するのは「市場は日本のみ」とした上で今シーズン向けに新発売された、トーヨータイヤの新商品だ。

ミニバン向けスタッドレスの最新モデル

2017年8月1日付けで発売された新タイヤの名称は、「ウィンタートランパスTX」。トーヨータイヤの場合、主にミニバンを対象としたタイヤに与えられる名称が「トランパス」。そこにウィンターの文字が加えられていることで、それが「ミニバン向けのスタッドレスタイヤ」であることはすぐに理解できる。

前任のモデル、「ウィンタートランパスMK4」の登場は2008年。その進化型である「MK4α」が登場したのは2011年だから、今回のTXは“約6年ぶりのフルチェンジ”ということになる。それゆえトレッドパターンも一新。MK4シリーズが採用してきた左右非対称コンセプトは受け継ぎつつも、その非対称パターンぶりはより顕著になり、ひと目で新タイヤであることが認識できる。

内側表面に高いアイス性能を発揮するスーパーソフトコンパウンド、外側表面には操縦安定性を重視したソフトコンパウンドを採用し、両者の下層部には経年劣化の抑制をサポートするソフトキープコンパウンドを採用するという、MK4の時点で初登場した「トリプルトレッド構造」は、3種のコンパウンド素材も含めてキャリーオーバー。

一方で、スリップ角がついた状態での効きを意識し、あえて斜めにレイアウトされた「アーマーサイプ」や、ふらつき低減を狙った外側ショルダーへの高剛性ブロックの採用など、フルモデルチェンジされたトレッドパターンとともに今回大きく変えられたのが、基本となる構造設計だ。

「サイズによって一部構造が異なる」と注釈が入るものの、カーカスの巻き上げを通常の乗用車用タイヤよりも長いトレッド付近にまで延長し、横剛性を強めることでミニバンの高い全高ゆえのふらつきを低減させる「スーパーハイターンアップ構造」や、内側ショルダー部のブロック倒れ込みを抑制し、アイス制動性能の向上を図った「3Dダブルウェーブグリップサイプ」は、TXで初採用の技術となっている。

試乗に供されたのは全部で5台。写真手前から「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」「トヨタ・エスクァイア」「トヨタ・プリウス」、そして「トヨタ・ヴォクシー」が2台。
試乗に供されたのは全部で5台。写真手前から「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」「トヨタ・エスクァイア」「トヨタ・プリウス」、そして「トヨタ・ヴォクシー」が2台。拡大
パイロンスラロームをこなす「トヨタ・ヴォクシー」(4WD)。こちらの車両は新型の「ウィンタートランパスTX」を履いている。
パイロンスラロームをこなす「トヨタ・ヴォクシー」(4WD)。こちらの車両は新型の「ウィンタートランパスTX」を履いている。拡大
こちらは従来モデルの「ウィンタートランパスMK4α」を履いた「ヴォクシー」(4WD)。
こちらは従来モデルの「ウィンタートランパスMK4α」を履いた「ヴォクシー」(4WD)。拡大

ふらつき感が気にならない

4WD仕様の「トヨタ・ヴォクシー」や「エスクァイア」、FWD(前輪駆動)の「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」にそんな新タイヤを装着してテスト走行を行ったのは、九州・宮崎のコースとともに東洋ゴム工業が所有する、北海道常呂郡佐呂間町に位置する、冬季試験専用のサロマテストコース。

厳冬期にはマイナス20度ほどまで冷え込むこともあるというものの、訪問時の気温は“わずかに”マイナス2度ほど。「氷上で滑るのは、路面を踏み込んだ際に発生するミクロの水膜が原因」とされることを考慮すると、むしろ「最高に厳しい」といってもいい条件だったことになる。

大小複数のコーナーと軽く100km/h以上まで試せる直線からなる外周路は、一部がアイスバーン化した圧雪路面を基本とする。テスト車をドライブすると、なるほど全高の高いモデル特有のふらつき感が気にならないことにまずは好印象を抱いた。ヴォクシーでは前任モデルのMK4αとの乗り比べも行うことができたが、常にハンドリングの自在度がより高く感じられるとともに、特にコーナリングからの立ち上がり時に、「よりしっかり踏ん張ってくれる」という印象が強かった。

残念ながら今回はテストコース外に出るチャンスがなく、舗装路でのチェックはかなわなかったが、こうした印象は当然そんな条件でもポジティブな方向に働くと予想できる。

たとえ雪国にあっても、冬場にドライ路面を走行するというシーンは少なくないはず。そんな場面で「夏タイヤとの差が小さくなった」とも実感できるはずだ。

「ウィンタートランパスTX」を装着した「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」。前輪駆動ながら、外周路で軽快な走りをみせた。
「ウィンタートランパスTX」を装着した「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン」。前輪駆動ながら、外周路で軽快な走りをみせた。拡大
「プリウス」には2014年8月に発売された「オブザーブ・ガリットギズ」が装着されていた。クルミの殻を配合した独自のコンパウンドを採用している。
「プリウス」には2014年8月に発売された「オブザーブ・ガリットギズ」が装着されていた。クルミの殻を配合した独自のコンパウンドを採用している。拡大
「ゴルフトゥーラン」で外周路をテストドライブする筆者。
「ゴルフトゥーラン」で外周路をテストドライブする筆者。拡大

新たなトレッドパターンが威力を発揮

一方、やはりMK4αとの比較で実感できたのがアイス性能の向上。特に、外周路の登り勾配区間に現れたアイスバーン部分では、一旦停止後の再発進のたやすさに明確な違いを感じることとなった。

前述したようにトレッドコンパウンドはキャリーオーバーとされるゆえ、こうしたアイス性能の向上は、基本的に新しいトレッドパターンの威力と考えられる。

ブロック壁面の凹凸が支え合うことでサイプの倒れ込みを抑制させる「3Dダブルウェービンググリップサイプ」や、加速/制動時に1本のサイプ内で両端が閉じても中央部は開いた状態をキープする「吸着3Dサイプ」の採用によるエッジ効果の向上、そして接地圧の均一化が功を奏していると推測できる。

ちなみに「トヨタ・ノア」の4WD車に195/65R15サイズのアイテムを装着して40km/hからフルブレーキングという試験では、MK4αに対して停止距離が12%短縮したという社内データが得られているという。

そんな新タイヤは、今ではすっかり“日本のファミリーカー”として定着したミニバンを基本に、「オンロード寄りSUVへの装着も意識した」とされる。

発売時点では15インチから19インチまでの、全31サイズが設定されている。 

(文=河村康彦/写真=東洋ゴム工業/編集=藤沢 勝)

氷上スキッドパッドでアイス性能をチェック。新たなトレッドパターンの威力を実感できた。
氷上スキッドパッドでアイス性能をチェック。新たなトレッドパターンの威力を実感できた。拡大
写真左が新型の「ウィンタートランパスTX」装着車。右の「ウィンタートランパスMK4α」装着車と比べると、トレッドパターンが大きく変化していることが確認できる。
写真左が新型の「ウィンタートランパスTX」装着車。右の「ウィンタートランパスMK4α」装着車と比べると、トレッドパターンが大きく変化していることが確認できる。拡大
「トーヨー・ウィンタートランパスTX」には、175/80R15~225/45R18までの全31サイズがラインナップされる。価格はオープン。
「トーヨー・ウィンタートランパスTX」には、175/80R15~225/45R18までの全31サイズがラインナップされる。価格はオープン。拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。