アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(前編)

2017.10.07 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役はアウディのフラッグシップオープンモデル「R8スパイダー」である。取材当日の天候はあいにくの雨。540psものパワーを誇るスーパースパイダーは、箱根のワインディングロードでどんなフットワークを披露するのだろうか。

自分からグイグイ曲がっていく!

「チクショー……」
ほとんど聞き取れないくらい小さな声だったが、谷口信輝はたしかにそうつぶやいていた。
webCGのようなウェブサイトでは本来使ってはいけない言葉だが、よくよく谷口の表情を見てみれば、その意味合いとは裏腹に妙にうれしそうな笑顔を浮かべている。

「チクショー」 繰り返しそうつぶやく谷口に、なぜ“チクショー”なのか尋ねてみた。すると「だってオオタニさんが『どうだ、R8スパイダーいいだろう。文句があるなら言ってみろ!』という顔をしているんだもん。だから一生懸命アラを探したんだけれど、正直“ぐう”の音も出ない。このクラスのスーパースポーツカーとしてはダントツで、ライバルたちがかすんじゃうくらい、メチャクチャいいね。文句のつけどころがない。だから悔しい。チクショーなんですよ(笑)」

ああ、それだったらよかった。では、どこがどんな風に“チクショー”なのか、もう少し詳しく説明してもらおう。
「まず、フロントもリアも接地感がバツグンにいい。今日は雨で路面もぬれているから、この手のスーパースポーツカーを走らせたら緊張感を覚えてもおかしくないけれど、R8スパイダーに乗っていると『あれ? ここ本当にぬれているの?』っていうくらいの安心感が味わえるんです」

安定性重視と聞くとアンダーステア傾向のクルマを想像されるかもしれないが、R8スパイダーはここでもドライバーの予想を裏切るという。
「普通、ある程度のペースでコーナーに進入すると、ぐっとステアリングを切っても思ったほど曲がらなくて、少し切り増したりするじゃないですか。ところがアウディは自分からグイグイ曲がっていこうとするので、反対にステアリングを少し戻したくなるくらい。思わず『いいよいいよ、そんなに曲がらなくても……』って言いたくなっちゃいました」

それじゃあまるでトルクベクタリングが過剰に利いた、人工的な味付けのコーナリングのように思えるが、実際はどうなのか?
「いや、多少は利いているのかもしれませんが、まったく不自然じゃないし、イヤな感じもしない。楽しいか楽しくないかで言ったら圧倒的に楽しいし、最初に言った『チクショー』の半分くらいはコーナリングが楽しかったことの“チクショー”(笑)。だって、コーナリングに余裕があるから、『これだったらもっと攻められるな、もっと攻めたいな』と思っちゃう。メチャクチャ楽しいですよ」

 
アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(前編)の画像拡大
 
アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(前編)の画像拡大
 
アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(前編)の画像拡大
アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4425×1940×1240mm/ホイールベース:2650mm/車重:1770kg/駆動方式:4WD/エンジン:5.2リッターV10 DOHC 40バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:540ps/7800rpm/最大トルク:540Nm/6500rpm/タイヤ:(前)245/30ZR20 (後)305/30ZR20/車両本体価格:2618万円
アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4425×1940×1240mm/ホイールベース:2650mm/車重:1770kg/駆動方式:4WD/エンジン:5.2リッターV10 DOHC 40バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:540ps/7800rpm/最大トルク:540Nm/6500rpm/タイヤ:(前)245/30ZR20 (後)305/30ZR20/車両本体価格:2618万円拡大
 
アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(前編)の画像拡大

関連キーワード:
R8スパイダー, アウディ,

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る