第491回:欧州で鍛えられたフラッグシップ
ファルケンの新タイヤ「AZENIS FK510」の実力を試す

2018.03.28 エディターから一言
ファルケンの新しいフラッグシップタイヤ「AZENIS(アゼニス)FK510」。
ファルケンの新しいフラッグシップタイヤ「AZENIS(アゼニス)FK510」。拡大

この2月に日本で発売されたファルケンの新製品「AZENIS(アゼニス)FK510」。同ブランドのフラッグシップを担い、欧州ではすでに高い評価を得ているというこのタイヤの実力を、キャラクターの異なる3台の試走車でチェックした。

住友ゴム工業の西 実専務(左)と、タイヤ国内リプレイス営業本部長の増田栄一氏(右)。
住友ゴム工業の西 実専務(左)と、タイヤ国内リプレイス営業本部長の増田栄一氏(右)。拡大
会場に展示されていたファルケンの現行ラインナップ。ファルケンは住友ゴム工業が展開するグローバルブランドである。
会場に展示されていたファルケンの現行ラインナップ。ファルケンは住友ゴム工業が展開するグローバルブランドである。拡大
既存の「AZENIS FK453」の後継を担う商品として登場した「AZENIS FK510」。日本では2017年12月に発表され、2018年2月に発売された。
既存の「AZENIS FK453」の後継を担う商品として登場した「AZENIS FK510」。日本では2017年12月に発表され、2018年2月に発売された。拡大

いうなればプレミアムコンフォート

いまや住友ゴム工業のグローバルブランドとして欧州や北米でその認知度を高めているファルケン。筆者のような40代中盤のクルマ好きのなかには、かつて“お値段以上”の性能を発揮するスポーツタイヤメーカーとして、ミニサーキット等で腕を磨かせてもらった経験がある方も多いのではないだろうか。

そんなファルケンがフラッグシップモデルであるAZENISをFK453からFK510へとモデルチェンジ。これを一般公道と高速道路で試すことができた。とはいえ、このFK510は既に欧州で先行発売されているタイヤであり、ファルケン自身も「ドイツの自動車専門誌『Auto Bild(アウト・ビルト)』のテストで総合2位の評価を得た!」と鼻息が荒い。それなら相応のテストフィールドを用意してほしいものだと思わなくもないのだが……。ちなみにテスト車は「フォルクスワーゲン・ゴルフR」(前=225/40ZR18、後ろ=225/40ZR18)、「ポルシェ・マカン」(前=235/60R18、後ろ=255/55R18)、「メルセデス・ベンツC180」(前=245/40ZR18、後ろ=265/35ZR18)の3台であった。

さて、ひとことで表すとこのAZENIS FK510、かなりしなやかなタイヤである。
「ファルケンのフラグシップ」というイメージから、かなりガッチリとした剛性感と若々しいグリップ感が際立つタイヤを予想したのだが、スタッフの方々に見送られながらゴルフRをそれこそ“ひと転がし”しただけで、その予想は大きく外れたことがわかった。そして会場から国道へ出る段差を乗り越えただけで、確信した。これはブリヂストンの「POTENZA S001」やヨコハマの「ADVAN SPORT V105」といったプレミアムスポーツタイヤとは若干趣を異にする、言ってみればプレミアムコンフォートタイヤなのだ。

あなたにおすすめの記事
新着記事