クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)

実用車、ここに極まる 2018.04.04 試乗記 フォルクスワーゲン(VW)が「パサート」のディーゼルモデルをリリースした。パサートといえば“質実剛健”を地でいく上質な実用車。そこに同じく実用エンジンのディーゼルを組み合わせると、仕上がりはどんな感じ? ワゴンのヴァリアントでテストした。

輸入乗用車販売の2割がディーゼル

お待ちかね、フォルクスワーゲン・ディーゼルの第1弾が、「パサートTDI」である。

燃費不正問題の影響で、VWの日本市場へのディーゼル投入は2年近く遅れたといわれる。しかし、まずパサートからという順番はもとからの既定路線だった。車重の重い上級クラスのほうが、厳しい日本の排ガス規制をクリアしやすいし、ディーゼルの割高感も吸収しやすいからだ。

パサートTDIのエンジンは、最高出力190ps、最大トルク400Nmの2リッター4気筒ディーゼルターボである。2本のバランサーシャフトを備え、難敵NOx(窒素酸化物)の後処理には尿素SCR(選択触媒還元)システムを採用する。今後、日本仕様のディーゼルVWには、この系統の2リッターエンジンが使われる。2018年中にはSUVが続き、2019年には「ゴルフ」にも搭載されることが予想される。

主にBMWグループの躍進で、いまや日本の輸入乗用車セールスの2割をディーゼル車が占める。5台に1台は軽油で走る外車が選ばれているのだ。モデル数も60をかぞえるという。パサートTDIはそこにエントリーした初のクリーンディーゼルワーゲンである。

今回の試乗車は、「ヴァリアント」の「TDIハイライン」(509万9000円)。ガソリンモデルを含めたパサートシリーズで唯一、500万円を超すディーゼルワゴンである。

「フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン」が日本で発売されたのは、2018年2月のこと。インポーターであるフォルクスワーゲン グループ ジャパンが手がける、実に20年ぶりのディーゼルモデルだ。
「フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン」が日本で発売されたのは、2018年2月のこと。インポーターであるフォルクスワーゲン グループ ジャパンが手がける、実に20年ぶりのディーゼルモデルだ。拡大
搭載される2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、尿素SCRシステムやディーゼルパティキュレートフィルターなどを備えることで、日本のポスト新長期排ガス規制に適合している。
搭載される2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、尿素SCRシステムやディーゼルパティキュレートフィルターなどを備えることで、日本のポスト新長期排ガス規制に適合している。拡大
トランスミッションは6段のデュアルクラッチ式ATを採用。シフトセレクターまわりには、ドライブモードの切り替えスイッチなどが並ぶ。
トランスミッションは6段のデュアルクラッチ式ATを採用。シフトセレクターまわりには、ドライブモードの切り替えスイッチなどが並ぶ。拡大
車体にはディーゼル車であることを示す「TDI」バッジなどは備わらず、見た目はガソリン車とまったく同じ。今後、ガソリン車の「TSI」バッジも順次なくしていくそうだ。
車体にはディーゼル車であることを示す「TDI」バッジなどは備わらず、見た目はガソリン車とまったく同じ。今後、ガソリン車の「TSI」バッジも順次なくしていくそうだ。拡大

回転フィールは重くても力持ち

2時間枠の試乗会は、新型「ポロ」と同時開催だった。最初がポロで、休みなしにパサートに乗り換える。ポロの影響を受けるなと言われても無理である。
ホテルの駐車場を出て、最初のひと転がしの印象は、眠いクルマだなあと思った。サクサク軽く回るガソリン1リッター3気筒と比べると、やっぱりパサートTDIはディーゼルだ。エンジンの回転フィールは重い。パワーもトルクもポロ(95ps/175Nm)の倍はあるはずだが、ファーストタッチで特にガツンとくる力強さは感じなかった。

標準グレードの「エレガンスライン」が17インチであるのに対して、ハイラインは18インチホイールに235ヨンゴーを履く。リアサスペンションはセダンより固めてあるはずだが、乗り心地はフラットで快適だ。

アクセルを踏める環境に出ると、力もある。荒れた舗装路面でちょっと加速したり、曲がり角から普通に立ち上がったりするときにも、前輪が一瞬空転したり、スキール音が出たりすることがある。トルクのあるFFディーゼル(か、EV)ならではだ。ヴァリアントより車重が50kg軽い「セダン」は、さらに快速だろう。

「パサートTDI」の試乗会は、新型「ポロ」とセットで開催された。先にポロに乗ったためか、パサートの第一印象は“眠いクルマ”だった。
「パサートTDI」の試乗会は、新型「ポロ」とセットで開催された。先にポロに乗ったためか、パサートの第一印象は“眠いクルマ”だった。拡大
上級グレードである「ハイライン」には18インチホイールが標準。テスト車にはピレリの低燃費タイヤ「チントゥラートP7」が装着されていた。
上級グレードである「ハイライン」には18インチホイールが標準。テスト車にはピレリの低燃費タイヤ「チントゥラートP7」が装着されていた。拡大
ヘッドランプにはLEDを採用。テスト車にはステアリング操作に合わせて照射方向を変化させる「ダイナミックライトアシスト」(オプション)が装着されていた。
ヘッドランプにはLEDを採用。テスト車にはステアリング操作に合わせて照射方向を変化させる「ダイナミックライトアシスト」(オプション)が装着されていた。拡大

