山野が鍛えたスウェーデンの二輪ブランド
ハスクバーナ、115年の歴史を振り返る

2018.03.26 デイリーコラム

北欧が生んだ稀有な二輪ブランド

ロイヤル・エンフィールドとインディアンが1901年、トライアンフとノートンが1902年、そしてハーレーダビッドソンが1903年。これらは現存する二輪メーカーの創業年を古い順から並べたものだ。ただし、ハーレーダビッドソン以外は長きにわたる休業や倒産を経験し、いずれも90年代以降に本格的な復活を果たした新生ブランドでもある。

そういう意味で本当に古参と呼べるのはハーレーダビッドソンだが、実はそこに並ぶブランドがもうひとつある。それがハスクバーナだ。1903年に二輪の生産を開始したのも同じなら、わずかな空白期間こそあれ、115年にわたってその生産を継続してきたという点でも共通する、極めて稀有(けう)な存在である。

そもそもハスクバーナは、スウェーデン南部にある小さな街の名前だ。1689年、当時のスウェーデン国王カール11世の命令を受けて建設された銃器工場を社史の始まりとし、機械加工に必要な水源が豊富にあったことで産業が発達。やがて地名そのものがブランドになった。現在の街のスペルは“Huskvarna”だが、ブランド名を表す時は“Husqvarna”という古い時代の表記が今も使用されている。

そんなハスクバーナは王室向けの銃器製造を通して鉄の鋳造や切削技術を磨き、やがてそれをさまざまな分野へと派生させていった。ミシン、自転車、農林業器具・・・・・・と多岐にわたる中、最も大きな規模に成長したのが1903年に始まった二輪への進出だ。

日本導入がアナウンスされた、3台のロードモデルのうちの1台「ハスクバーナ・ヴィットピレン401」。ヴィットピレンとは、スウェーデン語で「白い矢」を意味する。
日本導入がアナウンスされた、3台のロードモデルのうちの1台「ハスクバーナ・ヴィットピレン401」。ヴィットピレンとは、スウェーデン語で「白い矢」を意味する。拡大
ハスクバーナのブランド名には、今日でも「Husqvarna」という古い表記が使われている。
ハスクバーナのブランド名には、今日でも「Husqvarna」という古い表記が使われている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事