第87回:目指したのは「海外でも通用する昭和」!?

2018.04.24 カーマニア人間国宝への道

原点はヨーロピアンデザイン

そろそろブランド統一デザイン一辺倒から、多様化への揺り戻しが来るのではという、中村史郎氏の爆弾予言(?)がさく裂したところで、我が身(=カーマニア)と我が価値観を振り返ってみたい。我々カーマニアは、いったいどんなデザインを望んでいるのか?

清水(以下 清):カーマニアって、デザインに関して、基本的に保守的ですよね。なかなか新しいものを受け入れられない。

中村(以下 中):問題は、その保守的の“元”です。日本のカーマニアの多くは、ヨーロッパ車の価値観でしょう。その基準でデザインを判断していると思います。

清:そう! 私は完全にそうです。アメリカンデザインだっておおらかでいいとは思うけど、私にとってはやっぱり大味で異質なもので、どうしても洗練されたヨーロピアンデザインに惹(ひ)かれる。

中:僕もそうですよ(笑)。

清:ですよね(笑)!?

中:60年代はピニンファリーナ、70年代はジウジアーロ。僕にとってのデザインの文法はここから生まれてます。

清:私はそこらへんから一歩も動けてません。新しい異質なものを見れば新鮮さは感じるけど、欲しいとまでは思えない。例えば「ジューク」とか(笑)。

中:僕がいすゞの欧州スタジオでやったショーカー「4200R」や「ビークロス」は、ヨーロッパの価値観がベースになってます。しかも、ビークロスは完全にプロダクトアウトだった。

清:ヨーロピアンでプロダクトアウト。だからこそカーマニアは、ビークロスを支持したんでしょうね。

前回に引き続き、中村史郎氏インタビューをお送りする。
前回に引き続き、中村史郎氏インタビューをお送りする。拡大
いすゞのコンセプトカー「4200R」。
いすゞのコンセプトカー「4200R」。拡大
中村氏がいすゞ時代にチーフデザイナーとしてデザインを手がけたクロスオーバーSUV「ビークロス」のコンセプトモデル。
中村氏がいすゞ時代にチーフデザイナーとしてデザインを手がけたクロスオーバーSUV「ビークロス」のコンセプトモデル。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 歴代「日産スカイライン」を写真で紹介 2014.5.27 画像・写真 13台の歴代「日産スカイライン」が勢ぞろい! 各モデルの姿を写真で紹介する。
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.5.6 試乗記 数々の次世代技術を搭載し、かつてないドライビングプレジャーを提供するという最新型「スカイライン」。その実力は、どれほどのものなのか? 最上級グレード「Type SP」で試した。
  • 「日産スカイライン」が新デザインになって登場 2017.12.20 自動車ニュース 日産が「スカイライン」をマイナーチェンジ。新デザインのグリルやバンパーを採用するなどしてフロントまわりの意匠を変えたほか、インテリアではステアリングホイールやシフトセレクター、メーターなどの意匠を変更している。
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type P(FR/7AT)【試乗記】 2014.3.19 試乗記 ハイブリッド車となって登場した、13代目「スカイライン」。日本のセダンのビッグネームは、どのような進化を遂げたのか? 最も人気の高いグレードで、その仕上がりを確かめた。
  • ダイハツ・タント【開発者インタビュー】 2019.6.11 試乗記 ダイハツが掲げる新しいクルマづくり「DNGA」。そのもとに開発された新型「タント」は、まさに次世代商品群の旗手となるモデルだ。このクルマに注がれた新技術の数々と、将来を見据えたダイハツの技術戦略について、DNGAを統括するエンジニアに話を聞いた。
ホームへ戻る