乗ってしまえばガソリン車と一緒

エンジンの音や振動は、最新欧州4気筒クリーンディーゼルの標準的な仕上げである。車外で聞けばガソリンエンジンではないとわかる。マツダ製ディーゼルほど静かではない。でも、乗って走れば静かで、ガソリン車と大差ない。

タコメーターのレッドゾーンは5000rpmから。100km/h時のエンジン回転数は、DSGの6速トップで1700rpm。シフトダウンしてゆくと、3速(3800rpm)まで落としてもまだ十分静かである。

試乗車にはオプションのデジタルメーターが付いていた。低いギアで引っ張ると、4500rpmあたりから回転の伸びが落ちるが、バーチャルタコメーターの針はジワジワと上り詰めて、きっちり5000rpmまで回る。その途端、昔のレーシングカーの機械式タコメーターのように針が秒殺でドロップする。それがタコメーターチューンという感じでおもしろかった。

計器盤のインフォメーションを繰ってゆくと、「AdBlue走行距離 9000km」という表示が出た。これは走行可能距離の意味である。尿素水溶液タンクは13リッター入りで、日本の平均的な使い方だと1万km以上はもつという。詳細な燃費計測はできなかったが、約60kmの短い試乗区間でトリップコンピューターは14km/リッター台を示していた。車重1.6tの2リッターディーゼルとして燃費はわるくなさそうだ。

車外でははっきりと聞こえる、ガラガラとしたディーゼルサウンドも、クルマに乗りこんでしまえばほとんど気にならない。
車外でははっきりと聞こえる、ガラガラとしたディーゼルサウンドも、クルマに乗りこんでしまえばほとんど気にならない。拡大
インテリアのつくりは、質実剛健を感じさせるシンプルな造形。インパネにはトーンを抑えたウッド調パネルが貼られている。
インテリアのつくりは、質実剛健を感じさせるシンプルな造形。インパネにはトーンを抑えたウッド調パネルが貼られている。拡大
尿素水溶液「AdBlue(アドブルー)」の残量(走行可能距離)は、メーターパネル内で確認できる。
尿素水溶液「AdBlue(アドブルー)」の残量(走行可能距離)は、メーターパネル内で確認できる。拡大

安いのに一番大きい

メルセデスでもBMWでもアウディでもない、フォルクスワーゲンの、中でもパサートを選ぶ人が、パサートを買う人である。

ライバルと比べて特徴的なのは、ヴァリアント(ワゴン)の販売比率が高いこと。外車であることをひけらかす趣味はないけれど、クルマは使い倒したい。そういうタイプがパサートのメインカスタマーであるように思う。

とすると、VWの先陣をきってこのクルマにディーゼルが搭載されたのは理にかなっている。同期デビューの新型ポロのようにファン・トゥ・ドライブではないが、もともと「華だけがない」のは、代々パサートの伝統みたいなものだと筆者は感じている。

ディーゼルの“お代”は、セダンでもヴァリアントでも同グレード比で一律35万円だ。「BMW 320d」やメルセデスの「C220d」より安いが、ボディーは一番大きい。お徳用感が高いのもパサートの伝統といえる。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=向後一宏/編集=藤沢 勝)

「TDIハイライン」のシートは、ナッパレザー仕立てが標準。電動調整機構も備わっている。
「TDIハイライン」のシートは、ナッパレザー仕立てが標準。電動調整機構も備わっている。拡大
荷室の容量は650リッター~1780リッター。ホイールハウスなどの出っ張りが少ないので、額面どおりの使い勝手の良さだ。
荷室の容量は650リッター~1780リッター。ホイールハウスなどの出っ張りが少ないので、額面どおりの使い勝手の良さだ。拡大
外したトノカバーは、ラゲッジルームの床下に固定できる。こうしたところも“抜かりない”。
外したトノカバーは、ラゲッジルームの床下に固定できる。こうしたところも“抜かりない”。拡大

テスト車のデータ

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4775×1830×1510mm
ホイールベース:2790mm
車重:1630kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:190ps(140kW)/3500-4000rpm
最大トルク:400Nm(40.8kgm)/1900-3300rpm
タイヤ:(前)235/45R18 94W/(後)235/45R18 94W(ピレリ・チントゥラートP7)
燃費:20.6km/リッター(JC08モード)
価格:509万9000円/テスト車=529万3400円
オプション装備:テクノロジーパッケージ<ダイナミックライトアシスト+アラウンドビューカメラ“Area View”+駐車支援システム“Park Assist”+デジタルメータークラスター“Active Info Display”>(14万0400円) ※以下、販売店オプション フロアマット<プレミアムクリーン>(5万4000円)

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:2123km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4)/高速道路(3)/山岳路(3)
テスト距離:65.5km
使用燃料:--リッター(軽油)
参考燃費:14.4km/リッター(車載燃費計計測値)

フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン
フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン拡大
 
フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】の画像拡大
注目の記事PR
  • 小山薫堂さんが見いだした、新型イヴォークに宿るレンジローバーのDNA
    小山薫堂さんが見いだした、新型イヴォークに宿るレンジローバーのDNA 特集
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フォルクスワーゲン パサートヴァリアント の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。