第87回:目指したのは「海外でも通用する昭和」!?

2018.04.24 カーマニア人間国宝への道

原点はヨーロピアンデザイン

そろそろブランド統一デザイン一辺倒から、多様化への揺り戻しが来るのではという、中村史郎氏の爆弾予言(?)がさく裂したところで、我が身(=カーマニア)と我が価値観を振り返ってみたい。我々カーマニアは、いったいどんなデザインを望んでいるのか?

清水(以下 清):カーマニアって、デザインに関して、基本的に保守的ですよね。なかなか新しいものを受け入れられない。

中村(以下 中):問題は、その保守的の“元”です。日本のカーマニアの多くは、ヨーロッパ車の価値観でしょう。その基準でデザインを判断していると思います。

清:そう! 私は完全にそうです。アメリカンデザインだっておおらかでいいとは思うけど、私にとってはやっぱり大味で異質なもので、どうしても洗練されたヨーロピアンデザインに惹(ひ)かれる。

中:僕もそうですよ(笑)。

清:ですよね(笑)!?

中:60年代はピニンファリーナ、70年代はジウジアーロ。僕にとってのデザインの文法はここから生まれてます。

清:私はそこらへんから一歩も動けてません。新しい異質なものを見れば新鮮さは感じるけど、欲しいとまでは思えない。例えば「ジューク」とか(笑)。

中:僕がいすゞの欧州スタジオでやったショーカー「4200R」や「ビークロス」は、ヨーロッパの価値観がベースになってます。しかも、ビークロスは完全にプロダクトアウトだった。

清:ヨーロピアンでプロダクトアウト。だからこそカーマニアは、ビークロスを支持したんでしょうね。

前回に引き続き、中村史郎氏インタビューをお送りする。
前回に引き続き、中村史郎氏インタビューをお送りする。拡大
いすゞのコンセプトカー「4200R」。
いすゞのコンセプトカー「4200R」。拡大
中村氏がいすゞ時代にチーフデザイナーとしてデザインを手がけたクロスオーバーSUV「ビークロス」のコンセプトモデル。
中村氏がいすゞ時代にチーフデザイナーとしてデザインを手がけたクロスオーバーSUV「ビークロス」のコンセプトモデル。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)/220dグランクーペ(FF/8AT)【海外試乗記】 2020.2.27 試乗記 2020年春に日本の道を走り始めるBMWのニューモデル「2シリーズ グランクーペ」。コンパクトな4ドアクーペの走りには、どんな特徴があるのか? 駆動方式やパワーユニットの異なる2モデルにポルトガルで試乗した。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)【試乗記】 2020.4.3 試乗記 スタイリッシュなマツダの新型SUV「CX-30」に、新世代ガソリンエンジン搭載モデルが登場。大きな期待を胸にステアリングを握った筆者だったが、その走りには、気になる点がないわけではなかった。
  • ジープ・ラングラー ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.2 試乗記 シリーズ最強のオフロード性能を誇る、2ドアの本格クロスカントリー「ジープ・ラングラー ルビコン」に公道で試乗。2020年2月に限定台数100台が発売され、あっという間に売り切れたという、その人気の秘密を探ってみた。
ホームへ戻る