クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

自動運転時代に向けた新技術も!
ボーズに見るカーオーディオのこれから

2018.03.30 デイリーコラム

クルマは理想的なリスニングルーム

アマー・G・ボーズ氏は、自身の希望以外に父親にも推されて入学したという工業大学の名門、MIT(マサチューセッツ工科大学)で学んだ後、その電子機器研究所(RLE)で電気工学の博士号を取得。その記念に購入したスピーカーが発する音色に落胆したという出来事もあって、MITで音響特性に関する研究を行い、1964年に2人の従業員とともに自身の会社「ボーズコーポレーション」を設立した。

そんな氏の、音響心理学にまで踏み込んだ発想やアイデアに基づいて開発されたスピーカーは人々の共感と称賛を集めた。まずは家庭用スピーカーとして名をはせたボーズの製品がクルマに搭載されたのは、1983年型の「キャデラック・セビル」が初だった。

自動車のキャビンは、エンジンをはじめとする騒音の音源が間近な上にガラスに取り囲まれているなど、一般には「オーディオシステムを使うには不向き」と言われる。しかし、ボーズ博士の解釈はそれとは異なるものであったという。

「人が座る場所が定まっている自動車では、スピーカーのマウント位置や内装素材の種類をクルマのメーカーと共同開発することさえできるのならば、そこは家庭よりも理想的なリスニングルームになりうる」というのが氏の考え方なのである。

このブランドの自動車用アイテムが、OEM用を軸とした展開にこだわっているのは、そんな創業者の考え方が今でも息づいているからなのだろう。ボーズの車載用システムは、1車種ごとにチューニングが異なる専用品なのだ。

個別の車種に対して専用のサウンドチューニングを行うことの多いボーズ。初の専用オーディオは「キャデラック・セビル」(1983年)のものだった。写真は、説明会でのスライド資料から。
個別の車種に対して専用のサウンドチューニングを行うことの多いボーズ。初の専用オーディオは「キャデラック・セビル」(1983年)のものだった。写真は、説明会でのスライド資料から。拡大

ヘッドレストのスピーカーを活用

前述のように、まずはキャデラック車への搭載を皮切りにゼネラルモーターズとの共同開発が進行。次いでアメリカのマーケットで販売するモデルを中心に、日本車にも広がり始めたボーズの車載システム。

当初は高級車向け限定で開発されたアイテムも、現在ではより小型モデルへの適用も狙って、スピーカーの数を抑えた「スモールビークルシリーズ」や、ルックスにもこだわった「パフォーマンスシリーズ」。さらには、今のところ「キャデラックCT6」に限定で搭載されている34個ものスピーカーを備えた最高峰システム「アドバンストテクノロジーシリーズ」などのプロダクツラインを用意するに至っている。

一方で、このところ同社が力を入れているのが、「新たなヘッドレスト内蔵型スピーカーを開発し、それを活用することでこれまではできなかった音響を実現させる」という取り組みだ。

その一例として、フロントシートとリアシートのパッセンジャーが、それぞれ好みの音量でオーディオを聴くことのできる「VolumeZones」や、スピーカー数を抑えつつも臨場感に富んだサウンドを実現させるコンパクトカー向けの「Personal Series Sound System」などが発表されている。今回、そんなボーズ社のさまざまな最新テクノロジーを、デモカーを用いて体験する機会が得られた。

ボーズが開発したヘッドレストスピーカーのイメージ。
ボーズが開発したヘッドレストスピーカーのイメージ。拡大

将来はオーディオでより安全に

「ボルボS90」を用いたVolumeZonesの体験では、通常のオーディオでは不可能なほど明確なその効果とともに、29個のスピーカーを用いたパフォーマンスシリーズが実現する圧倒的な音の良さに驚かされた。また、「日産ジューク」を用いてのPersonal Series Sound Systemの体験では、なるほど6スピーカーとは思えない音場の広がりに感心するばかりだった。

興味深いのは、このメーカーが、独自の信号処理技術を用いることで、「音楽を楽しむ」というカーオーディオ以外の領域についても積極的に新たな提案をしていることだ。

このうち「日産マーチ」のデモカーで体験した「ClearVoice」は、騒がしい車内でも電話や音声認識コマンドの明瞭性を高める技術。ボーズ独自の信号処理技術により、カーオーディオの音やほかの乗員の話し声、ナビのガイダンス、さらにそれらの反響音をキャンセルしつつ、会話音声だけを際立たせるというのだ。実際に、大音量でオーディオが鳴る車内でハンズフリーの通話をしてみて、システムのオンオフで通話音の聞こえ方に大きな差があることが確認できた。

「Aware Signal Steering Technology」という、自動運転時代までを見据えた次世代技術も開発が進められている。

この技術では、例えば後方からミラー死角内に接近する車両をセンサーが検知した場合、警告音を“車両が近づいてくる側”から発することでより臨場感を高めることができる。また、自動運転中に右左折や進路変更などを行う場合、乗員が予期をしないクルマの動きに対して不安や不快におそわれないよう、そうした動きを“指向性を持つ音色”によって表現する。これらの新技術の有効性についても、実際にデモで体験することができた。

現在は、まだプロトタイプという段階ではある。しかし、これらの近未来技術を見るに、ボーズは単なるオーディオのメーカーにはとどまらない存在なのだとあらためて知らされた。どうやら、カーオーディオを「音の良しあし」だけで評価する時代は、終わりに近づいているようだ。

(文と写真=河村康彦/編集=関 顕也)

今回は、自動運転中の車両の動きに対して、オーディオの効果で不安を感じないようにする技術のデモを体験した。
今回は、自動運転中の車両の動きに対して、オーディオの効果で不安を感じないようにする技術のデモを体験した。拡大
ボーズの先進技術体験用に用意された「日産スカイライン」のデモカー。
ボーズの先進技術体験用に用意された「日産スカイライン」のデモカー。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。